忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4
アメリカ西海岸の小さな町で 付き合い丸22年の2人
米国人彼氏Dさんと雑種犬Cocoと共にひっそりと 慎ましく暮す男の
地味でありふれた たれ流し的日常生活日記




コメント歓迎です~☆   ゲイの方 大歓ゲイ☆   リンクはご自由にどうぞ~♪


↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
b1ff9625.gif     
クリックお願いいたします

メールも気軽に下さい~JapanSFO@gmail.com~♪
食欲の秋という日記を書いたら そうだ~!読書の秋もあるんだと思いだし
冬に突入してしまう間に10月までに読んだ本の記憶の記録
今年はちゃんと読んだ本の記録が続いている 自分でも驚くし ちょっと嬉しい




テレビ見ないし ゲームもしない 電話をかける友人もいない 
家に仕事を持ち込まないと言えば聞こえがいいが持ってきてやるような仕事もない
そういう人生を送ると自己逃避のために読む本が多くなるのかもしれない・・・(涙)







満点が星5個








【内容情報】(「BOOK」データベースより) 幼稚園の送り迎えでの些細なトラブル、ねちっこく繰り返される姑のいやみ、ウェイトレスの尊大な態度…。日日の怒りを呑み込んで、波風を立てずに生きてき た主婦・友希江。しかし勤務中に脳梗塞で倒れた夫を退職に追い込もうとする会社のやり口に、ついにキレた!主婦一人、地元の大企業相手に、手段を選ばぬ報 復を開始!誰にでもある日常の不満から、嫌がらせの応酬や不法侵入などなど、しつこくえげつない闘争へと突入していく様は、あまりにリアル。人間誰しもが 孕む狂気を、緻密に描き出す「巻き込まれ型小説」の傑作、ついに文庫化。
【送料無料】かび [ 山本甲士 ]

【送料無料】かび [ 山本甲士 ]
価格:690円(税込、送料込)

【著者情報】(「BOOK」データベースより) 山本甲士(ヤマモトコウシ) 1963年生まれ。96年『ノーペイン、ノーゲイン』で第16回横溝正史賞優秀作を受賞しデビュー。本格サスペンスをはじめ、幅広い作品を手がけ『どろ』『かび』(小学館文庫)『とげ』(小学館)の三部作で「巻き込まれ型小説」の境地を開く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

最初はふ~んという感じで読んでいたけど気がついたら引き込まれていた!
最後のどんでん返しも痛快だったな~









【著者情報】(「BOOK」データベースより) 小川洋子(オガワヨウコ) 1962年、岡山県生れ。早稲田大学文学部文芸科卒業。88年「揚羽蝶が壊れる時」で第7回海燕新人文学賞、91年、「妊娠カレンダー」で第104回芥川 賞を受賞。2004年『博士の愛した数式』が第55回読売文学賞、第1回本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【内容情報】(「BOOK」データベースより) 三週間ほど前から、わたしは奇妙な日記をつけ始めたー。春の訪れとともにはじまり、秋の淡い陽射しのなかで終わった、わたしたちのシュガータイム。青春最後の日々を流れる透明な時間を描く、芥川賞作家の初めての長篇小説。

小川洋子って感じの不思議なありえないでもあり得るかもしれない話
何も考えずにボーっとしたいときに読むのはいいかも







【内容情報】(「BOOK」データベースより) 夫から逃れ、山あいの別荘に隠れ住む「わたし」が出会った二人。チェンバロ作りの男とその女弟子。深い森に『やさしい訴え』のひそやかな音色が流れる。挫 折したピアニスト、酷いかたちで恋人を奪われた女、不実な夫に苦しむ人妻、三者の不思議な関係が織りなす、かぎりなくやさしく、ときに残酷な愛の物語。

少し考えさせる シンプルだけど鋭い物語
残酷だけどこういうのってあるんですよね
小川さんってほんのりしている感じだけど結構残酷な物語を書くな~







【内容情報】(「BOOK」データベースより) ふと目覚めると、私は記憶を失っていた。同じベッドには、ゴムの仮面を破った全裸の男が眠っている…。ここはどこ?この男は誰?扉を開けると、意外にも外 は雪。そして初老のサンタクロースが、私に手招きをしている!記憶喪失の女と謎の男の奇妙な同居生活、その果ての衝撃!傑作ミステリー長篇。
【送料無料】六月六日生まれの天使 [ 愛川晶 ]

【送料無料】六月六日生まれの天使 [ 愛川晶 ]
価格:740円(税込、送料込)

 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 愛川晶(アイカワアキラ) 1957年、福島県生まれ。筑波大学卒業。94年『化身』で第5回鮎川哲也賞を受賞し、作家としてデビューする

