忍者ブログ
[1]  [2]  [3
アメリカ西海岸の小さな町で 付き合い丸22年の2人
彼氏Dさん&台湾出身の元保護犬Cocoと共にひっそりと 慎ましく暮す男の
地味でありふれた 日常生活日記



コメント歓迎です~☆   ゲイの方 大歓ゲイ☆   リンクはご自由にどうぞ~♪

↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
b1ff9625.gif    
クリックお願いいたします

メールも気軽に下さい~JapanSFO@gmail.com~♪
この日記は前回の続きです~
1.アメリカでの国内旅行
2.お義母様、はじめまして・・・
3.お義母さんとの第2ラウンド
4.アーカンソーの田舎町
5.Dさんの弟家族
6.ニジマス釣りに挑戦!
7.義弟家族との楽しい時間
8.緊急入院・・・

emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji


長くなってしまった、アーカンソー日記も今回が最終回です。

次の日朝起きて空港に向かいました。途中、Dさんのお父さんの入院している病院があるということなのでよって挨拶をしていこうということになりました。田舎の病院を想像していたのですが、かなり立派できれいな総合病院でありました。受付で彼の病室を聞くと親切な受付嬢(たぶん70歳くらい)がPCを上手に操作して教えてくれました。
前の日でしたらICU(集中治療室)の方にいて面会ができなかったそうですが、体の状態が安定したので朝一般病棟の方に移ったとのことで、病室は個室の景色のいい広々としたものでした。お父さんはたくさんのチューブが繋がれていたものの、意識ははっきりしていて僕たちが病室に入っていくと、驚きと共に嬉しそうな声を上げて喜んでくれました。お母さんは・・・相変わらずの渋いリアクションです(笑)。

Dさんはお父さんと暫し話をして、お父さんは僕の方に話しかけて”君の食べっぷりには気にいった~今度は2人きりでもっとたくさん食べに行こう~”といってくれました。Dさんとお母さんは短い会話をして、最後に僕に無表情ながらも一言”Thank you,Sir"と言ってくれました。これを聞いてDさんが、”Thank you,Sir"だって~笑っちゃうよね~と車に戻って来て笑っていました。彼女なりのお礼なのでしょうね(笑)








病院から車を2時間ほど走らせ、リトルロックのクリントン空港に到着しました。
この空港からはメキシコやカナダを含め一切国際線が飛んでいないのでInternationalの文字はありませんでした。
100%の国内線専門の空港のようです。
    
こじんまりとした空港ですので、セキュリティゲートの前に一つ、ゲートを抜けた後に一つのレストランがあるだけでした。僕たちはゲートを抜けた後にあるChilisというアメリカの一般的なチェーンレストランの方へ行きまして、ワインとビールで乾杯!ここでも強い地ビールがありましたのでそれを飲んだら、ほろ酔い気分になりフラフラになってしまいました~

2人でハンバーガをガッツリと食べた後は、ゲートに向かうことにしました。









そして~やっぱりユナイテッド航空!搭乗時間になっても飛行機がやって来ません~搭乗時間が過ぎて、やっと飛行機が遅れてくることのアナウンスがありました。スマホには食事サービスのための補充に時間がかかってしまいましたと書いてありましたが、このフライトは1時間半ですべてエコノミーシートのみの食事の提供がないフライトなのに謎でありました。
僕たちはリトルロックからヒューストンに飛び、そこで飛行機の乗り換えの予定でした。その乗り換えの時間が1時間半でした。しかし、飛行機はしっかり1時間半遅れてきましたので、僕たちが到着した時に、僕たちの乗る予定だった飛行機は2分前にゲートが閉まっていました。ですから僕たちは、次のフライトに乗らなくてはいけないことになりました。

