忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
アメリカ西海岸の小さな町で 付き合い丸21年の2人
米国人彼氏Dさんと雑種犬Cocoと共にひっそりと 慎ましく暮す男の
地味でありふれた たれ流し的日常生活日記




コメント歓迎です~☆   ゲイの方 大歓ゲイ☆   リンクはご自由にどうぞ~♪

現在どちらからアクセス中?

カーソルをに合わせるとアクセスポイントが出てきます!

↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
b1ff9625.gif     
クリックお願いいたします

メールも気軽に下さい~JapanSFO@gmail.com~♪
めっきり冬らしくなってきたサンフランシスコベイエリアです。
今朝、Coco散歩に出かけようと気温をチェックしたら3℃(38F)となっていて驚きました。
外に出てみると、いつもよりずっと冷たい空気が流れていました。
車のボンネットには霜が降りていて、気温は3℃でも実際この辺りは氷点下より低くなったようです。車にこのような霜が降りているのは今季初めて見たと思います。そのくせ日中は20度近くまで気温が上がるのが不思議なところです。こんな寒暖の変化が激しいせいか、職場の皆さんが風邪をひいてきまして、僕もうつされました…(涙) のどが痛いし、咳が出るし、体はだるいしで大変です。






さて先の週末のことですが、行ってみたいと思っていたラーメン屋についに行くことができたのでその忘備録。こちらのお店はぴろりんさんのブログで紹介されていまして、なかなかの高評価を得ていたので行きたいな~ともっていました。ただ、場所的になかなかたどり着くのが難しい場所でしたので、いままで延ばし延ばしになっていましたがついに行く機会を得ることができました!
34308 Alvarado-Niles Rd,
Union City, CA 94587
ぴろりんさんによると、このラーメン屋はこの同じ場所で3度目のオーナーチェンジ&リニューアルがあったようです。僕も最初のオープン時には行ったことがあります。あの時は徳島ラーメンか何かだったような気がします。お店は2軒分の広さがあるようで、なかなかの収容能力がありそうです。フィリピン系のウェイトレスはビジュアル的に迫力がありますが、とっても親切でGood!

さて、今回僕たちは唐揚げ、餃子、そして黒豚骨ラーメンをオーダーしました。結論からいうと、美味しいですね~!正直言ってあまり期待していなかったのですが(笑)、さすがぴろりんさんのお勧めだけありました♡ スープには深みのある味でしたし、餃子も唐揚げも日本で出しても遜色ないものでした~。Dさんは妙に気に行ってしまい、ここはリピートありだよね!と大喜びでした。
  
いつもいつも美味しいお店を押してくれて本当にありがとうございます~♪






美味しいラーメンを食べた後は、本来の目的地へ向かいました。それはLowe'sというホームセンターでした。ご存知の通り、僕たちは新居を購入しました。あまり手入れをすることなくすぐに住めるいい状態の家でしたが、やはりお風呂がアメリカ~ンの浅いバスタブ。僕もDさんも深いお風呂に毎日入ってのんびりしたい人なので、バスルームは改修しようか~と考えているのです。
このラーメンShuのあるUnion Cityのお店には僕たちが欲しいと思っているものがあるとのことなので、こちらの街までやってきたということなのです。今回購入した家のトイレは丸型の便器。僕たちが使っているウォシュレットは楕円型なので、それに合わせてこちらも変えてしまいましょう~となりました。バスルームはあまり広くないのでちゃんと大きさを計って一番コンパクトなものを購入しました。







現在リノベーションをやってくれる業者とどこを直してどれくらいコストがかかるか、どの場所に何をすべきかをいろいろと話し合っています。完成には数週間かかりそうですが、現在のアパートの契約が年末に切れてしまうので、完成を待つことなく引っ越しすることになりました。年末の慌ただしい時に最後の大仕事ですから大変です。
おまけに僕は風邪をひいてしまい、体がだるくてしょうがない・・・
あぁ~クリスマス、年末年始はどうなることやら~。