物語の狙いは悪くないのだろうけど人物の描き方に限界有
その為何度も読み直さないとついていけない部分が多く
なんか消化不良になってしまう感じだった









【内容情報】(「BOOK」データベースより) 杏平はある同級生の「悪意」をきっかけに二度、その男を殺しかけ、高校を中退して以来、他人とうまく関われなくなっていた。遺品整理会社の見習いとなった 彼の心は、凄惨な現場でも誠実に汗を流す会社の先輩達や同い年の明るいゆきちゃんと過ごすことで、ほぐれてゆく。けれど、ある日ゆきちゃんの壮絶な過去を 知り…。「命」の意味を問う感動長篇。
【送料無料】アントキノイノチ [ さだまさし ]

【送料無料】アントキノイノチ [ さだまさし ]
価格:630円(税込、送料込)

【著者情報】(「BOOK」データベースより) さだまさし(サダマサシ) 1952年長崎市生まれ。國學院大学中退後、72年に「グレープ」を結成、「精霊流し」「無縁坂」などが大ヒットする。グレープを解散後、シングル「線香花火」でソロデビュー。2002年、初小説『精霊流し』がベストセラーになる。『精霊流し』をはじめ、小説『解夏』『眉山』はいずれも映画化、ドラマ化され、話題に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

さだまさしさんの物語は読みやすく 心情の描き方もうまいし
物語構成がシンプルなのにとっても引き込まれる








【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大病院の息子・藤木甲斐と、アル中の父を持ちアルバイトで弟たちを養う相沢武司。二人は、出会ったその日に友情で強く結ばれた。しかし武司の出生の秘密 や、甲斐の癒しがたい孤独感に二人の友情は翻弄されてしまう。家族愛・恋愛・友愛、様々な愛にいろどられたノベライズ。
【中古】 若葉のころ / 小松江里子

【中古】 若葉のころ / 小松江里子
価格:300円(税込、送料別)

  ★なし
時間の無駄 あまりにも稚拙でくだらない物語
文章力なし 読む価値なし








 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 荻原浩(オギワラヒロシ) 1956年埼玉県生まれ。’97年「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞。2005年には『明日の記憶』で山本周五郎賞を受賞した(本データ はこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【送料無料】神様からひと言 [ 荻原浩 ]

【送料無料】神様からひと言 [ 荻原浩 ]
価格:720円(税込、送料込)

【内 容情報】(「BOOK」データベースより) 大手広告代理店を辞め、「珠川食品」に再就職した佐倉凉平。入社早々、販売会議でトラブルを起こし、リストラ要員収容所と恐れられる「お客様相談室」へ異 動となった。クレーム処理に奔走する凉平。実は、プライベートでも半年前に女に逃げられていた。ハードな日々を生きる彼の奮闘を、神様は見てくれているや いなや…。サラリーマンに元気をくれる傑作長編小説。
1/2
単純な物語だけど元気になる 
読んで楽しかった







【内容情報】(「BOOK」データベースより) 牧村伸郎、43歳。元銀行員にして現在、タクシー運転手。あるきっかけで銀行を辞めてしまった伸郎は、仕方なくタクシー運転手になるが、営業成績は上がら ず、希望する転職もままならない。そんな折り、偶然、青春を過ごした街を通りかかる。もう一度、人生をやり直すことができたら。伸郎は自分が送るはずだっ た、もう一つの人生に思いを巡らせ始めるのだが…。
【送料無料】あの日にドライブ [ 荻原浩 ]

【送料無料】あの日にドライブ [ 荻原浩 ]
価格:650円(税込、送料込)

1/2
とっても読みやすいし 物語が単純で痛快! 
読んですっきりおもしろかった~










【内容情報】(「BOOK」データベースより) 良いニュースと悪いニュースがある。多崎つくるにとって駅をつくることは、心を世界につなぎとめておくための営みだった。あるポイントまでは…。
1/2
あぁ~ 村上さんって感じの物語
面白いと言えば面白いけど
期待度が高かったせいか 何となくいまいちのような気もしないでもない










【内容情報】(「BOOK」データベースより) 神戸・北野町にあるフランス料理店アヴィニョンに若い画家の高見雅道が訪ねてきた。夫の早すぎる死後店を守ってきた典子は、夫の療養中に買った雅道の風景 画を個展のために貸すことにしたが、その絵の裏には夫の驚くべき手紙が隠されていた。経営者を続けるか悩んでいた典子の心は、雅道へと傾いていく。
 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 宮本輝(ミヤモトテル) 1947年兵庫県神戸市生まれ。追手門学院大学文学部卒。’77年『泥の河』で太宰治賞、’78年『螢川』で芥川賞、’87年『優駿』で吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。’95年の阪神淡路大震災で自宅が倒壊。2004年『約束の冬』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