その待ち合わせは3時間…長いです(涙)。









予定では午後7時にはサンフランシスコに到着する予定でしたが、これで大幅に遅れます・・・3時間後の飛行機は午後10時くらいに到着することのようです。それでもヒューストンはユナイテッド航空の基地的な空港ですのでフライトがそれでもたくさんあります。ですから、ここで足止めで一晩過ごさなくてはいけないという事態は避けられましたので良しとしましょう。
ついでにここのヒューストンの空港のラウンジは改修したばかりらしく大変広々としてきれいでした。もちろんユナイテッド航空のラウンジですから、食べ物や飲み物の質はそれほど良くはありませんが、3時間の足止めで飲み放題でゆったりとしたソファーでくつろげるのですからそれだけで十分!ここで本を読んだりブログの写真を整理したりして過ごしました。







そろそろ登場時間だから~とゲートに向かってゲートの搭乗口に並んで暫くすると、空港がざわめいてきました。すると、案内板が一気に変わりほとんどのフライトに遅延の文字が並びました~!黄色く囲んだ中の白い文字以外はすべて遅延のフライトということであります。なんでも雷雲が空港を覆っているため、空港が閉鎖となってしまっているとのことでした。
この空港の閉鎖という意味は室外での作業をすることも閉鎖ということらしく、荷物の積み下ろしも、燃料の補給も、飛行機の誘導もすべてストップしてしまっていました。そのため、せっかくヒューストンに到着した飛行機の乗客も、係員が荷物の積み下ろしをしないため荷物が飛行機から出てこず、足止めを食らっているそうなのです。そのため空港は大混乱となっていました~。







天候ですからユナイテッド航空には責任がないものの、どんどん遅延が続くとストレスがたまってきます。その上、僕たちがのるはずだった最初の飛行機はオンタイムで空港を出てサンフランシスコに到着したということを知ると、最初のフライトさえ遅れなければあれに乗って今頃もうサンフランシスコについているのにな~と恨めしくも思ってしまいました。
雷雲がなかなか移動しないので出発時間が次々に変更されまして、最終的には空港で6時間ほど足止めを食らって、真夜中にサンフランシスコに到着しました。これはアーカンソーの時間で午前2時40分ということですから、疲労感が身体中を覆ってしまっているのはしょうがないことなのでしょう。本当にアメリカでの飛行機移動とは全くの苦痛でしかないことが多いですね…


お帰り前のこちらのクリックもよろしくお願いします!~(*´Д`)ノ
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリック応援よろしくお願いいたします~
PR
この日記は前回の続きです~
1.アメリカでの国内旅行
2.お義母様、はじめまして・・・
3.お義母さんとの第2ラウンド
4.アーカンソーの田舎町
5.Dさんの弟家族
6.ニジマス釣りに挑戦!
7.義弟家族との楽しい時間

emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji


旅行記がなかなか進まなくなってきて、大変になってきたのでサックリとだけ書いていきましょう~。ニジマス釣りの次の日は僕たちはこの別荘を出てDさんの実家の方の街に戻る日になっていました。ここから直接空港へ行くことも可能なのですが、ここから直接空港へ浮くと通しで3時間ほどの運転になります。それに出発2時間前に空頭到着となるかなりせわしない状況になります。
それにDさんはもう一度だけ両親にあってから帰った方がいいかもしれないと思っていたのです。だから、もう一泊実家の街に泊まることになっていました。さて、弟くんの奥さんは朝食をあまり食べない僕たちのために気を使って、フルーツプレートのみの朝食を用意してくれました。シナモンケーキも用意してくれたのですが、Dさん曰くアメリカ~ン甘さだよ~と注意してくれました。

これは奥さんの手作りではなく既製品のものを買ってきたとのことでしたので一口だけ食べてみたところ、本当にアメリカ~ンな甘さでした(笑)