お帰り前のこちらのクリックもよろしくお願いします!~(*´Д`)ノ
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリック応援よろしくお願いいたします~
インスタグラム@japansfo
PR
実は急な展開があり、年末の忙しいこの時期にもかかわらず新居を購入してしまいました(汗)。以前もう家さがし断念~!!と、このブログにも書いたにもかかわらず、その舌の根の乾かぬうちにこのような展開でお恥ずかしい限りです。



話を簡単にまとめますと、家の購入を断念したにもかかわらず、担当の不動産エージェントが情報を送ってくれるていたのです。買う気もないのに彼女にサーチさせるのも悪いな~と思い、彼女が送ってきた情報の家を最後に見て面と向かってきっぱり断ろうと決めたのです。そして、その家に行ってみました。

その家はDさんが住みたいと思っていた名前の街にはありませんでしたし、今までよりもまたさらに車で5~10分ほど郊外に向かった場所でした。しかし家自体はそんなに悪くないのです。周りは小高い丘にあり、環境も申し分ないものでした。さらに値段もこの界隈としてはまあ手頃なものだと思えました。しかし~!サンフランシスコベイエリアでは、提示価格はあってないようなものです。

これに20~30%の上乗せをしないと買えない状況であることは以前にもここで書きました。この20~30%の上乗せの負担はかなり大きいものなのです。それに米国での不動産購入の30%近くは現金による購入という状況なので現金で買う人が多く、彼らは強者なのです。ですから、まぁ~とりあえずダメもとで提示価格の約1%の上乗せをして(笑)、これくらいなら買いますよ~と売り主に提示してみたのです。
ところが~意外なことにあっさり承諾!とんとん拍子に事務的な処理が終わり、気がついたら12月の頭に売買契約が成立して家の持ち主になってしまいました~。地味で小さいこの家です。↑それでは以前僕が書いた理想の条件と照らし合わせてみてみましょう~。これによりどうして僕たちが購入してもいいかと思えたかわかってもらえるかと思います。

>>>>>>>>>>>>>>>>
*それほど広くなくていい(前回の家は2人にして犬もいるので広くて掃除が大変だった…)
emoji以前住んでいた場所よりも広くはない。リビングとダイニングはちょっと狭いかな~?とも思えます(汗)

*1階平屋建て(前の家は4層で階段が多くて疲れた…)
emojiYes! 階段が全くないので楽そうです~!

*ハードウッドよりもカーペット(靴抜いて床でのんびりする人なので板張りよりもカーペット)
emojiハードウッドの部屋もあるが、ほとんどがカーペット

*室内駐車場2台分
emojiYes!

*電気コンロではなくガスコンロ
emojiNo...でも最新のIH電磁調理コンロのようです

*2~3ベッドルーム
emojiYes! 3ベッドルーム

*2バスルーム(出来れは深いバスタブ)
emojiYes! 2バスルーム、でも浅いバスタブ…

*広くないけれど小さな庭付き(広いとメインテナンスが大変だから)
emojiYes! 広くないけれど一応庭付き(下の写真参照)

*庭にはちゃんとしたフェンス(Cocoが逃げ出さないように)
emojiYes! ちゃんとしたフェンスで囲まれていて、Cocoが逃げ出す心配は無し。

*夜Coco散歩に行っても安全地域
emoji今のところ見た感じ、とっても安心できるエリア

*出来れば冷暖房(でもSFで冷房がある家は、皆無)
emojiYes! 暖房はもちろん意外なことに冷房も完備.

*大がかりな改修工事もしないですぐに住める状態
emoji以前の家主が家の修理が趣味だったらしくメインテナンスがしっかりなされていました。
  >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

こんな感じでして、自分たちが条件として欲しいと思っていたものが殆ど揃っていたのです!おまけに冷蔵庫から乾燥機、洗濯機なども大変新しいものでした。とにかく一番の大きな要因が値段ですね。僕たちが自分たちの家を売った値段よりも、多少郊外になったとはいえこの条件で、売った時以下の値段で買うことができたのです。もう、2人とも驚く以外何もありませんでした。
僕たちの不動産エージェントに聞いたところによると、売り手側の不動産エージェントは、いまいち自分の仕事の内容がわかっていないような人だったらしいのです。不動産ネットワークの売りのリストにこの家をのせたものの、その時はまだこの家に家主が住んでいて家を見せることができなかったそうです。その上、このエージェントは留守電をチェクせず、一杯になってもうメッセージが取れない状態。