正直言って今まで宮本輝の小説ってあまり読んだことがなかったのですが
こういう文章を書くんですね~結構好きでした
意外とスピード感の感じる物語でハラハラ楽しめました







英語の本は仕事の資料で十分・・・
僕には休みの日まで娯楽で英語を読むような
忍耐力も知力も才能も全くないようです~(涙)




おしまい★  
 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリックしてからお帰りくださいませ~
PR
8月に入ったばかりと思ったら8月もあっという間に半ば
日本では酷暑が続いているようですが
こちらは大変穏やかで 15~17度くらいの過ごしやすい気温です







週末は家でのんびりと過ごし お風呂&寝る前だけしか本は読んでいないのですが
気が付いたら読んだ本もまたたまってきました
テレビも映画も見ないし ネットでちょっと遊ぶくらいなので

犬はいるけど 子供もいないので本を読む時間は他の人より多いのかもしれない
基本的に僕が読む本って簡単にさらっと読めるものが多いし
職場も家でも日本語のない生活なので本が唯一の現実逃避の場所








そんな訳でとりあえず読んだ本
溜まってしまう前にさっさと記録に残しておきます
今年は8月になってもちゃんと記録が取れている! これは僕にとって快挙です(笑)




満点が星5個




【内容情報】(「BOOK」データベースより)
若き会社社長の麻生陶子は、誰もが憧れる存在。だが、その美貌とは裏腹に、「完璧な人生」を手に入れるためには、恋も仕事も計算し尽くす女だ。そんな陶子 には、彼女を崇拝し奴隷の如く仕える妹の久恵がいた。しかし、ある日から、二人の関係が狂い始め、驚愕の真実が明らかになっていく…。『女神』の著者が 「女の心理と狂気」で描く現代サスペンスの傑作。

【送料無料】汝の名 [ 明野照葉 ]

【送料無料】汝の名 [ 明野照葉 ]
価格:760円(税込、送料込)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
明野照葉(アケノテルハ)
東京都生まれ。1998年、 「雨女」で第三十七回オール讀物推理小説新人賞を受賞。2000年、『輪廻RINKAI』で 第七回松本清張賞を受賞、一躍、注目を集める。ホラーやサスペンスタッチな作品を得意とし、「女の心理と狂気」を描いた独自の作風はファンを魅了してやま ない(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

物語は面白く引き込まれたけど 最後の締めくくりがあまりにもあっけなく少し期待外れ









【内容情報】(「BOOK」データベースより)
36歳の医師・日高は子供の病死と妻の自殺で絶望し、ホームレスになった。流れ着いた郊外の街で、社会的弱者を狙った連続殺人事件が起き、日高はある刑事 の依頼で「探偵」となる。やがて彼は、かつて自分が命を救った15歳の少年が犯人ではないかと疑い始めるが…。絶望を抱えて生きる二人の魂が救われること はあるのか?感動の長篇ミステリ。

【送料無料】償い [ 矢口敦子 ]

【送料無料】償い [ 矢口敦子 ]
価格:680円(税込、送料込)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
矢口敦子(ヤグチアツコ)
1953年北海道生まれ。病気のため、小学校五年で通学をやめ、通信教育で大学を卒業する。97年「人形になる」で女流新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

スピード感もあり フェイントもあり いつの間にか引き込まれた








【内容情報】(「BOOK」データベースより)
新宿でオカマの「閻魔」ちゃんと同棲して、時々はガールフレンドとも会いながら、気楽なモラトリアムの日々を過ごす「ぼく」のビデオ日記に残された映像と は…。第84回文学界新人賞を受賞した表題作の他に、長崎の高校水泳部員たちを爽やかに描いた「Water」、「破片」も収録。爽快感200%、とっても キュートな青春小説。

【目次】(「BOOK」データベースより)
最後の息子/破片/Water

【送料無料】最後の息子 [ 吉田修一 ]

【送料無料】最後の息子 [ 吉田修一 ]
価格:530円(税込、送料込)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
吉田修一(ヨシダシュウイチ)
1968年生まれ。高校 まで長崎で過ごし上京。法政大学経営学部卒業。97年「最後の息子」で第84回文学界新人賞 を受賞。同作が第117回芥川賞候補作となる。その後も「破片」「グリンピース」「Water」「突風」等の作品を次々と発表。2002年『パレード』で 第15回山本周五郎賞、「パーク・ライフ」で第127回芥川賞を受賞。他の著書には『熱帯魚』がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されてい たものです)

