[1]  [2]  [3
アメリカ西海岸の小さな町で 付き合い丸23年の2人
米国人彼氏Dさんと雑種犬Cocoと共にひっそりと 慎ましく暮す男の
地味でありふれた たれ流し的日常生活日記

コメント歓迎です~☆   ゲイの方 大歓ゲイ☆   リンクはご自由にどうぞ~♪

↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓

メールも気軽に下さい~
JapanSFO@gmail.com~♪
この日記は南米旅行記の続きとなっています


最初からご覧になりたい方は
1.[それでは行ってきます~]
2.[首都ワシントンDCへ到着!]
3.[ブエノスアイレスへ到着♪]
4.Buenos Aires とは いい空気~と言う意味らしい・・・
5.[うまいぞ!ブエノスアイレス♪] 
6.ブエノスアイレス最終日
7。チリ サンティエゴもとびこえた~.
8.イースター島 上陸しました!]
9.[イースター島の休日] 
10.モアイと 夕焼けと ゲイコミュニティー の方からどうぞ






イースター島最終日の朝はのんびり起きて
朝の散歩
PC010575.JPG
この赤土の道たちともお別れです







土産物屋を冷やかした後 最後の食事へ行ってきました
僕が頼んだのはマグロ料理イースター島風というもので
PC010573.JPG
フライドポテトの上に焼いたトマトとチーズがマグロとともに乗っかっている物
かなりボリュームがありましたが おいしい物でした






そうそう この島には地ビールがありまして 
Mahinaというビール
PC010574.JPG
モアイ像がついているかわいいデザインで 味もおいしいのですが
チリの一般的なビールに比べると倍くらいの値段がします
たぶんこの島でしか飲めない貴重なビールなんでしょうね~








僕たちのフライトはまたLANこのLAN
機内のサービスはいいのですが地上サービスがいまいちで
PC010577.JPG
いつもとんでもないくらいならばされます(笑)






何とかチェックイン&セキュリティーを終えると
僕たちの乗る飛行機は到着したようで大きな音とともに
原住民踊り?が始まりまして 大歓迎の模様
PC010584.JPG
素敵なお兄さん おねいさんが数人民族衣装を着て踊っていました   
驚いたのはお兄さんの民族衣装・・・
まったく下着なして紐や藁たいので隠してあるだけで僕からしてみると

かなり官能的でした(笑)   









僕たちが到着したときはこういう踊りがなかったのにな~と思ったら
この踊りは 国のVIPが到着したからなのでした
290badf9.JPG
この中央の黄色いレイをかけた男性はチリ国の文化観光大臣さんなのだそうで
若くてイケメンの彼は国の中でも人気者なのだそうです
どこの国でもおばちゃんたちはこういうのに熱狂するようです(笑)










そしてLANにのってイースター島を後にしました
大変思い出深いイースター島への訪問
PC010590.JPG
Dさんと共に この島の物価の高さにはぶったまげたけど
本当に行ってよかったね~と心から旅を楽しめました
それにイースター島がチリに属するとも知りました(笑)














そしてその飛行機を乗り継いで到着したのが先日素通りしたチリの首都サンティアゴ
PC010004.JPG
今回は飛行機のスケジュールの都合で止まらざる終えない状況だったので
それじゃあ 一日観光してみようか?と
サンティアゴ一日観光をするようにスケジュールを組んでみることにしました








到着はすでに午後9時過ぎ すっかりあたりも暗くなりましたが
PC010009.JPG
夕飯はまだ食べていなかったので 寝る前にちょこっとスナックでも食べようか~?と
ダウンタウンの町を歩いて食べれそうなものを探してみました








で・・・見つけたのがこういう大衆食堂のディスプレイ
PC010005.JPG
PC010006.JPG
日本のように蝋でできたサンプル品を置く習慣がない様で
思いっきり本物がどで~んと並んでいましたが
どれも食べたいと思うような物でもありませんでした(笑)






そんな訳で比較的まともそうなイタリアンレストランへ行ってきました
91b90bdb.JPG
まずはビールとカクテルでサンティアゴ最初の夜に乾杯






ここのレストランもやっぱり英語がほとんど通じません
しかしながら写真つきのデニーズみたいなメニューだったため
指差しで何とか食べ物を決めることができました
PC010016.JPGPC010017.JPG








軽く食べるつもりが写真を見たら肉が食べたくなってしまい
僕はステーキを!Dさんはニョッキ
2人とも思ったよりもガッツリ食べてしまいました

こんな感じで初めてのサンティアゴの夜は更けていきました~








コメント欄は通常通り開けておきます~コメントは大歓迎です♪
しかしながら・・・旅行記中につき返事がかけないと思います
それをご了承 納得の上ご利用くださいませ ごめんなさい!





つづく

 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかりますので~↓
a0a06a91.gif  a0a06a91.gif 
お帰り前に~クリックお願いいたします

この日記は南米旅行記の続きとなっています


最初からご覧になりたい方は
1.[それでは行ってきます~]
2.[首都ワシントンDCへ到着!]
3.[ブエノスアイレスへ到着♪]
4.Buenos Aires とは いい空気~と言う意味らしい・・・
5.[うまいぞ!ブエノスアイレス♪] 
6.ブエノスアイレス最終日
7。チリ サンティエゴもとびこえた~.
8.イースター島 上陸しました!]
9.[イースター島の休日] の方からどうぞ




先ほど間違って書きかけのほうの記事を載せてしまいました
申し訳ございません・・・
それはこの記事の次の記事です~



続いていってきたのは モアイの頭飾りの製造工場
モアイの体は灰色の石ですが 頭の飾りは赤土の石出てきていて
こちらから掘り起こしていったと考えられるそうです
PB300506.JPG
あんなモアイでもいろいろと考えて作っていたんですね~(笑)





次の場所への移動中 今度は野菜の馬が道をふさぎます
野生の馬 牛 野良犬 何でもありな島です
PB300512.JPG
それでも車が来るとちゃんとどいてくれるのでそれほど問題にはなりません(笑)