この日はDさんの実家の方で例のご両親と夕飯を一緒に食べる約束になっていたので、夕方までにそちらの方に向かえばいいため午前中はあいていました。ですので弟くんが趣味で買った山林を見学しに行くことになりました。Norforkという街の裏手にある河にも近いこの山は持ち主が現金が必要になり弟くんの言い値でかうことができたというお得なものだったそうです。
ここには水道も電気も来ているので、住宅地または別荘地として開発することができるそうなのです。Dさんと僕は・・・すごい行動力だよね・・・現金で山を買うなんて、絶対僕たちならこんな買い物しようとも思わないよね~と弟くんのこの趣味にはなかなかついていけないものがありました(笑)。そんなことを僕たちは思っていました。

当の弟くんはこの山の散策の時にとっても嬉しそうにいろいろとこの土地の利用価値を話してくれました~。








散策の途中で小鹿にお乳をあげている親子の鹿に遭遇しました~。
とってもかわいかったので、一枚記念に撮っておきました!
弟くんの山探検が終わって車に戻ってくるとき、奥さんの携帯に電話がかかってきました。
   
電話の主はDさんと弟くんの強烈お母さんでした。彼女は電話口で泣いているらしく、なかなか会話が進みませんでしたが、いろいろと聞いて要約すると、前の比から旦那さん(Dさんと弟くんのお父さん)の具合があまり良くなくて苦しそうだったとのことでした。病院へ連れていこうとすると、かんかんに怒り出すのでそれもできなかったそうです。一夜明けても体調はよくならない。

それどころかますます悪くなるばかりで、どうしたらいいのかわからないとのことでした。Dさんと弟くんはすぐにでも救急車を呼んで病院へ行くように指示したのですが、そんなことしたら怒られるとの一点張りで事態は進展しませんでした。そんな訳で、一旦電話を切って弟くんが救急車を直接呼んで、お父さんを病院へ運んでもらうように頼んだのです。






そういう状況でして、お父さんは数十分後隣町の総合病院の方へ運ばれていったそうです。それを聞いて、僕たちも一安心。一旦弟くんの家に戻って荷物を引き取って、弟くん家族に楽しい時間をありがとうございました~とお礼を言って別れました。その後、車をDさんの実家の方に走らせましたが、すこし遠回りをして寄り道をしました。
23080 AR-5
Allison, AR 72050
それは、ランチにナマズのフライが食べたいというDさんのリクエストがあったからでした。弟くん奥さんがナマズのフライならここのお店がいいよ~と話していて、その話を聞いたらどうしてもナマズのフライが食べたくなってしまったそうなのです。彼らにとってナマズ料理は故郷の懐かしい料理のようです。Dさんはナマズフライ(左上)に大満足、僕は普通にステーキランチを頼みました。






ランチの後はそのまま、Dさんの実家のある街の方にやって来まして、Dさんのご両親の家のドアをノックしたのです、誰も出てきませんでした。たぶんお義父さんもお義母さんも病院の方なのでしょう。それじゃ~とりあえずホテルの方へチェックインして、連絡を待ちましょうか~と言うことになりました。こちらは先日泊まったホテルと同じホテルであります。
   
Ashley House Bed & Breakfast
618 E Main St,
Melbourne, AR 72556
面白かったのは田舎町のホテルですので、入り口に入って名前を書いてチェックイン終了。
指定された部屋に行くと鍵が置いてあるので、鍵の受け渡しも人を介さずに行うようです。
電話で予約するときにクレジットカードで料金前払いなので、お会計もスームースでした(笑)。









チェックインを済ませた後は、Dさんのお母さんからの連絡が入りました。なんでもお父さんは肺に水がたまって呼吸困難を起こし、心臓の機能が著しく低下していて20%ほどの機能しか果たしていないという、もう一歩で危篤状態というかなり危ない状況だったとのことで、即刻ICU(集中治療室)の方への入院になったとのことでした。それでも救急車を呼んでくれたおかげで助かったようでした。
お母さんは今からお父さんの着替えやら何やらを持っていくのでいったん家の方に帰るとのことでした。そんな状況下でしたのでもちろん僕たちの夕食会は中止となりました。ホッとしたような残念なような気持ちですね~。Dさんはお母さんがこの街の方へ帰って来るとのことでしたので、彼女に付き添っていろいろとお世話をするためにホテルを出ていきました。

僕はそんなところへ行っても何の役にも立ちそうもないので、ホテルで地元産のクラフトビールを開けてのんびりと過ごさせてもらいました~。前回はラガービールでしたが少し癖がある感じでした。今回のピルスナーは、アルコール濃度が6%でしたが、軽く風味があり大変おいしいビールでした。蒸し暑い場所で飲むビールはなかなかいいものですね!