面白い視点での物語の展開が良かった











【内容情報】(「BOOK」データベースより)
恋人が自分以外の誰かのものになるのが嫌なので、死んでくれたらいいと思ったことがあるー。二十六歳の五百沢今日子は、一日中恋愛のことばかり考えている 恋愛小説家。小説よりも切実で残酷な現実に、悩み、うろたえ、涙している…。最も若い世代の小説家として注目を浴びる著者が、今、この時代に誰かを愛する ことの意味を問う長編小説。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
狗飼恭子(イヌカイキョウコ)
1974年埼玉県生ま れ。92年に第一回TOKYO FM 「LOVE STATION」ショート・ストーリー・グ ランプリにて佳作受賞。高校在学中より雑誌等に作品を発表。95年に小説第一作『冷蔵庫を壊す』を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されて いたものです)
1/2
浅い 普通に読める








【内容情報】(「BOOK」データベースより)
吉行淳之介、瀬戸内晴美、田辺聖子、山口瞳、D・H・ロレンス、F・サガン…など、現代日本と欧米の魅力作14編を収録。

【目次】(「BOOK」データベースより)
手品師(吉行淳之介)/けものの匂い(瀬戸内晴美)/恋の棺(田辺 聖子)/一枚の絵(八木義徳)/贈り物(丸谷才一)/庭の砂場(山口瞳)/ハワイアン・ ラプソディ(村上龍)/黒い絹(山田詠美)/菊の香り(D.H.ロレンス)/不貞(A.カミュ)/ジゴロ(F.サガン)/マドモアゼル・クロード(H.ミ ラー)/欲望と黒人マッサージ師(T.ウィリアムズ)/サニーのブルース(J.ボールドウィン)/五粒の涙(山田詠美)

せつない話とは感じなかった 私にはこのせつなさがわかるのよ!という
何とも言えず浅はかな意図が感じられる選択が多かった さすが山田詠美・・・












過ちを犯さない人間はいない。だからこそ愛することはゆるすこと。永遠の愛のテーマ。

牧師の家に育った奈緒美は高校卒業後、友人・京子の 兄、良一から求婚される。やんちゃな面を持つ良一に奈緒美は惹かれていくが、良一の人間性に不安を感じ取った両親は反対する。一方、奈緒美の高校時代の担 任で、良一の女性遍歴を知る竹山もまた、奈緒美への密かな思いを抱くだけに祝福することができなかった。周囲の声に反発する奈緒美は函館に帰る良一を送り に行き、そのまま結婚生活を始めてしまう。だが、そのわずか数か月後には、良一の冷酷な面を知ることになるのだった。
【送料無料】ひつじが丘 [ 三浦綾子 ]

【送料無料】ひつじが丘 [ 三浦綾子 ]
価格:660円(税込、送料込)

1/2
昔のテレビドラマを見ているような感じ
それなりに楽しめる











【内容情報】(「BOOK」データベースより)
燃えあがるような恋ではないけれど、一緒にいるとなんだかとても心地よい-それが菜月と峻の関係だった。一生ずっと続けられそうな、ふたりの大切な恋。だ から、峻が実家の喫茶店を継ぐために故郷の仙台へ帰ることになったときも、菜月は平気だと思っていた。電話だってメールだってあるのだから。それなのに冬 が近づき、女性に抱擁を売るリュウセイという青年と出会ったころから、菜月は峻のぬくもりを切望するようになる。だけど、それを彼には素直にぶつけられな くて…。せつなくいとおしい、極上ラブ・ストーリー。

【送料無料】さみしいうさぎ [ 飯田雪子 ]

【送料無料】さみしいうさぎ [ 飯田雪子 ]
価格:672円(税込、送料込)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
飯田雪子(イイダユキコ)
1969年静岡県生まれ。静 岡大学教育学部美術科卒。1994年、講談社主催の第1回ティーンズハート大賞を『忘れない で-FORGET ME NOT-』で受賞、作家デビューを果たす。2006年に出版された『夏空に、きみと見た夢』(ヴィレッジブックス)が、2007 年に書店員のあいだで話題となり、10万部のベストセラーに。イラストレーターとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの です)
1/2
女子高生が好きそうな物語 おっさんにはいいや~










【内容情報】(「BOOK」データベースより)
観音さまが見下ろす街で、コーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」を営む気丈なおばあさん、杉浦草。人々を温かく見守り続ける彼女は、無料のコーヒーを目当てに 訪れる常連たちとの会話がきっかけで、街で起きた小さな事件の存在に気づく。オール讀物推理小説新人賞受賞のデビュー作を含む「日常の謎」を解く連作短編 集。

【目次】(「BOOK」データベースより)
紅雲町のお草/クワバラ、クワバラ/0と1の間/悪い男/萩を揺らす雨

【送料無料】萩を揺らす雨 [ 吉永南央 ]