次の行き先の途中 頭がぽっきりと折れてしまったモアイ発見
PB300519.JPG
ここまで作ってこうして折れてしまったら 原住民の方たちもさぞかしがっかりしたことでしょう・・・





Dさんがもう一度見たいと思っていた Ahu Tongariki
ここのモアイは何度見てもいいものです
PB300524.JPG
一つ一つまったく違った顔かたちをしていて
じっくりと一つ一つ見ていても飽きません






この後はビーチへ行って一休み
この日イースター島は30度くらいありましたが
海の水はそれほど温かいわけでもないので泳ぎたいというものではない
PB300525.JPG
でもやっぱりここまできたのだから 水遊びもしてみたい!
一応水着も持ってきたので水着に着替えてみました





それでは僕たちの 顔モザイクなしのミズキ姿ご覧ください!(笑)













 
PB300539.JPG
ははは~
ここで1時間くらい水遊びをして楽しみました
周りには海にどっぷり入って泳いでいる人もたくさんいましたからきっと平気な温度なのでしょう






ここのビーチのモアイは頭飾りがついていて 
これまた違った感じでいいものです 前に行ったり後ろに行ったり
PB300542.JPG
横から眺めたり モアイ像鑑賞は飽きないですよ~(笑)







この後は街に帰ってカクテルタイム
418193ed.JPG
カクテルこだわり派のDさん お好みのカクテルを置いてある店を探して
数件の店を渡り歩いて 結局ホテルの隣の店に落ち着きました
Dさんはマイタイ 僕はピナコラーダ

このカクテルとってもおいしかったのですが かなり強い!
Dさんもほろ酔い気分になるくらいですから 僕にとってはかなりきました・・・
のんびりとしていたところへDさんが

ああ! 夕焼けの時間だ!
間に合わなくなってしまう~走れ~!というものですから
ぐるぐるに回った頭に ゆでだこの様に真っ赤な顔して一生懸命走りました





その甲斐あってなんとか夕焼けに間に合いました~!
それでは イースター島の夕焼けご覧ください~♪
PB300550.JPG

PB300552.JPG

PB300554.JPG
モアイ像を見ながらの夕焼け鑑賞はなかなか乙なものです(笑)

本当は この先にあるもっとモアイ像が並んでいる場所で夕焼け鑑賞したかったのですが
2人とも酔っ払ってしまったので歩いていける距離にしたと言うわけです・・・


夕飯こちらのお店
イースターアイランドでも手ごろ感のあるお店を選んでみました
PB300569.JPG
ウェイター君がお仲間系だと思います(笑)
イースター島は人口4000人くらいでゲイ人口が10人とどこかに書いてあったので
その中の1人に出会えたわけみたいです

こんな離れ小島の保守的な街でゲイとして生きていくって大変だろうな~と
Dさんと2人でしみじみ思ってしまいました



夕飯は本日のスペシャルのセットメニュー
PB300560.JPGPB300561.JPG






飲み物はビールにワイン
そして最初にサラダがきます




そしてスープもついて メインに僕は白身魚
Dさんはチキンを頼みました
PB300563.JPGPB300564.JPG






PB300565.JPGPB300567.JPG










最後にデザートが出ておしまいとなりました
デザートはグワバのコンポートクリーム添えで とってもおいしかったです
ウェイター君がシェフの彼女は料理がうまいんだよ~といっていたので
それは十分納得のいける結果でした

で・・・





もしも間違っていたら 申し訳ないのですが・・・
シェフの彼女って トランスジェンダーの方?90%以上の確立でそうなんだと思うけど 
こういう島でもちゃんと自分に正直に生きている方がいるんだな~と思うと 


このレストラン応援したくなりました♪







コメント欄は通常通り開けておきます~コメントは大歓迎です♪
しかしながら・・・旅行記中につき返事がかけないと思います
それをご了承 納得の上ご利用くださいませ ごめんなさい!







つづく

 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかりますので~↓
a0a06a91.gif  a0a06a91.gif 
お帰り前に~クリックお願いいたします


この日記は南米旅行記の続きとなっています


最初からご覧になりたい方は
1.[それでは行ってきます~]
2.[首都ワシントンDCへ到着!]
3.[ブエノスアイレスへ到着♪]
4.Buenos Aires とは いい空気~と言う意味らしい・・・
5.[うまいぞ!ブエノスアイレス♪] 
6.ブエノスアイレス最終日
7。チリ サンティエゴもとびこえた~.
8.イースター島 上陸しました!]の方からどうぞ


より大きな地図で 11/25/2010 trip を表示



もう6時過ぎ だいぶ陽が傾いてきたころといっても
まだまだこの時点では明るいのです
ここイースター島では日没が午後9時近くですかまだまだ十分時間があります






この日の最後の観光名所はこちらSector Tahai
こちらには目のついたモアイ像があります
モアイ像の白目は珊瑚 黒目は頭の飾りと同じ赤土でできています

PB290435.JPG
大変かわいいモアイ像ですな~
記念撮影をしておきました






魚眼レンズでも撮ってみました
PB290437.JPG
昔 原住民はモアイに目をはめることで霊力が宿ると考えていたそうです






この場所には 家畜小屋や住居跡もあり
PB290439.JPG
一番古いものでは690年ごろのまでさかのぼることができるそうです









いったんホテルに戻って シャワーを浴びてのんびりしたところで
夕日も傾き 夕飯の時間になりました








この日の夕飯はこの島唯一の日本料理店 甲太郎
59b5d5f8.jpeg
ここのご主人は日本人ではないのですが昔日本に10ほど住んで日本料理を学んだ方なのだそうです







中に入ってみると手作りの和風建築になって
357233a0.jpeg
ちゃんと座敷もあって なかなかいい雰囲気になっています






こちらでは寿司はもちろんのこと いろいろなおつまみ系も
ラーメン 丼もの 定食ものもちゃんとそろっていました
9c24e00d.jpegdc0e0985.jpeg