Dさんはてんてこ舞いのお母さんのそばにいて食べ物の用意をしたり、話し相手になってなってあげ、前の日から寝ていなかったというお母さんが眠りについたところでホテルの方に戻ってきました。シャワーを浴びてすっきりしたところで、ご両親と行く予定だったレストランの方へ夕飯を食べに行くことにしました。この街には数件レストランがあるのですが、日曜日にあいているのはここだけなのだそうです。
Dさんは左下のタコサラダ、僕はケサディアを頼みました。激うま~~!!というわけでもありませんでしたが普通においしかったです。ウェイトレスとの超白人のおねいさんはとってもフレンドリーで親切でした。でも、どうしてもこれはDさんと一緒にいるからで、もし僕が一人で来たら、どんなサービスになっていたのだろうと勘ぐってしまう、いやな自分がいました(汗)






夕飯を食べたらホテルに戻って眠るだけです。
夕焼けがとってもきれいでした~

お帰り前のこちらのクリックもよろしくお願いします!~(*´Д`)ノ
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリック応援よろしくお願いいたします~
この日記は前回の続きです~
1.アメリカでの国内旅行
2.お義母様、はじめまして・・・
3.お義母さんとの第2ラウンド
4.アーカンソーの田舎町
5.Dさんの弟家族
6.ニジマス釣りに挑戦!

emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji


初のニジマス釣りはランチの食材調達の意味もあり、ノルマがありましてノルマを達成しないとランチがないという状況でしたが3人で力を合わせてしっかりノルマ達成できてほっとしました。水面を眺め集中するときの静寂と釣れた時の達成感は気持ちいいものです。雑念の多い多忙なこの世の中で、どうして弟くんをはじめたくさんの人が釣りにハマるのかが少しわかったような気がします。
ニジマスランチを食べてのんびりした後は、片づけをして弟くんの提案で皆さんで記念撮影をして帰ることになりました。左から、僕、Dさん、奥さん、娘さん、弟くんです~。一応ボカシなしのしゃしんです~!(笑) このボート釣りツアーではしっかりとリラックスできたし、一緒に楽しい時間を過ごしたおかげで、心も近くなり本当にいい思い出に残る出来事になりました。










帰る前に弟くんが絶壁の見える絶景があるんだよ~とそちらのほうにクルーズしてくれました。写真ですといまいち絶景感がわからないのですが、実際に見ると目の前にそびえたつ岸壁がなかなかの迫力でありました。この場所は川底が深くなっているので冷たい水を好むニジマスがたくさん生息しているとのことでしたので、釣り人もこの辺りにはたくさん来ていました。
   
今気が付いたのですがこうして写真で見ていると、今回この参加者はみなさんブルーグレー系の服で統一していましたね(笑) 弟くんは、一人でボートの操作をして車に乗せて、釣りの竿の支度をしたり、BBQの準備をして、魚をさばいてと大活躍でした。これぞアメリカ~ンなストレート男子という感じです! Dさんと僕は彼のように華麗なアウトドアーライフをしないのでとっても貴重な体験でした。