【送料無料】萩を揺らす雨 [ 吉永南央 ]
価格:580円(税込、送料込)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
吉永南央(ヨシナガナオ)
1964年埼玉県生まれ。群馬県立女子大学卒業。2004年、「紅雲町のお草」で、第43回オール讀物推理小説新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

中高年が好きそうな心温まる話かな












【内容情報】(「BOOK」データベースより)
夫婦って、家族ってなんだろう?愛でも嫉妬でもない、なにかもっと厄介なものをど真ん中に抱えて、私たちはどこへ向かうのだろう?3LDK三十五年ロー ン、郊外のマンションに暮らす三十代夫婦の生活を揺らす、さざ波のような出来事を通して、現代の家族のあてどない姿をリアルに描いた傑作長篇小説。

【送料無料】庭の桜、隣の犬 [ 角田光代 ]

【送料無料】庭の桜、隣の犬 [ 角田光代 ]
価格:600円(税込、送料込)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
角田光代(カクタミツヨ)
1967年神奈川県生まれ。 早稲田大学第一文学部卒業。’90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデ ビュー。’96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、’98年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、『キッドナップ・ツアー』で’99年産 経児童出版文化賞フジテレビ賞、2000年路傍の石文学賞、’03年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、’05年『対岸の彼女』で直木賞、’06年「ロック 母」で川端康成文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
1/2
さすが角田さん!って感じだけど僕にはいつもより薄い印象











【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「わたしは腕に犬を飼っているー」ちょっとした気まぐれから、謎の中国人彫師に彫ってもらった犬の刺青。「ポッキー」と名づけたその刺青がある日突然、動 き出し…。肌に棲む犬と少女の不思議な共同生活を描く表題作ほか、その目を見た者を、石に変えてしまうという魔物の伝承を巡る怪異譚「石ノ目」など、天 才・乙一のファンタジー・ホラー四編を収録する傑作短編集。【目次】(「BOOK」データベースより)
石ノ目/はじめ/BLUE/平面いぬ。

【送料無料】平面いぬ。 [ 乙一 ]

【送料無料】平面いぬ。 [ 乙一 ]
価格:620円(税込、送料込)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
乙一(オツイチ)
’78年福岡生まれ。17歳の時、「夏と花火と私の死体」で第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞し、デビュー。ファンタジー・ホラー小説界の若き俊英として活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
★1/2
面白かった~ この人の他の作品をぜひ読んでみたい!











【内容情報】(「BOOK」データベースより)
かつて銀座に川端康成、白洲次郎、小津安二郎らが集まる伝説のバーがあった。その名は「おそめ」。マダムは元祇園芸妓。小説のモデルとなり、並はずれた美 貌と天真爛漫な人柄で、またたく間に頂点へと駆け上るがー。私生活ではひとりの男を愛し続けた一途な女。ライバルとの葛藤など、さまざまな困難に巻き込ま れながらも美しく生きた半生を描く。隠れた昭和史としても読める一冊。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 出会い/第1章 高瀬川のほとり/第2章 祇園芸妓おそめの誕生/第3章 木屋町「おそめ」の灯/第4章 「おそめ」の銀座進出/第5章 凋落の始まり/第6章 俊藤浩滋の妻として/終章 流れの人よ

【送料無料】おそめ [ 石井妙子 ]

【送料無料】おそめ [ 石井妙子 ]
価格:700円(税込、送料込)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)石井妙子(イシイタエコ)
1969(昭和44)年、神奈川県茅ヶ崎市生れ。白百合女子大学卒。同大学院修士課程修了。’97(平成9)年より、毎 日新聞囲碁欄を担当。囲碁の記事を書く傍ら、約5年の歳月を費やして『おそめ』を執筆。綿密な取材に基づき、一世を風靡した銀座マダムの生涯を浮き彫りに した同書は高い評価を受け、新潮ドキュメント賞、講談社ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞の最終候補作となった(本データはこの書籍が刊行 された当時に掲載されていたものです)

通常あまりノンフィクションは読まないのですが 素直に面白かった!
ドキュメンタリータッチの話展開がよかった








これくらい英語の本が読めたら素晴らしいな~
でも英語の原本で読んでますって本を載せるのってなんか これ見よがしで…
”私はデキル女!なの”オーラが鼻につくでしょうから

たぶん読んでも僕は載せないだろうな~
ひっそりと写真に滑り込ませるくらいだろうか?(笑)





おしまい

 
 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ Please Click ~
あっという間に時間が過ぎてしまい
読んだ本がたまりにたまってしまった・・・