僕たちはここで寿司 串揚げ 揚げ出し豆腐を頼んでみました
まあ 味のほうは激ウマ!とはいきませんが
十分楽しめる味になっていましたよ





僕はそれでもこれだけではちょっと足りなかったのでラーメンを頼んでみることにしました
PB290453.JPG
ご主人さんが自分で作ると言う麺
大変ユニークで 日本でもアメリカでも体験できないであろう
イースター島ラーメンを味合わせていただきました♪

でも・・・これで$24はちょっと高いな~
イースター島の物価はちょっと頭痛がしてきます(笑)







イースター島へ行って日本食が恋しくなったり
PB290455.JPG
イースター島風の寿司&ラーメンにご興味顔ありでしたら是非トライしてみてください






帰り道 Cocoに似ている犬を発見
PB290458.JPG
Dさんのリクエストで写真を撮っておきました♪
とにかくここの島 野良犬がいっぱいです!











次の日 ホテルのそばに寝ていた黒Coco(笑)
PB300460.JPG
彼女を横目にまた観光開始です







前日に行ってもうすでに暗くなっていて海がよく見えなかったので
もう一度Sector Tahaiのほうへいってきました

PB300462.JPG

青い海をバックにしたモアイ像
観光ポスターに出てくるような風景です
PB300469.JPG
本当に真っ青な海で 座ってみているだけで
癒される 気持ちのよくなる海の青 海の広さ






イースター島はそんなに大きな島ではありません
一日でまわってしまうこともまったく問題ないくらい
PB300483.JPG
しかし 舗装された道が少なくって こんな感じの赤土のでこぼこ道ばかりですので
車の弱い人には結構きついかも・・・






そんな道なき道のような道をはしってAhu Akiviのほうへ到着しました
ほとんどのモアイが海を背にしているのに対してこちらのモアイは海のほうを向いている珍しいモアイ
PB300493.JPG
向いている方向はちょうど春分と秋分の陽がおちる場所
つまり 昼間と夜の時間が同じときのサンセットを見ているそうで
天文的な意味合いも持つのではないかと言われているそうです





ここでもDさんを左端に立たせて遠近法での人間モアイ

PB300500.JPG
かわいいですね(笑)







コメント欄は通常通り開けておきます~コメントは大歓迎です♪
しかしながら・・・旅行記中につき返事がかけないと思います
それをご了承 納得の上ご利用くださいませ ごめんなさい!







つづく

 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかりますので~↓
a0a06a91.gif  a0a06a91.gif 
お帰り前に~クリックお願いいたします


この日記は南米旅行記の続きとなっています


最初からご覧になりたい方は
1.[それでは行ってきます~]
2.[首都ワシントンDCへ到着!]
3.[ブエノスアイレスへ到着♪]
4.Buenos Aires とは いい空気~と言う意味らしい・・・
5.[うまいぞ!ブエノスアイレス♪] 
6.ブエノスアイレス最終日
7。チリ サンティエゴもとびこえた~.の方からどうぞ



この空港には一日一便チリのサンティアゴから

 

 

そしてフレンチ領タヒチから1便が来ているそうです

 

 

島総人口3000人のダウンタウンへ

 

今のハワイの100年前を想像してみるとイースター島になるとネットで書いてありましたが

そこまでひどい物ではないものの なんとなく納得できる町並みでした(笑)

 

 

PB290315.JPG

 

 

 

 

イースター島はこの島のみがぼつりと南太平洋上にあり

 

ハワイのように諸島になっていない 海の孤島なのだそうです

 

 

 

 

 

経済的には観光が主な産業

 

原住民しか土地の所有を許されていないため大きな資本が入り込めないようになっているそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到着は午後の9時過ぎでした

 

あっという間にあたりが暗くなってしまいましたので

とりあえず夕飯を食べなくてはということで レストランを探しに

PB280303.JPG

 

 

 

 

 

幸いレストランは数件夜中の12ごろまで開いているみたいで

 

その中で一番雰囲気のよかったこのお店のほうへ入ってみました

 

 

PB280299.JPG

 

 

 

 

ブエノスアイレスより英語が通じます(笑)

 

最初にビールとワインでイースター島最初の夜に乾杯♪

イースター島地ビールってなかなかおいしかったです!

 

 

ここで僕は地元の魚のカレー風味料理

 

僕の方は魚の味が濃厚でまるで鶏肉を食べているよう スパイスとマッチしてとってもおいしかった

 

 

 

 

 

Dさんは地元魚のセヴィーチェを頼んでみました

これも新鮮な魚らしくとってもいい味わいになっていました

 

 

この日は長い飛行機の移動ですっかり疲れてしまった2人

 

夕飯の後は 電燈もほとんどない真っ暗になった街中をゆっくりと散歩して

降るような星を見た後は おとなしく寝ることにしました

 

 

 

 




 

 

 

 

あけて次の日

 

この街の時間はのんびり過ぎていきます

ホテルの朝食もなんと9時からだそうで まだ時間があるのでゆっくりと街の散歩をしてみました

 

PB290313.JPG

 

 

 

 

 

 

 

モアイ像もそこらへんに見えるし 海も深い青でとてもきれいです

 

PB290312.JPG

 

 

週末でもないのに 忙しい雰囲気のまったくないダウンタウン

 

のんびりとした野良犬がたくさんいる町並みの朝の散歩を終えて

 

 

 

 

 

ホテルへ戻ってみるとオーナーさんのお母さんが朝食の用意をしてくれていました

 

 

 

 

PB290318.JPG

 

 

 

 

今回のイースター島ではそんなに時間もなく決めたので

 

ホテルがなかなかなく ここがやっと取れました

全6室で家族経営ののんびりした アットホームなB&Bと言う感じ

 

 

 

 PB290317.JPG

 

 

 

 

決してゴージャスではないけれど きれいになっているし

 

ちゃんとバストイレもあるのでまったく問題ありません

チェックインもない 鍵を渡されておしまいの かなりゆるいホテル(笑)

 

 