携帯電話にもほとんど出ないような人だったようです。うちのエージェントが根気よく電話をして運よくアポイントメントをとれたので、僕たちはこの家を見ることができたらしいのですが、それ以外にはこの家を見に行った人がいないのだろうというくらいの状態だったそうです。おまけにこのクリスマスシーズンで、この時期に家を買おうとする人も少なかったそうです。

ですから、僕たち以外にこの家を買おう~!と意思表示する人たちはおらず、そのおかげで僕たちのわずか1%上乗せという冗談みたいな提示が通ってしまったそうなのです。Dさん曰く、これなら家のローンも5~6年で払いきれるかもしれないと大喜びなのです。世の中分からないものですね、もうあきらめたのにそのとたんにこのような運命の出会いが待ち受けているとは・・・






現在のアパートの契約が12月の末に切れるので、それに合わせて引っ越しをすることになりました。
まさか一年の間に2度も引っ越しをすることになるとは誰が想像したでしょう。
今年は家の売却、結婚、家の購入と最後の最後まで盛りだくさんの一年でしたね。
今住んでいるアパートの周りにはこの白いバラが咲いています。この薔薇は僕たちがこちらに引っ越してきて9か月のうちに三回目の満開期を迎えました。薔薇って一年に一度しか咲かないかと思っていましたが、こういう薔薇もあるのですね~。甘い良い匂いのするこの薔薇とも今月でお別れとなりました。そんな訳で年末の終わりまで、僕たちのドタバタは終わりそうにありません。

お帰り前のこちらのクリックもよろしくお願いします!~(*´Д`)ノ
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリック応援よろしくお願いいたします~
インスタグラム@japansfo
この日記は続きものです~。
1.ひとり旅、再び~
2.日本到着~
3.まずは腹ごしらえ@東京駅
4.フジドリームエアライン(FDA)
5.桜島にやって来ました!
6.鹿児島ラーメン
7.指宿温泉でシロクマと砂風呂
8.霧島温泉と鹿児島旅行終了
9.銀座でデート
10.横浜で会食
11.新橋で岡山ラーメン
12.北ウイング
13.肥満への道…
emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji

日本旅行記でもちらっと出てきましたが、実家には柴犬がいます。

たぶん7歳くらいになったかと思います。実家で犬を飼うにあたり、家の者に保護犬を飼うように勧めたのですが、日本では保護犬を飼うというコンセプトがそれほど浸透していないせいなのか? それとも、血統証付きの純血犬に重きを置く文化なのか? 純粋に柴犬という犬が好きだったのか?理由は不明ですが、結局彼らは血統証付きの柴犬を飼うことにしました。
   
まあ、どんな理由であれしっかりと可愛がって愛情を注いでいるのでどうこう言うつもりはありませんが、この犬・・・かわいくない~!!(笑)  いえいえ、外見は柴犬的でかわいいのですが、性格が僕としてはイマイチなんですよね… まあ、僕が外部者というのもあるのでしょうが、呼んでも来ない。近づいても無視! でも、他の家族の人にも同じように一貫してこの態度なのです。

生れた時から食べ物にも困らず家の人がめちゃくちゃ可愛がり、何の問題もなくぬくぬくと育った温室育ち。なるべくしてこういう性格になったといえるのでしょう。自分の気の乗った時だけ人間と接する様子は多分この犬はこの家で自分がトップに君臨しているような気になってるのではないかと思うような振る舞いには、少し閉口してしまいます(笑)。