今年はちゃんと記録に残そう!と決めたのになかなかアップデートできない
量も多いし 時間もないので 感想は取りやめて
とりあえず読んだ本だけ記録しておきます~




満点が星5個



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
凄惨な連続殺人が発生した。独り暮らしの女性達が監禁され、全身を刺されているがレイプの痕はない。被害者の一人が通っていたコンビニでの強盗事件を担当 した女性刑事は、現場に居合わせた不審な男を追うが、突然彼女の友人が行方不明に…。孤独を抱える男と女の、せつない愛と暴力が渦巻く戦慄のサイコホ ラー。日本推理サスペンス大賞優秀作を新たな構想のもとに、全面改稿。
【送料無料】孤独の歌声 [ 天童荒太 ]

【送料無料】孤独の歌声 [ 天童荒太 ]
価格:620円(税込、送料込)

1/2







【内容情報】(「BOOK」データベースより)
妻ある「恋人」カシキとつきあっていた小説家の私は、恋も仕事もうまくいかない日々から抜け出すため、テレビ局で知り合った八歳年下の学生アルバイト、 ズームーと暮らし始める。服装やヘアスタイルに細やかに気を配る繊細な心の持ち主であるズームーは、カシキでは得られない大きな安らぎと平穏を私にもたら す。しかしひとたびカシキから電話で呼び出されると、真夜中でもタクシーを飛ばしてすぐに会いに行ってしまう私。新直木賞作家が、辛い恋と安らかな恋の間 で、激しく揺れ動く「厄介な私」を描いた甘美で愚かで危険な恋愛小説。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
井上荒野(イノウエアレノ)
1961年、東京都生まれ。89年、「私のヌレエフ」で第一回フェミナ賞を受賞して作家デビュー。2004年、「潤一」で島清恋愛文学賞を受賞。08年、「切羽へ」で第一九三回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【送料無料】ズームーデイズ [ 井上荒野 ]

【送料無料】ズームーデイズ [ 井上荒野 ]
価格:480円(税込、送料込)









【内容情報】(「BOOK」データベースより)
葉子を癌で失ってからというもの、僕はいつもデパートの屋上で空を見上げていたー。万引きを犯し、衆人の前で手酷く痛めつけられた中学の時の心の傷、高校 の先輩女性との官能的な体験、不倫による心中で夫を亡くした女性との不思議な縁、ファンの心を癒すSMの女王…。主人公・山崎が巡りあった心優しき人々 と、南仏ニースでの葉子との最後の日々。青春文学の名作『パイロットフィッシュ』につづく、慟哭の恋愛小説。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大崎善生(オオサキヨシオ)
1957年、札幌市生まれ。2000年、デビュー・ノンフィクション『聖の青春』で新潮学芸賞を、翌年には第二作『将 棋の子』で講談社ノンフィクション賞を受賞。また、02年には初の小説作品『パイロットフィッシュ』で吉川英治文学新人賞を受賞する。ジャンルを超えて紡 ぎ出される情感あふれる物語世界が多くの読者の支持を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【送料無料】アジアンタムブルー [ 大崎善生 ]

【送料無料】アジアンタムブルー [ 大崎善生 ]
価格:580円(税込、送料込)

1/2







【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「好きになるということは、好きになると決めること」母性より女性を匂わせる母と、売れない春画を描く義父に育てられた姉妹ユリエとマリエ。温かく濃密な 毎日の果てに、二人はそれぞれの愛を見つける。高校教師になった妹マリエは教え子のミドリ子の兄と恋に落ちるが、ミドリ子の愛人は母の恋人だった…。芥川 賞作家が描く、傑作恋愛小説。
【送料無料】いとしい [ 川上弘美 ]

【送料無料】いとしい [ 川上弘美 ]
価格:560円(税込、送料込)









【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「ある人文科学的実験の被験者」になるだけで時給十一万二千円がもらえるという破格の仕事に応募した十二人の男女。とある施設に閉じ込められた彼らは、実 験の内容を知り驚愕する。それはより多くの報酬を巡って参加者同士が殺し合う犯人当てゲームだったー。いま注目の俊英が放つ新感覚ミステリー登場。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
米澤穂信(ヨネザワホノブ)
1978年、岐阜県生まれ。2001年、『氷菓』で第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー(&;アンド)&ホラー部門奨励賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【送料無料】インシテミル [ 米澤穂信 ]

【送料無料】インシテミル [ 米澤穂信 ]
価格:720円(税込、送料込)









【内容情報】(「BOOK」データベースより)
人生は行動であり、行動が思考を引き出すー。人生の達人が贈る、幸福になるための343の知恵。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 人生は行動である/第2章 幸福をはりめぐらせて生きる/第3章 人と人を結ぶものは善意である/第4章 愛は誰のためのものか/第5章 失敗しない結婚のために/第6章 健康は心がつくる/第7章 暮らし上手は生き上手/第8章 人生は死ぬまで現役