朝食の後は 車を借りて 島の一番南の火口湖のある場所へ行ってきました

 

Rano Kau

PB290327.JPG

この島は火山であったころの名残がたくさんあり 島のところどころに山があり

こうした火山湖がたくさんあるそうです

 

 

 

 

 

途中とっても海がきれいで 思わず立ち止まりました

 

きれいな海を見るのって癒される気がします

 

 


 

 

 

 

周りにはこの島以外 数千キロにわたって人が住んでいませんので

 

海がほかの島々に比べてそれほど汚れていないとのこと

ハワイの海よりももっと深い海 

 

 

 

 

 

この島には 街が僕たちの泊まっているところしかなく

 

ほかにはほとんど人が住んでいないため レストランも水を買うようなところもありません

ですからお昼にはこの町に戻ってくるか 前もってサンドイッチを買って持っていくかの選択のみになります

 

 

僕たちは一度ダウンタウンに戻ってこの街で40年食堂を経営している街のおばさん食堂へ行ってみました

 

そうしたら・・・ おばさん・・・

うっかりガスを切らしてしまってね~ ガスタンクが来るまで調理できないのよ~と(笑)

一時間後くらいにはガスがくると思うんだけどね~

 

 

と言うことなので向かいにあったレストランへ入ってみました

 

ちなみにこのイースター島の物価 激高です!

東京 NY SFに引けをとらないくらいの値段

 

 

食事も例外ではなく そんなに豪華な食事をしなくても

 

一人あっという間に4000~5000円かかってしまいまして 何度も驚きました

この日のお昼には まずワインとビールで乾杯

 

 

PB290329.JPG

 

 

 

 

メニューを見て いろいろと探してみたのですが

 

結局 こちらのお勧めのセットメニュー約$20が一番手ごろであることがわかりました

それがこちら

 

 

PB290330.JPG

 

 

 

 

地元で取れた新鮮魚のグリルと ご飯 サラダ

 

見た目はぱっとしませんが 味はよかったのでほっとしました

サービスもいいし アルコールもついての値段ですから まずまずでしょう~

 

 

でも あのブエノスアイレスに比べると天と地の差がある値段ですね~(笑)

 

 

 

 

 

 

 

食後にはまたツアー開始しました

 

午後最初に訪れたのはAhu Vinapuアフナビナプ

 

 

 

PB290349.JPG

 

 

 

 

 

イースター島のあちこちにはたくさんのモアイ像がありますが

 

それらのほとんどは倒された物 ここの場所のモアイ像もほとんど倒されています

 

 

倒されていないひとつの顔がありましたので

 

Dさんと一緒に記念撮影してみました

PB290334.JPG

体の部分は埋まっているようでどれだけの大きさなのかはわかりませんけど

かなかな立派なお顔です(笑)

 

 

その後車をちょっと走らせると 今度はもっと小さいたっているモアイ発見!

 

Ahu Hanga Poukura

PB290351.JPG

とりあえずこれとも記念撮影

 

 

ここをしばらく歩くと めちゃくちゃに倒されたモアイも見ることができました

 

Ahu Hanga Tee

 

 

PB290357.JPG

 

ほとんどが後ろから度疲れてしまったように倒れているモアイが多いので

こういう感じで上向きで倒されたモアイは珍しいものです

 

 

 

 

 

ここを後にしてしばらくいくとモアイ製造工場を見ることができました

 

Rano Raraku

PB290365.JPG

ここの岩肌を使ってモアイを削り取っていった過程がわかります

中にはまだ岩肌にくっついたままであったりして 興味深いものです

モアイ像は後期に地下ずくにつれて巨大化していったそうです

 

 

イースター島は物価が高いと言いましたが

 

観光にもそれは同様にいえます

これらの国立公園の入園料 いくらだと思います?

 

 

$60なんですよ~

 

ガイドブックには$10って書いてありますから

ここ最近で高騰したらしいけど この値段ってちょっとひどい!

 

 

観光客を馬鹿にしている値段ですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらAhu Tongarikiは日本の企業によって復元

 

立て直された15体のモアイがある島最大の祭壇がある場所

PB290377.JPG

青い海をバックに見える姿も大変きれいで

これだけでもイースター島にやって着てよかったなって思えるくらい

印象強いものです

 

 

一番ハンサムなのは左から二番目

 

イースター島イケメンの代表としてズームで撮ってみました(笑)

PB290393.JPG

Dさんと僕も遠近法を利用して16&17番目のモアイ像になってみました

いかがなしょうでしょうか?

b8596f5c.JPG

 

 

 

 

 

このイースター島にはパワースートンもありました

 

 Te Pito Kuraは初代の王が故郷から持ってきた意思と言う説もあるみたいです

PB290401.JPG

この場所は強力な磁場になっていて不思議なパワーを秘めているそうです

一応Dさんと2人でこの石を触ってみました

不思議なパワーがみなぎるようになるといいんだけど(笑)

 

 

この後は 島唯一の白い砂浜ビーチAnakena アナケナビーチのほうへ行ってきました

 

白い砂に深い青色の海は本当にきれいでした

 

PB290423.JPG

 

このビーチのそばにもモアイ像が立っていて

 PB290430.JPG

こちらのモアイ像は髪飾りをつけたものがあるのです

 

 

これらのモアイ像は砂に埋まっていたため保存状態がよく

 

ほかの物に比べるとずっときれいな顔をしているそうです

 PB290416.JPG


とりあえず今回はここまで
イースター島のインターネット環境がよくないのでかなり乱雑なレイアウトになっていますがお許しください!

 

観光しながら日記を書くのってかなりしんどいです(笑)
でも自分のためと思いっています!







コメント欄は通常通り開けておきます~コメントは大歓迎です♪
しかしながら・・・旅行記中につき返事がかけないと思います
それをご了承 納得の上ご利用くださいませ ごめんなさい!