そんな実家の柴犬ですが、面白いのがテレビ等に思いっきり反応することです。これは犬としてはよくある反応なのだそうですが、うちのCocoはテレビなどの画面には全く反応しないので、犬がいちいちテレビの画面に反応して興奮したりして吠えているのを見ると面白く感じてしまいます。そんな訳ですのでPCにも反応するかな~?とPCでCocoのビデオを見せてみました。
すると~食いつくようにCocoの動画を見つめ、Cocoが吠えるとそれに呼応して一緒になって吠えているのです!これはおもしろい~!と次々とCocoの動画を見せると、すべて真剣になって見ているのです。結局30分ほど見せても、飽きることなく集中しているのには驚きました。こちらの方が、もういいや~とギブアップしてしまったくらいですから、よほど興味の湧く動画だったのでしょう。

これだけ画面に反応するのにCocoは何故全く反応しないのか不思議でなりません。







まあ、そんな感じで実家では適当にかわいくもない柴犬と遊ぶこともできました(笑)。
それでも無防備に眠っている姿はやはりかわいいものですね~。
でも、やっぱり犬はCocoが一番だな~と親ばかならぬ、飼い主バカな僕とDさんでした♪

お帰り前のこちらのクリックもよろしくお願いします!~(*´Д`)ノ
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリック応援よろしくお願いいたします~
インスタグラム@japansfo
この日記は続きものです~。
1.ひとり旅、再び~
2.日本到着~
3.まずは腹ごしらえ@東京駅
4.フジドリームエアライン(FDA)
5.桜島にやって来ました!
6.鹿児島ラーメン
7.指宿温泉でシロクマと砂風呂
8.霧島温泉と鹿児島旅行終了
9.銀座でデート
10.横浜で会食
11.新橋で岡山ラーメン
12.北ウイング
emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji

ご存知の通り、今回の日本旅行では今まで乗せただけでも様々な食べ物が登場しました。
食べ物LOVEの僕にとってどんな食べ物を日本で食べるかは、父親に会うという第一の目的の次の重要項目です(笑)。
そのために、米国では日本で食べる分ちゃんと重量コントロールをして臨んだという努力までしました。
 
しかしながら~日本に到着した途端会う人会う人に”体重増えたね~”とか、”ちょっと顔やばくない?”、”頬から首がまんまる~!”などと言われ、あけすけなものをいう家族には”体重90㎏台に乗った?” など、まぁ~ひどい言われようでした(涙)。実際僕はやせてはいませんが、慎重175㎝で体重が70㎏位ですので、理想の体重よりは多いもののとりあえず標準BMI内なのです~!!
僕が家族に僕の体重をいうとかなり驚かれました。71㎏?それだけ? 信じられない~!というのです。逆に僕が彼らの身長体重を聞いてBMIを計算すると、よっぽど僕よりも大きい数値になっているのです。やっぱり齢をとって来て顔のたるみが出てきたから、その分余計に太って見えるのかな~?と真剣に悩みました。顔のたるみをとるいい方法がありましたたらお教えください!!






さて、そんな体型で臨んだ日本訪問ですが、そんなこと気にせずご存知の通りたくさん食べました~!!
今までの日記にもたくさんの食べ物が登場しましたが、それでもまだアップできなかったものがあるのです。
ここではそれらを集めて、忘備録的に駆け足で記しておくことにします。

食べ物写真が苦手な方は今回の日記をスキップした方が良いと思われます~。
こんなに食べたの?と気分が悪くなる場合もありますのでご注意ください…
まず最初は非ラーメン系の食べ物! トップバッターはモスバーガー。
時差ボケもあり、食べたくなる時間がめちゃくちゃだった今回の日本滞在。歌舞伎町の脇を歩いて西新宿にたどり着いたらモスバーガーがありましたのでこちらで食事。モスチーズバーガーとテリヤキチキンバーガーをサラダセットで頼みました。素直な感想は、モスバーガーってこんなものかな?というものでした。以前はもっと感動があったのですが、今回はそうでもなかった印象でした。