【内容情報】(「BOOK」データベースより)
私たちはたくさんの愛を贈られて生きている。この世に生まれて初めてもらう「名前」。放課後の「初キス」。女友達からの「ウェディングヴェール」。子供が 描いた「家族の絵」-。人生で巡りあうかけがえのないプレゼントシーンを、小説と絵で鮮やかに切りとった12編。贈られた記憶がせつなくよみがえり、大切 な人とのつながりが胸に染みわたる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
名前/ランドセル/初キス/鍋セット/うに煎餅/合い鍵/ヴェール/記憶/絵/料理/ぬいぐるみ/涙

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
角田光代(カクタミツヨ)
1967年神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞、96年『まどろむ夜の UFO』で野間文芸新人賞、98年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、『キッドナップ・ツアー』で99年産経児童出版文化賞フジテレビ賞、 2000年路傍の石文学賞、03年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07年『八日目の 蝉』で中央公論文芸賞を受賞

松尾たいこ(マツオタイコ)
広島県生まれ。第16回ザ・チョイス年度賞鈴木成一賞受賞。その他、雑誌・広告・CDジャケット・ファッションブランドにも数多くの作品を提供(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【送料無料】Presents [ 角田光代 ]

【送料無料】Presents [ 角田光代 ]
価格:600円(税込、送料込)








【内容情報】(「BOOK」データベースより)

死刑執行を控えた男に、最後通牒が宣告された。「期限内に、過去の自分と対面し、犯行を思いとどまるよう説得せよ。成功すれば釈放、失敗なら、死-」絶望 と孤独に苛立っていた16歳の自分。家族全員を殺戮した男は、時空を超え、その全てを知る自分に今、対峙する!天外なる奇想、予測不能の結末。戦慄と感動 に魂が震える傑作巨編誕生。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
黒武洋(クロタケヨウ)
1964年埼玉県生れ。一橋大学商学部卒。銀行勤務を経て、現在フリーの脚本家・作家。2000年、第1回ホラーサスペンス大賞を『そして粛清の扉を』で受賞、ベストセラーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

1/2






【内容情報】(「BOOK」データベースより)
母を殺したのは、志村さん、あなたですね。少年から届いた短いメールが男の封印された記憶をよみがえらせた。苦い青春の日々と灰色の現在が交錯するとき放 たれた一瞬の光芒をとらえた表題作をはじめ、取りかえようのない過去を抱えて生きるほかない人生の真実をあざやかに浮かびあがらせた、珠玉の六篇。

【目次】(「BOOK」データベースより)
台風/雪が降る/銀の塩/トマト/紅の樹/ダリアの夏

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
藤原伊織(フジワライオリ)
1948年大阪府生まれ。1973年東京大学文学部仏文科卒業、(株)電通入社、現在に至る。1977年「踊りつかれ て」で第4回野性時代新人文学賞佳作、1985年「ダックスフントのワープ」で第9回すばる文学賞受賞。1995年『テロリストのパラソル』で第41回江 戸川乱歩賞を全選考委員の絶賛をあび受賞。同作品は翌年、第114回直木賞にも輝く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【送料無料】雪が降る [ 藤原伊織 ]

【送料無料】雪が降る [ 藤原伊織 ]
価格:620円(税込、送料込)









【内容情報】(「BOOK」データベースより)
昔、昔…。春のある午後、少年は森の中で、日にさらされて色褪せた雑誌が落ちているのを見つけた。何げなくページを開いた瞬間、若い女性の全裸写真が視界 に飛び込んで来て、思わず息を飲んだ。少年はまだ7歳か8歳だったけれど、そんな少年でさえ、それが普通のものではないことくらい理解できた。幼い少年に とって、それは目が眩むほどの衝撃だった。そして思った。いつか僕もこんなふうに女の人を、とー。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大石圭(オオイシケイ)
1961年、東京生まれ。法政大学文学部卒。93年、『履き忘れたもう片方の靴』で第三十回文藝賞佳作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【送料無料】飼育する男 [ 大石圭 ]

【送料無料】飼育する男 [ 大石圭 ]
価格:620円(税込、送料込)










【内容情報】(「BOOK」データベースより)
偶然再会した少年の頃のヒーローは、その後、負けつづけの人生を歩んでいた。もう一度、口笛の吹き方を教えてくれたあの頃のように胸を張って笑って欲し いー。家庭に職場に重荷を抱え、もう若くない日々を必死に生きる人々を描く五篇を収録。さり気ない日常の中に人生の苦さをにじませる著者会心の作品集。