つづく


 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかりますので~↓
a0a06a91.gif  a0a06a91.gif 
お帰り前に~クリックお願いいたします

この日記は南米旅行記の続きとなっています


最初からご覧になりたい方は
1.[それでは行ってきます~]
2.[首都ワシントンDCへ到着!]
3.[ブエノスアイレスへ到着♪]
4.Buenos Aires とは いい空気~と言う意味らしい・・・
5.[うまいぞ!ブエノスアイレス♪] 
6.ブエノスアイレス最終日の方からどうぞ






次の日はブエノスアイレス移動することになりました
EZEブエノスアイレスに位置する国際空港はダウンタウンより車で30分くらい

PB280225.JPG

ここで飛行機に乗って大移動します(笑)
利用する航空会社は
LAN
実はこの旅行を計画するまで
LANと言う航空会社知りませんでした





PB280227.JPG

チリ アルゼンチン ペルーをハブとする南米屈指の航空会社らしいで
アテンダントさんは美人そろいだし サービスもすごくいい
今まで知らなかったのがもったいないくらいなかなかいい航空会社
PB280231.JPG

PB280233.JPG

アメリカ系の航空会社とはまったく違う方向を進んでいるようです

 






さて飛行機はEZEブエノスアイレス国際空港を飛び立って

PB280239.JPG

チリ サンティエゴへ向かいます





途中アンデス山脈も見ることができました
PB280241.JPG

PB280247.JPG

真夏の山並みに万年雪が見え 大変美しい風景でした

 





その山脈を抜けると盆地が広がってきます

PB280253.JPG

標高520mにチリの首都サンティアゴがあるそうです






到着して ここもやっぱり南米だな~と言う感想
イミグレーション 税関 すべてが超スロ~
この二箇所を通過するだけで
1時間半は余裕でかかりました(涙)

PB280257.JPG

トランジットには余裕を持っておかないと大変なことになりそうです

 

ちなみにこのChile 日本人はビザなしで無料入国できますが
Dさんはアルゼンチンと同様入国料$140・・・また取られました!
日本人この時点で$
280の得です(笑)

PB280267.JPG

今回サンティアゴは トランジット(乗り換え)ですので
数時間の滞在です
Chile兄さんたちもしっかりチェック!かわいかったです♪



ここから飛行機で5時間近くかけて移動します~
サンティアゴから次の目的地も
LANエアーライン
ここのサービスはいいですね 
Dさんと2人ですっかり気に入りました

PB280276.JPG

飛行機の中では少し睡眠をとったため気がついたらも飛行機はもうすでに南太平洋の真っただ中







そしてついに目的の島が見えてきまして


PB280282.JPG


無事到着!

PB280290.JPG


しばらくすると 陽が傾き夕焼けがとってもきれいに見えてきます
PB280287.JPG


 

ここは

 

 

 

つづく~としておきましょう♪








コメント欄は通常通り開けておきます~コメントは大歓迎です♪
しかしながら・・・旅行記中につき返事がかけないと思います
それをご了承 納得の上ご利用くださいませ ごめんなさい!







つづく

 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかりますので~↓
a0a06a91.gif  a0a06a91.gif 
お帰り前に~クリックお願いいたします

この日記は南米旅行記の続きとなっています


最初からご覧になりたい方は
1.[それでは行ってきます~]
2.[首都ワシントンDCへ到着!]
3.[ブエノスアイレスへ到着♪]
4.Buenos Aires とは いい空気~と言う意味らしい・・・
5.[うまいぞ!ブエノスアイレス♪] 
6.観光バスに乗ってみた~
の方からどうぞ






お昼ごはんを食べ終わって 地下鉄で来た道を歩いて帰ることにしました
この旅行では思いっきり食べていますから 
多少は運動して何とかカロリーを消費しなくてはいけませんから・・・(笑)

 

そんな帰り道の散歩中 アルゼンチン風の肉料理店の店頭で変な物見てしまいました
そのへんなものを見て思わず Coco… 哀れな姿になってしまって・・・と思ったくらいなんです


Dさんも 変なこと言うなよ~とは言うものの 
まあ確かにサイズも形も 色もなんかとっても
Cocoにそっくり 2人してしんみりしてしまいました・・・

 





その僕たちをしんみりさせてくれた 店頭のある物とは・・・

 






これなんです

PB270207.JPG
アルゼンチンの肉料理やではこういう形で巻きを真ん中で燃やして
ゆっくりと肉を調理していく方法を取るらしいのです

こんな物でCocoをおもいだすな~とお叱りの声が聞こえてきそうですが
この調理されている肉が 何の肉なのかわからないのですが
2人ともCocoを思い出してしまった訳です

 

 


んなことを言っても夕飯にはまた肉料理を食べに行った情け容赦ない2人です(笑)
PB270208.JPG




あ、でも
Dさんは魚料理頼んでいました

Dさんは虹鱒の炭火焼みたいな感じの物
PB270210.JPG
僕の今日の肉はフィレミニョン400g1500円くらいなんですよ~
もちろん先日にも負けないくらい追いいお味
アルゼンチンの肉料理って本当にすばらしい!

お肉が好きな人は是非食べてもらいたいと素直に思えるお味です
ベジタリアンの人にはかなりきつい旅になるかも
カリフォルニアみたいに野菜だけっていうお店ほとんどありません

 

 

しっかりとご飯を満喫した後は腹ごしらえの夜の散歩 PB270215.JPG
ヨーロッパ風の建物が町中にあってこうしてライトアップされているのですが
こういう雰囲気はまるでヨーロッパの街中に紛れ込んだような気分にさせます
ブエノスアイレスは南米のパリと言われるそうですが~



確かにヨーロッパの雰囲気はあるもののパリと言うのはちょっと言いすぎじゃない?と
言うのが素直な感想

貧富の差が激しいようでホームレスやお金のない人が街で物乞いをして姿が大変よく目立ちました

 

目立たなかったのがゲイカップル

PB270217.JPG

一組だけ見かけただけでまったくその他はあまり気がつきませんでした 結
婚が認められる国だからもっとゲイの人達がいるのかとおもったらそうでもな異様な印象

僕たちは旅行先でゲイ関係の飲み屋とはそんなに行くほうではないので
わからなかったのかもしれないだけなのかもしれないけど
ブエノスアイレスはゲイエリアみたいなこれと言った場所もないらしく 
まあそれならいいや~と言う感じで通り過ぎてしまいました


コメント欄は通常通り開けておきます~コメントは大歓迎です♪
しかしながら・・・旅行記中につき返事がかけないと思います
それをご了承 納得の上ご利用くださいませ ごめんなさい!