普通に美味しいですがこれで1500円くらいですから、決してお安いファーストフードではありませんね。






お次は銀座のざくろですき焼き定食と一緒に食べた牡蠣フライ。ランチを決めるとき、揚げ物はパスだな~と言っていたくせに旬の大粒の牡蠣フライの文字を見たら、オーダーしてしまいました(笑)。最近揚げ物は体調と食欲がマッチしないと食べたいと思わなくなりましたが、牡蠣フライは別物ですね~。大粒でプリプリのこの牡蠣フライはとっても美味しかったです。
添えてある自家製と思われるタルタルソースがあっさりしていて、これまたいい味を引き出してくれていました。こちらでは単品オーダー(3つ)もありますが、ランチセットの方が(5個入り)で値段もそれ細変わらないのでそちらの方がお得ですと、お給仕さんに言われ、のせられてそのランチセットの方を頼みました。美味しい旬の牡蠣フライ、最高ですね♪




日本と言えば海鮮! もちろんのことながら、寿司屋の方にも行ってきましたよ~。
日本ではどこでも新鮮でおいしい魚介鮮を食することができるのが嬉しいですね。
左上から時計回りで、鯵のたたき、いくら軍艦巻き、桜エビとなまじラスのお造り、そしてウニ軍艦巻きです。
写真に撮ったのはこの4枚だけですが、これ以外にもた~くさん寿司&刺身をいただきました。僕も以前やりましたが、ネットでは食べた寿司の写真をすべて撮る人がいますが、あれやってしまうと特に寿司の場合、食事の味が落ちません? 僕はそんな気がしてしまうので、数枚撮ったら写真撮影は終了して食べることに集中します~!その方がよりずっと美味しく感じられる気がします。

まあ、大皿料理ならば食べる間に時間もありますのでそれほど気になりませんが、一口で食べることができる寿司で一枚一枚撮っていると風味や味、余韻を楽しむことが半減していることを自らの経験で学んだのです。特にいいお店でこれをやってしまうと周りの雰囲気もこわしてしまう恐れがあります。見せたいのはわかりますが、味わうことを第一にして撮影は控えめにすることをお勧めします~!
さて、このお店ではこんなサインがありました。
日本ではクジラのお造りなんて食べれるのですね~ちょっと驚きました。
こんなサイン(料理)を米国で出したら大騒ぎになりそうですね。






さて、魚卵系の好きな僕はタラコ&明太子も大好きです。
明太子のかねふくが直営しているこのお店では、明太子もつ鍋を楽しむことができます。
たっぷり乗っかった明太子が至福の時を僕に与えてくれました~(笑)。
鍋を楽しんだ後は〆として、パスタ、雑炊、五島うどんと追加することができまして、僕は五島うどんを選択。
細めのうどんとピリ辛の明太子鍋汁がものすごく良くマッチして大変おいしいものでした。
コレステロールやプリン体が多いといわれますが、これは癖になるおいしさです。




そのまま、麺&タラコつながりで登場するのが洋麺屋五右衛門のタラコカルボナーラ。
ちょこっと小腹がすいたときに食べてしまいました。
どれだけ魚卵系が好きなんだ~!?と言われるくらい魚卵を満喫してしまいました。
これは米国ではまずありえない、生の卵黄をたらこと混ぜて完成させるというものでして、湯葉も入っていました。
こういうパスタ好きだな~でも、ヘビークリーム&チーズなので結構重かったです。
小腹を満たしたい場合は、もっと軽い目系のものにした方がよかったみたいです(笑)。




さて、最後のカテゴリーはやっぱりラーメン!
いままでも数々のラーメンが登場していましたが、漏れていたものを一気に載せておきましょう~!
まず最初はNYCにも支店を開いて、その値段と長い列で話題になった一蘭
ここでも数年前に食べたことがあるのですが、いまいち印象が残っていないので再度挑戦してみました。
で~素直な感想は・・・大騒ぎするほどの味でもないかもな~と言う感じでした。
確かにこの個人ブースは目新しいけれど、ラーメンの味自信はそれ程特徴にあるものではありませんでした。