【目次】(「BOOK」データベースより)
口笛吹いて/タンタン/かたつむり疾走/春になれば/グッド・ラック

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
重松清(シゲマツキヨシ)
1963年岡山県生まれ。早稲田大学教育学部卒。出版社勤務を経て、91年『ビフォア・ラン』でデビュー。97年発表の 『ナイフ』は現代の家族が抱える問題を鮮やかに描き出し、坪田譲治文学賞を受賞する。その後も現代社会をテーマに次々と意欲作を発表、99年『エイジ』で 山本周五郎賞、2001年『ビタミンF』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【送料無料】口笛吹いて [ 重松清 ]

【送料無料】口笛吹いて [ 重松清 ]
価格:610円(税込、送料込)

1/2







【内容情報】(「BOOK」データベースより)
睡眠薬、向精神薬、経口避妊薬、抗ウイルス薬…。誰もが日常的に手にしている薬を巡って、ごく普通の人間関係が奇妙に絡まり合い、崩壊していく恐怖を描 く、著者新境地の連作集。年下の美人妻が欲しがるものは、裕福な医療コンサルタントの夫を苦悩させるものだった(『藤本洋文』)。DV夫の虐待から逃れる ために主婦が取った策は見も知らぬフリーター男の手を借りることだった(『小野恭子』)。結婚願望の強い女性カウンセラーが、思いを寄せる同僚医師にひた 隠しにしていることとは(『林崎洋子』)。『感染』の仙川環が贈る大人気医療ミステリーシリーズ第六弾。

【目次】(「BOOK」データベースより)
藤本洋文/小野恭子/木島博人/林崎洋子/松原延彦/沢村亜美/小野厚之/三田秋枝

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
仙川環(センカワタマキ)
1968年、東京都生まれ。大阪大学大学院医学系研究科修士課程修了。大手新聞社在籍中の2002年に書いた小説『感染』が第一回小学館文庫小説賞を受賞し、作家デビュー。その後執筆活動に専念する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【送料無料】誤飲 [ 仙川環 ]

【送料無料】誤飲 [ 仙川環 ]
価格:600円(税込、送料込)

1/2







【内容情報】(「BOOK」データベースより)
十七歳の少年に妻を凌辱され殺された男、真鍋。警察官である夫の家庭内暴力に苦しみ、家を飛び出した女、祐子。やがて二人は同じ職場で働くことになる。あ る日、少年の出所を知った真鍋は復讐を決意。一方、祐子にも夫の執拗な追跡の手が迫っていた。少年犯罪と復讐権、さらに家族のあり方を問う長編。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
佐々木譲(ササキジョウ)
1950(昭和25)年、北海道生まれ。広告代理店、自動車メーカー勤務を経て、79年に『鉄騎兵、跳んだ』でオール讀 物新人賞受賞。89年、『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞、山本周五郎賞、日本冒険小説協会大賞を受賞。2002年、『武揚伝』で新田次郎賞を受 賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【送料無料】ユニット [ 佐々木譲 ]

【送料無料】ユニット [ 佐々木譲 ]
価格:750円(税込、送料込)

1/2





ご近所さんで気になる本がありましたらご一報くださいませ♪
喜んでお貸しいたしますよ~







おしまい

 
 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
 6e2f221d.JPG 3804c662.JPG
 ↑ Please Click ~

↓何人ここにいるのかな?
人です。。。
名前:JapanSFO 男性 双子座

こんにちは
男性の好きな男性同士
カップルのたれ流し的生活日記


自己紹介 続き・・・

03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 4 6
7 9 11 13
14 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
Instagram
emojiインスタグラムを初めてみました~!
@japansfoで検索してもらえると見つけられると思います。

ブログにのせた写真を載せるだけのものですが、チェックしてみてくださいね
こちら★⇐をクリックすると直接リンクします
最新コメント
コメントありがとうございます
<(_ _*)>
御返事差し上げたコメントには
pen.JPGのアイコンがついています

[04/18 Ryoko]
[04/18 ree]
[04/16 ree]
[04/15 Yuko]
[04/13 ree]
[04/12 Joy]
[04/11 ree]
[04/10 Sasha]
[04/09 ree]
[04/06 なのはな]
ハタラク
Cocoの日記
Cocoです。San Franciscoです。
台湾から来た白い犬の日記



コメント&メール フォーム
このブログにコメントを残さずに
メールを送りたい時お使いください
100%返信いたします♪
~~~~~~~~~~~~~~~
書き終わったら
 (確 認)ボタン  押してください
カテゴリー

ブログランキング
↓クリックするとこのブログが
何位にあるかわかります☆↓


↑ブログ村↑

6e2f221d.JPG
↑人気ブログ↑

3804c662.JPG
↑FC2↑

お帰り前にクリックしてください♪
ブログ内検索
PV
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]