つづく

 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかりますので~↓
a0a06a91.gif  a0a06a91.gif 
お帰り前に~クリックお願いいたします
この日記は南米旅行記の続きとなっています


最初からご覧になりたい方は
1.[それでは行ってきます~]
2.[首都ワシントンDCへ到着!]
3.[ブエノスアイレスへ到着♪]
4.Buenos Aires とは いい空気~と言う意味らしい・・・
5.[うまいぞ!ブエノスアイレス♪] の方からどうぞ





次の日の朝は朝食から ここのホテルでは朝食も込みだったので助かります
PB270119.JPG
めっちゃ~豪華~!と言うわけでもないけど
十分な量にいろいろなチョイスもあって十分楽しめました








この日はブエノスアイレスの町全体を見てみようと
ブエノスアイレスの主要な場所をまわる観光バスに乗ってみました
PB260096.JPG
ハトバスみたいなもんですよ~
2階建てのバスで天井がないバスで乗り降り自由にできるシステムになっています




ここはよくわかりませんが有名なアーティストが描いた家の壁らしい
でもあまりよくわかっていないのが僕たちです(汗)
PB270126.JPG
この街にはいろんなところに像や噴水があっていろいろと説明してもらったのですが
まったく覚える気のない僕たちは へ~きれいだね~で終わって頭に残りませんでした(笑)
PB270142.JPG
時間もないことですから写真を適当に並べてごまかしておきましょう~


このバスのいいところは一般道の一般人を眺めることができることでもあります(笑)
PB270130.JPG
こんなガテン系のお兄さんから~
PB270154.JPG
警察の方たちと話しこんでいる若者など 観光要所を見ることに加えていろいろ楽しめました




さて観光に話を戻して~これは空軍広場にある英国塔
PB270155.JPG
1982年のフォークランド紛争のとき標的になってかなり破壊されてしまったそうです



こちらはブラジルの領事館
PB270174.JPG
 

コロン劇場はミラノ スカラ座 パリ オペラ座と合わせて世界3大劇場と言われているそうです
PB270178.JPG


この後は1913年開通の地下鉄に乗ったら
PB270190.JPG
内部がほとんど木でできた とってもレトロな地下鉄がやってきました
全車両がこんな感じで 日本では考えられないくらいアンティークな列車でした




その地下鉄を乗り継いでやってきたのが国会議事堂
PB270196.JPG
なかなか立派な建物ですが警備員もほとんどいない
大変裏寂れた印象を与える建物でもありました




そろそろお昼の時間になってきたので お昼休憩は国会議事堂の裏手のレストラン
PB270198.JPG
アルゼンチンワインとビールで乾杯です♪





僕たちが頼んだのは チキンの炭焼きとシーフードセヴィーチェ
PB270200.JPG
シンプルな味わいでしたが大変おいしかったです
アルゼンチンはSFとは違ってレストランのサービスがいい場所が多いようです



ブエノスアイレスはそれほど観光地でもないため
この観光バスによって見尽くしてしまった感があります
そろそろ移動しましょうか~?(笑)






コメント欄は通常通り開けておきます~コメントは大歓迎です♪
しかしながら・・・旅行記中につき返事がかけないと思います
それをご了承 納得の上ご利用くださいませ ごめんなさい!







つづく

 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかりますので~↓
a0a06a91.gif  a0a06a91.gif 
お帰り前に~クリックお願いいたします
この日記は南米旅行記の続きとなっています



最初からご覧になりたい方は
1.[それでは行ってきます~]
2.[首都ワシントンDCへ到着!]
3.[ブエノスアイレスへ到着♪]
4.Buenos Aires とは いい空気~と言う意味らしい・・・の方からどうぞ




いったんホテルに戻って休憩した後は夕飯の時間です
ヨーロッパ それもスペインの影響を強く受けた国であるアルゼンチンは
夕飯にこれまたすごく時間をかけるため ほとんどのレストランは深夜近くまでやっています
PB260104.JPG
この日は週末の夜ともあって 町の至るところのカフェ&バー&レストランが満員で
この初夏の気持ちのいい夜をアルコールとともにエンジョイしているようです




アルゼンチンの有名な食事と言うと何になるのかご存知ですか?
パンパ草原で育てられたたくさんの牛たち かぼすさんがコメント欄でおっしゃっているように 
ステーキなんですよ~肉肉肉がアルゼンチンの食としての代表になるみたいです
PB260113.JPG
El Establo
Paraguay 489 - Ciudad de Buenos Aires
Tel: 4311-1639
そんな訳で僕たちもこの機会に美味しいといわれるアルゼンチン肉を味わうことにしました
ガイドブックにもいろいろなお店が載っていましたが どれもちょっと旅行者向きすぎていたので
街中をさまよって いつもの直感でこのお店にしてみました~(笑)








ウェイターさんたちが皆さん蝶ネクタイの白黒のスーツを着ているのですが
お店の中はいたってカジュアルな感じで 街中の食堂って言う雰囲気
PB260112.JPG
でもこの店の得意料理は肉料理ということでとっても期待できそうです
僕たちの食べ物の直感ってあまり外れることがないから たぶん大丈夫でしょう~(笑)
例によって英語があまり通じないためかろうじてある英語メニューで何とかオーダーをしました




で。。。
アルゼンチンのレストランシステム?
それともここのレストランシステムがよくわかっていなかったためすごいことになりました~
まず最初は前菜にイカの炒め物
PB260107.JPG
ほとんど真っ黒で何がなんだかわからない物ですが
見かけとは違い 濃いイカの味がしてとってもおいしかったです






付け合せに僕はクレソン Dさんはトマトのサラダを頼んだら
銀の器に2~3人分の野菜がてんこ盛りでやってきました(笑)
PB260108.JPGPB260109.JPG








その野菜の量に驚いているところへ 間髪いれず




僕のステーキハーフサイズ(380g) とDさんのフランクステーキ(500g)がどか~んとやってきました
僕の方は800円くらい?Dさんの方でも1000円くらいだったのでてっきり一人分かと思いましたが
いやいや~そんなことはない!
PB260110.JPG
この量 普通にオーダーしたら4人前くらいあるかもしれないって言うくらいの量です
見た目もかなり大雑把 あまりの量の多さに衝撃を受けてしばし唖然の2人
これは間違ったかな~?なんて思って あせったものの とりあえず一口








!!!