もう暫くいかなくてもいいや~と言うのが素直な感想ですね。



ラーメンは近所の名もないラーメン屋でもしっかり試しました。
写真左上は、昔懐かしい醤油ラーメンのお店です。細麺とチャーシューが絶品でした。
こんなクオリティーの高いラーメンが至る所にある日本は素晴らしいです。  右上の写真は味噌ラーメンです。こちらはモヤシたっぷりで、味噌の塊を解きながら食べるタイプです。僕はこの味噌ラーメンにたっぷりのおろしニンニクと、少々の豆板醤を入れて食べるのです。そして餃子も忘れてはいけないアイテムです!日本の餃子は皮が薄くてパリッと焼き上げてあって本当に美味しいものです。食べ過ぎだな~と思いつつもいつもつい餃子も頼んでしまいます(笑)。









最後に登場するのはこちら新宿二丁目にあるつけ麺店です。
こちらのお店はサンフランシスコで絶大な人気を誇る麺庄東京の姉妹店です。
SFの麺庄の姉妹店が東京にあると聞き是非試してみたかったのでした~。
〒160-0022 東京都新宿区
新宿2-17-10 黒岩ビル 1F
しかしながら、僕は基本的につけ麺には興味がありません~。ですから、つけ麺店ではありますが、普通のラーメンを頼んでみることにしました。極鶏ラーメンという名前ですので豚骨ではなく鶏がらベースのようです。トッピングはチャーシュー・メンマ・青ネギ・玉ネギ・のり・鶏の梅肉和え・山椒油・花かつおでした。スープはねっとりとしたいわゆる泥系ラーメンのようです。

濃厚などろどろとしたとしたスープではありますが、豚骨ではなく鶏ベースなのでそれほどヘビーな感じもなく、さっくりと食べることができました。ただ、このラーメンがまた食べたいか~!?と聞かれると、美味しいのでYesではありものの、わざわざ遠くから出向いてまで来たいというのはなく、近くに来て店が混んでいなかったら食べたいな~と言う感じです(笑)。





さて今回の10日程の日本旅行でしたが、さかのぼって数えてみると驚くことにラーメンは8杯ほど食べていて、その他のパスタを含む麺類は3回でした。つまり毎日一度は麺類を食していたということになります。どれだけ自分が偏食して麺が好きか、自分でも呆れてしまいました…(汗)。そんなことですので、当たり前と言えば辺りまですが3㎏ほど体重が増加して帰ってきました。
それを見越してか、友人のKMさんがこちらの本を手渡してくれました。はい~しっかり読んでしっかり痩せるようにします!でも、日本での楽しく美味しい食事については全く後悔しておりません♪  きっと次回日本肉となっても同じようにラーメンを暴食し、麺類を一日2食食べてもきっと喜んでいることでしょう。日本に住んでいた確実に病気になっていたかもしれませんね(汗)。

日本滞在中、会ってくれ食事&お茶につきあってくださった方たち本当にありがとうございました~。

お帰り前のこちらのクリックもよろしくお願いします!~(*´Д`)ノ
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリック応援よろしくお願いいたします~
インスタグラム@japansfo
この日記は続きものです~。
1.ひとり旅、再び~
2.日本到着~
3.まずは腹ごしらえ@東京駅
4.フジドリームエアライン(FDA)
5.桜島にやって来ました!
6.鹿児島ラーメン
7.指宿温泉でシロクマと砂風呂
8.霧島温泉と鹿児島旅行終了
9.銀座でデート
10.横浜で会食
11.新橋で岡山ラーメン

emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji

さて、今回の日本訪問もこの日が最後です。長かったような気もしますが、あっという間だったような気もします。毎度のことながら旅行記を書くのは大変ですね… 疲れがたまってくるともう文章も浮かばなくなってきてしまい、本当にひどい文章になってしまい、お付き合いいただいている方たちには申し訳ない限りです。写真だけも味気ないし、何かいい方法ないものでしょうか?