弟くんには感謝感激雨あられです~♪








家に帰ったら、夕飯はどこかに食べに行こう~と言っていたのですが、奥さんが家でのんびり食べましょうよ~と提案。みんなで川遊びしてきて、夕飯を作ってもらうのは忍びないな~と思ったものの、奥さんがDさんの猛母がルイジアナから一切凍らせていない新鮮なエビをくれたので、新鮮なうちにそれを調理したいから~というので僕も手伝って夕飯を作ることになりました。
彼女が作りたかったのはエビとトウモロコシとジャガイモの少しスパイシーなルイジアナ風のソース和えでした。彼女は初めて作るものだから~と僕にいろいろと聞いてくるのですが、ルイジアナ風の料理なんぞ作ったことのない僕の意見はあまり参考にならず、手伝ったといっても僕はエビの頭と殻をむいただけでした(笑) これに奥さんは手作りのビスケットも添えてくれました。

豪快にベーキング天板の上にルイジアナ風のソースを絡めた料理をテーブルに乗せみんなでつつきながらの夕飯でした。
おくさんの初のルイジアナ料理は皆さん大満足で美味しくいただけました~。
ご馳走様でした!








夕飯の後は弟くんと娘さんの提案でコーンホールゲームなるものをやってみました。これは1チーム2人が2チームに分かれ、互いの反対側に置いた板の上にあいた小さな穴をめがけて、豆の入ったお手玉のようなものを投げて得点を競うゲームなのだそうです。板の上にお手玉が乗れば1点、うまく穴の中に落ちれば3点で、21点を先に得点したほうが勝ちというとってもシンプルなゲームでありました。
これは弟くん家族がコスタリカに旅行に行ったときに現地の人たちがビーチで遊んでいて、一緒にやらせてもらい楽しかったので、弟くんがゲームの板を一組作ったとのことでした。最初は弟くんと奥さんがチームで、娘さんとDさんチームと対戦しました。運動神経の良い弟くんは次々に3点ゴールを決めていきまして、なかなか得点できないDさんと娘さんチームを引き離します。

途中、奇跡的にDさんが数回3点ゴールを決めて接戦となりましたが、結局は奥さん弟くんチームが先に21点を取り勝利しました。第二ゲームは僕と娘さんDさんと奥さんがチームになりシーソーゲームとなりましたが、最終的にはDさん奥さんチームが勝利しました。単純なゲームでしたが、頭を使わない分すっきりと楽しくゲームに興じることができました~!

お帰り前のこちらのクリックもよろしくお願いします!~(*´Д`)ノ
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリック応援よろしくお願いいたします~

↓何人ここにいるのかな?
人です。。。
名前:JapanSFO 男性 双子座

こんにちは
男性の好きな男性同士
カップルのたれ流し的生活日記


自己紹介 続き・・・

07 2019/08 09
S M T W T F S
2 3
5 6 8 10
11 13 15 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Instagram
emojiインスタグラムを初めてみました~!
@japansfoで検索してもらえると見つけられると思います。

ブログにのせた写真を載せるだけのものですが、チェックしてみてくださいね
こちら★⇐をクリックすると直接リンクします
最新コメント
コメントありがとうございます
<(_ _*)>
御返事差し上げたコメントには
pen.JPGのアイコンがついています

[08/20 ree]
[08/18 Rockville]
[08/17 こぐれん]
[08/17 ree]
[08/16 小熊erica]
[08/14 マッチョかーさん]
[08/14 ree]
[08/13 Rockville]
[08/13 ree]
[08/11 TKGREG]
ハタラク
Cocoの日記
Cocoです。San Franciscoです。
台湾から来た白い犬の日記



コメント&メール フォーム
このブログにコメントを残さずに
メールを送りたい時お使いください
100%返信いたします♪
~~~~~~~~~~~~~~~
書き終わったら
 (確 認)ボタン  押してください
カテゴリー

ブログランキング
↓クリックするとこのブログが
何位にあるかわかります☆↓


↑ブログ村↑

6e2f221d.JPG
↑人気ブログ↑

3804c662.JPG
↑FC2↑

お帰り前にクリックしてください♪
ブログ内検索
PV
Template by Crow's nest
忍者ブログ [PR]