なんだコリャ~!? めっちゃくちゃうまいじゃないかい?
ちゃんと木の薪を使って焼いていると書いてあったけど本当にそうらしく
スモーキーですばらしい風味を出しています

お肉自体もも 歯ごたえがあるのですが柔らかくそして味わい深く
日本のお肉のように口に解けるものとは違う 肉肉しい肉の味がするもの
いや~米国でもこんな肉めったに食べられないよ~と素直に思ってしまうほどの美味

Dさんと2人で半分ずつにして両方のステーキを食しましたが
両方とも肉とは言えども ぜんぜん違うタイプのステーキをオーダーしたので
違う食感と味になっていて大変楽しむことができました

ん~ アルゼンチンは肉で有名なのが納得できた一夜でした♪










しかしながら おなかはめっちゃくちゃいっぱい 食事の後はデザートも入らず そのまま退散
散歩をして 消化を助けながら帰ることにしました
真夏の陽気の中 クリスマスデコレーションの広がる街を歩くのはちょっと不思議な感じ
PB260114.JPG
でも こういう感覚も新しくていいものです








帰り道で タンゴショーの宣伝なのかな?
タンゴを踊っている団体がいましたので動画とってみました
そういえばアルゼンチン ブエノスアイレスはタンゴの発祥地でした!









コメント欄は通常通り開けておきます~コメントは大歓迎です♪
しかしながら・・・旅行記中につき返事がかけないと思います
それをご了承 納得の上ご利用くださいませ ごめんなさい!



つづく

 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかりますので~↓
a0a06a91.gif  a0a06a91.gif 
お帰り前に~クリックお願いいたします





この日記は南米旅行記の続きとなっています


最初からご覧になりたい方は
1.[それでは行ってきます~]
2.[首都ワシントンDCへ到着!]
3.[ブエノスアイレスへ到着♪]の方からどうぞ









ホテルをチェックインしてゆっくるするとそのまま寝込んでしまいそうなので
ちょうどお昼時ということもありましたから 散歩とともにお昼と食べに行くことにしました
PB260061.JPG
ホテルのそばにはこんなオベリスクもあったりして
たくさんの人であふれかえっていてものすごい熱気を感じます
さすが南米1.2を争う大都市と言うことだけありますね











いろいろと食べたい物を探したのですがどれもちょっといまいちでしたので
一番近場にあったレストランへ飛び込んでみました
ブエノスアイレスのすごいとことは英語がほとんど通じない・・・(涙)
PB260062.JPGPB260063.JPG









スペイン語はまったくだめな2人でしたので
ワインを頼むのにもひぃひぃしてしまいメインの料理も頼んだのと違う物がきてしまい
それでも文句を言えず おとなしくその間違ったオーダーを食べることになりました・・・・


まあそれでも出てきたビーフカツレツはなかなかおいしかったし
サーブしてくれたウェイターのお兄ちゃんたちも親切でやさしかったので良しとしましょう~♪


他の海外の国ではここまで英語が通じないのは日本くらいではないのか?と思うくらい
ブエノスアイレスではあまり英語が通じません
もちろんホテルや空港はOKですが それ以外の場所はかなり苦戦を強いられました(涙)

僕たちは観光地周りの旅人ですからそうなんでしょうけど
主要な観光地はたとえカンボジアであってもベトナムであってもまあまあ英語が通じました
しかし首都ブエノスアイレスはそうでもないと言う感じを受けたのです



その後は 地下鉄に乗って移動してみました
地下鉄は安い!$1.1ペソ 20円くらい?で一律料金
もちろん乗り換えも長い距離でも同じ料金 すごいですね~
その安さのせいなのか?
昼間の普通の時間帯にもかかわらずかなり混んでいました
もちろんエアコンなんてないので 蒸し蒸し暑い 昔の東京の地下鉄を思い出させてくれました(笑)





地下鉄に乗って行ったのはアルゼンチンの名士が眠るレコレータ墓地
ここは最初行くつもりがなかったのですが 
4月にブエノスアイレスを訪れた同僚がとってもいい~と薦めてくれたので行ってみました
PB260083.JPG
ここの墓地は普通の墓地と違ってこのように地上に建物のように建っていて
まるでちょっとした町並みのように見えるのが特徴です






ほとんどのこの建物では棺が見えるようになっていて
こういう文化とは違う文化で生まれ育った僕にとって
棺が見えてその中に今も遺体があると想像するだけでかなり生々しく感じてしまいます
PB260078.JPG
ここの共同墓地にはDon't Cry for me Argentina~で有名なエビータも眠っています
個人的にはいったい何をした人なのか詳しくは知りませんが(汗)
唯一この墓地でかろうじて名前を知っている人で この国でもかなり有名みたいで
たくさんの人がこの場所を訪れていました





この日も炎天下 歩いているだけでどっと汗が出ます
おまけにブエノスアイレスは交通量も多くどこへ行っても車の海
排気ガス規制もカリフォルニアほどではないので 
PB260093.JPG
そんなに空気きれいじゃないじゃない~?と突っ込みたくなります(笑)
でも 街のそこらじゅうにたくさんの木々があり 初夏の緑と言った感じできれいではあります








もちろんアイスクリーム系は逃せません!
PB260092.JPG
まあ普通においしいと言っておきましょう~





この後はいろいろなところをぶらぶら
PB260094.JPG
図書館

PB260099.JPG
教会?