さて、僕のフライトは午後5時ですので、午後3時には空港へ到着していなければならないので東京は2時少し前に出ていればいいはずです。ですから、ホテルをチェックアウトした後にもランチを食べる時間がありますので、東京での最後のランチをすることにしました。僕の個人的な計画では、この最後のランチは東京駅の大丸にある日本食の食べ放題の方へ行く予定でした。
      
しかし~!連日の炭水化物、塩分、砂糖詰め込み状態でしたのでそんな気分になることができず、あっさりとしたランチが食べたいな~と東京、銀座、有楽町辺りをふらふら歩いていました。そうしたら、フードトラックが並んでいる界隈に遭遇しました。米国でもフードトラックはまだ人気がありますが、こちらの方でもこういうのが出ているとは知りませんでした。Thai, Mexican, Koreanと様々なトラックがあり人気のようでした。







おまけにここにはそれほど美味しいわけでもないけれどバカ高いハンバーガーShake Shackがありました。Shake Shackには東京ながら白人さんもたくさんいまして、まるで米国のどこかの街に紛れ込んだような気さえ起こりました(笑)。 このShake Shack、米国では営業不振なようですね。あの値段であれでは無理もない話です…
結局何を食べていいのかわからず、東京駅の地下を彷徨って目にしたのがパスタの洋麺屋五右衛門(笑)!こういう和風パスタって大好きですが、米国ではあまり食することができないので、いいじゃないか~と最後のランチはこちらの方で炙りたらことタラコバターパスタをオーダー。本当に僕は魚卵系が好きですよね(笑)。しかし~考えてみると成田空港にもこの店がありました…

それを考えるとわざわざここで食べなくてもよかったかも~。
まあ、美味しかったので良しとしましょう!









東京駅から成田までは例の1000円バスに乗りました。このバスは始まった当時1時間に1本くらいでしたが、今は10分に1本くらいの割合で出ていますので、予約もなくても全く問題なく乗れるのがいいですね~。成田に到着してバスから降りるとすぐそばに出発チェックインカウンターがあるのも大きな荷物がある人には本当に便利です。電車ですと地下から地上4階まで行かないといけません。

まず最初にチェックインカウンターで荷物を預けます。今回はホテルで重量をちゃんと量ってぎりぎりの線で詰め込んだのでチェックインではハラハラせずに済みました(笑)。日本旅行となるといつもお土産が増えてしまい大変なことになっているのでちゃんとポータブルな量りを持っていきましたのでそれが大活躍しました。その後はレンタルWIFIを返して、セキュリティチェック!
日本のセキュリティーチェックは従業員がアメリカの人よりもまともなので楽です。あと搭乗まで1時間ほどありましたのでANAラウンジの方で休憩。成田第1ターミナルには2つの出発ANAラウンジがありますが、窓のない暗い47番ゲートの方よりも53番ゲートの方が窓があり、広く明るいのでお勧めです。ただ、53番ゲートの方は混んでいる可能性も高いですね。

どちらにしてもUALのラウンジよりは質がずっといいのでUALを使わずにANAラウンジを使った方が絶対にお得だと思います~!僕はこちらで梅酒のソーダ割りと、カレーうどんにマーボー豆腐をのせて食しました。まあ、普通に美味しいものでした。ここでDさんに電話して、もうすぐ飛行機に乗ることを告げると喜んでくれました!いいですね~喜んで待っている人がいる生活。








ゲートの方に進むとたくさんの人でごった返していました。成田空港に来ると中森明菜さんの北ウイングの歌が頭の中に流れます。♬~あなたが住む 霧の街が雲の下に 待つのね~恋の眠り 目覚めさせてく 見知らぬ空 夢色の 夜間飛行~♪ という感じですね。サンフランシスコが霧の街ですので都合よく解釈させてもらいますが、実際このANAのフライトは南ウイング発でした(笑)。
飛行機は時間通りにゲートを離れ、時間通りに離陸してくれました。さすがANAですよね~。ユナイテッド航空を使う時に感じる不安を感じずに済むのは本当に素敵なことです。機内食の夕飯は鶏唐弁当とハンバーグでしたが、僕はそれほどお腹が空いていなかったので、デザートにハーゲンダッツのアイスと抹茶ムースをいただきました。この栗抹茶ムース、物凄く美味しかったです~。

ねっとりとした上層部の抹茶ムースですが、下の方がシトラス系の酸っぱいムースになっていて甘さと酸味がいいバランスになっていておかわりしたいくらいでした(笑)。これに泡ワインを合わせまして、機上の至福の時を過ごさせていただきました。






その後は映画を数本見て過ごしました。行きに見た映画はWonder Woman, Fugitive, The Usual Suspects. The Usual Suspectsでは今話題のケビンスペイシーが出ていまして、以前と違う目で見てしまいました(汗)。この帰りの便では、君の膵臓をたべたい、打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?、ツレがうつになりましてを見ました。人生でこんなにたくさんの映画を見たに初めてかも?
これらの映画を見たらお腹が空いてきました~。僕の日本最後のスペシャル夕飯は大丸のデパ地下で買った創作鮨処 タキモトのミルフィーユ丼!蟹、ホタテ、いくら、鮭、数の子などがのった押しずし系のチラシ寿司という感じでしょうか? 1つ1700円と少しお高いですが、まあ最後の日本食なのでいいか~と買ってしまいましたが、美味しくて大満足しました。サンフランシスコに戻ったらダイエットです。。。





さて、10時間ほどのフライトののち、飛行機は時間通りにサンフランシスコ国際空港の方へ到着しました~!入国審査は物凄い列でしたが、僕はGlobal Entryがありましたので機械で入国を済ませ、ものの2分で完了!荷物を受け取って、食べ物をたくさん持ち込んだこともあり正直に申告したので税関に行きます。こちらもものすごい列でしたが、これまたGlobal Entryのおかげで3分くらいで終了!
Uberで家に到着すると、Cocoが大歓迎で迎えてくれました~! 家のコーヒーテーブルがあまりにも散らかっていたのでぼかしておきました(笑)。 鼻の利くCocoですから、他の犬&食べ物の匂いを敏感にかぎ分けたようで検分が始まりました(笑)。確かにCoco土産も買ってきましたしね♪ その後、僕はお風呂に入って爆睡!朝の11時くらいから午後5時くらいまで寝いってしまいました。

Dさんも仕事から帰ってきて熱烈大歓迎してくれましたので、やっぱり家族のいる家が一番だな~僕にとって戻ってくるのはこの霧の街なんですね。日本は楽しいしまた訪問したいです。でも日本は僕にとってもう短期で訪れるところなのかもしれないと強く思いました。

お帰り前のこちらのクリックもよろしくお願いします!~(*´Д`)ノ
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリック応援よろしくお願いいたします~
インスタグラム@japansfo

↓何人ここにいるのかな?
人です。。。
名前:JapanSFO 男性 双子座

こんにちは
男性の好きな男性同士
カップルのたれ流し的生活日記


自己紹介 続き・・・

11 2017/12 01
S M T W T F S
3 4 6 8 9
11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Instagram
emojiインスタグラムを初めてみました~!
@japansfoで検索してもらえると見つけられると思います。

ブログにのせた写真を載せるだけのものですが、チェックしてみてくださいね
こちら★⇐をクリックすると直接リンクします
最新コメント
コメントありがとうございます
<(_ _*)>
御返事差し上げたコメントには
pen.JPGのアイコンがついています

[12/14 こぐれん]
[12/14 Snugglebutt]
[12/14 ree]
[12/14 ロクデナシ]
[12/13 マッチョかーさん]
[12/13 ぴろりん]
[12/13 TKGREG ]
[12/13 東海岸まっすぐ]
[12/12 kachita]
[12/12 Snugglebutt]
ハタラク
Cocoの日記
Cocoです。San Franciscoです。
台湾から来た白い犬の日記



コメント&メール フォーム
このブログにコメントを残さずに
メールを送りたい時お使いください
100%返信いたします♪
~~~~~~~~~~~~~~~
書き終わったら
 (確 認)ボタン  押してください
カテゴリー

ブログランキング
↓クリックするとこのブログが
何位にあるかわかります☆↓


↑ブログ村↑

6e2f221d.JPG
↑人気ブログ↑

3804c662.JPG
↑FC2↑

お帰り前にクリックしてください♪
ブログ内検索
バーコード
♪♪♪
アクセス解析
PV
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]