PB260098.JPG
市役所&警備のおにいさん♪
ちなみにアルゼンチン 素敵な殿方がいっぱいです
アメリカとは違ったセクシーマッチョな方がたくさんですな~(笑)



 
最後は大統領官邸
アメリカのホワイトハウスと違ってピンクハウスになっていました~
PB260100.JPG
ここでエビータは有名な演説をしたそうです
しかしながらなにぶんにもアルゼンチンの下地がないため
これらを見てもそれほど感銘を受けないのが残念なところです



コメント欄は通常通り開けておきます~コメントは大歓迎です♪
しかしながら・・・旅行記中につき返事がかけないと思います
それをご了承 納得の上ご利用くださいませ ごめんなさい!







つづく

 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかりますので~↓
a0a06a91.gif  a0a06a91.gif 
お帰り前に~クリックお願いいたします





寒い北半球を飛び出して 初夏の南半球 アルゼンチンのブエノスアイレスの方へ到着しました~
PB260057.JPG
どこへ行ったらいいのかね~?と旅行先の選別をしているときに
僕たちの行き先ってヨーロッパかアジア そしてハワイばっかり
それだったらちょっと目新しいところで南米なんかどう?ということになったのです





ちなみに飛行経路はこんな感じ~15時間以上のフライトとなりました・・・
爆酔しましたので それほどきつくはなかったですが やっぱり長いな~

より大きな地図で 11/25/2010 trip を表示

季節は北半球と別になる と言うことは夏の12月を体験することができる♪
それってなかなか粋じゃないですか~?(笑)と勝手に盛り上がってしまったんですね~
困った2人です・・・





まず到着したあとに最初に南米だな~と思ったのが 
イミグレーションにしても 税関にしても仕事がとってもゆっくり
悪気はないんでしょうけど あまりのスローさに唖然としてしまったくらい
PB260055.JPG
移民局のお兄さんはとってもイケメンで(笑) 日本語を使ってジョークを飛ばしてくれたりして
感じ的にはとってもよかったのですが そんなこといちいちやっているから時間かかるんだ~!!と
言いたくなりましたよ(笑) この混雑ぶり日本では考えられませんもん・・・





そうそう
ちなみに日本人はビザなしで無料でアルゼンチンに入国できますが
米国人は入国費として$140払わなくてはいけません! Dさん痛い出費です・・・
日本人でよかったな~と感じた場面でもありました







そしてそのイミグレーションと何とか終えて 空港の外へ出てみると・・・
さすが南半球です カリフォルニアの家を出たときはめちゃくちゃ寒くって厚着していたのに
初夏と言うよりは夏真っ只中といえるくらいかなり暑くなっています
PB260058.JPG
それほど湿った空気ではないので気持ちのいい暑さなのですが
思ったよりもずっと気温が高くて 初夏と言うよりは真夏のブエノスアイレスです





タクシーに乗ってダウンタウンの僕たちのホテルへ
途中道がとっても混んでいて そこらじゅうでクラクション鳴らしているので
なんかちょっとベトナムの喧騒を思い出してしまった・・・





まあ、ちょっと時間はかかったものの
ホテルはお昼にもかかわらずちゃんとチェックインできて 最上階の角部屋をくれました♪
手ごろな値段の割にはなかなかいい部屋でした
PB260059.JPG
で。。。思い出したのですが~ブエノスアイレス つまりはアルゼンチンは!
南アメリカ諸国の中でも唯一同性婚認められている国なんですよね~
何でこの国が・・・?と思いますが~僕たちにとっては歓迎すべきすばらしい国だったことを思い出しました


この後は~また続きで書きますね
僕たちが南米 アルゼンチン ブエノスアイレスにたどり着き
ここからの珍道中も時間の許すかぎり書いてゆきますからお付き合いのほうよろしくお願いいたします






コメント欄は通常通り開けておきます~コメントは大歓迎です♪
しかしながら・・・旅行記中につき返事がかけないと思います
それをご了承 納得の上ご利用くださいませ ごめんなさい!







つづく

 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかりますので~↓
a0a06a91.gif  a0a06a91.gif 
お帰り前に~クリックお願いいたします


↓何人ここにいるのかな?
人です。。。
名前:JapanSFO 男性 双子座

こんにちは
男性の好きな男性同士
カップルのたれ流し的生活日記


自己紹介 続き・・・

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 4 6 8
9 11 13 14
16 17 19 22
24 27 28 29
Instagram
emojiインスタグラムを初めてみました~!
@japansfoで検索してもらえると見つけられると思います。

ブログにのせた写真を載せるだけのものですが、チェックしてみてくださいね
こちら★⇐をクリックすると直接リンクします
最新コメント
コメントありがとうございます
<(_ _*)>
御返事差し上げたコメントには
pen.JPGのアイコンがついています

[02/26 レッチ]
[02/25 8チワマミィ]
[02/25 こぐれん]
[02/25 MH]
[02/25 ree]
[02/24 luca7]
[02/23 8チワマミィ]
[02/23 Rockville]
[02/23 かぶちゃん]
[02/23 Samuraisf]
ハタラク
Cocoの日記
Cocoです。San Franciscoです。
台湾から来た白い犬の日記



コメント&メール フォーム
このブログにコメントを残さずに
メールを送りたい時お使いください
100%返信いたします♪
~~~~~~~~~~~~~~~
書き終わったら
 (確 認)ボタン  押してください
カテゴリー

ブログランキング
↓クリックするとこのブログが
何位にあるかわかります☆↓


↑ブログ村↑

6e2f221d.JPG
↑人気ブログ↑

3804c662.JPG
↑FC2↑

お帰り前にクリックしてください♪
ブログ内検索
PV
Template by Crow's nest