忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4
アメリカ西海岸の小さな町で 付き合い丸21年の2人
米国人彼氏Dさんと雑種犬Cocoと共にひっそりと 慎ましく暮す男の
地味でありふれた たれ流し的日常生活日記




コメント歓迎です~☆   ゲイの方 大歓ゲイ☆   リンクはご自由にどうぞ~♪

現在どちらからアクセス中?

カーソルをに合わせるとアクセスポイントが出てきます!

↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
b1ff9625.gif     
クリックお願いいたします

メールも気軽に下さい~JapanSFO@gmail.com~♪
南仏旅行のどうでもいい追記載せておきます
写真のチェックをしていてこんな写真撮ったんだ~という感じで
あまり記憶にもない写真ですが せっかく撮ったので掲載!








まずこの写真 ニースの海岸線の美しい大通りPromenade des Anglais
ハワイでいうとカラカウア通りみたな 高級ホテルが達ならび
目の前に真っ青な海が広がるNiceでもたくさんの人が訪れる有名な道にありました

その高級ホテルに挟まれてこじんまりとしたこのバー
別にここへ行くのが目的ではなく 海岸線を歩いていたら偶然発見
そう~男性の好きな男性の集まるバーです
25 Promenade des Anglais 06000 Nice
+33 4 93 806 340
僕たちは旅行でこういうところまずいかないんです
今更行っても別にどうってことないし 別に珍しいものでもないし(笑)
もともとそんなに飲みに行かない人たちだし

特に旅行の目的地がフランスのようにゲイフレンドリーな場合 普通のバーでも
レストランでもごく普通に気兼ねなく飲めるので必要ないって感じです
東南アジア系だとまた独特の雰囲気&楽しみがあるので覗くことがありますね♪









今回よく見かけたのがこのようなアジアン系レストラン これはニース
臆面もなく全面的にミックスしております系レストラン(笑)
もちろんちゃんとした日本食レストランもありましたけど
こういうのが多くて思わず笑ってしまいました
やっぱり ヨーロッパの地方都市だと知名度の低いアジアン系は生き残りをかけて
いろいろなものを盛り込んで売り込んでいかないといけないのかもしれない(笑)









こちらはイタリアのVentimigliaで見かけた中華系レストラン
門構えが凝っていて立派でして 米国でも見かけそうな感じ
本格的な中華レストランか!?と思わせるようなお店でした
しかしながら この写真の右下にある黒板に注目すると
いや~やっぱりこちらでも生き残りをかけて
チャンポンメニュー政策を行っているようでした



それではそのランチメニューの拡大写真をご覧ください
Cinese(中華?), Thailandese(タイ), Giapponese(日本?)と見事に3か国コンビネーション
英語に慣れているとこういうスペルが新鮮でかわいく感じます(笑)
一体どんな料理が出て どんな味なのかとっても興味ありまして
試してみたかったのですが Dさんから即却下の返事がきました
そもそもこの日はイタリアでイタリアンランチを食べる予定でしたので理解できますが

こういう訳のわからないコンビネーションランチを食べれる機会もそうあるものでもないので
ぜひ試してみたかったのですが夢かなわずとなりました
酢豚に グリーンカレーに刺身コンビネーションでも出るのかな?(笑)









食べ物ついでにニースでのマクドナルドはこういった感じの
タッチスクリーンのキオスクでオーダーすることができるそうで
いちいち列に並ばなくてもいいようになっているようです
でも・・・フランス語で数字もわからない僕たちは
出来上がってレシートの数字をフランス語で呼ばれてもきっとわからないことでしょう
米国でこれが導入できないのはきっと米国人のクレームの激しさがあるのかもしれません

自分でオーダーしてもきっと食べて気に入らなかった場合
機械のせいにして返品&返金を求める人が多いだろうし
物の扱いが半端でなく雑な米国人はこういうのすぐに壊してしまいそうです







それで最後にお約束の下ネタ系
ニースでもカンヌでもフランスの街には何故か薬局が多くありました
緑の十字架のネオンがきらきら光ってよく目立ちました
その片隅にはたいていコンドームの自動販売機が備え付けられていまして
この写真のやつは最新バージョンという感じでしたけど
手動の古い型の自販機もたくさんありまして皆さん活用している様子

せくすは素晴らしいもの しっかり自分を守って
正しく楽しい時間を過ごすようにしてもらいたいですけど
目抜き通りにおいてあるこういう自動販売機

人目が多いと利用するのもちょっと恥ずかしく
自分で対面販売で購入した方が楽なような気がします・・・







おしまい★  
 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリックしてからお帰りくださいませ~
PR
この日記は続きものです
1. 旅に出ます
2.UAはやっぱり最悪だった・・・
3.コートダジュール
4.カンヌの街散策
6.アンティーブ
7. ピカソとフォアグラ!
8.Happy Birthday on the Beach
9.ニースに到着
10.イタリアへ行ってみた
11. モナコ公国
12.カジノ モンテカルロ
13. シャガールとニース観光
14.ニース紺碧海岸は本当に碧かった
の方を先にご覧になった方がわかりやすいかと思います





emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji



さてニース滞在も終わります 米国の方へ帰ろうかね~と荷造りをして家に戻る準備
ニースではタクシー業界は すべてではないにしても胡散臭い人が多いらしく 
言葉の通じない観光客にはとんでもなく吹っかけるので注意をしましょう~と

いろんなところで言われていましたので 帰りも信頼のできる
ようこそツアーさんの方でアパートから空港まで送ってもらうことにしました
ちなみにここの会社とってもいいです ほんとお勧め
運転手さんのPhilipさんは日本語英語フランス語が堪能でとっても親切
僕たちのフライの遅れで予定が急遽真夜中になっても笑顔で対応してくれたし
送り迎えだけでなくいろいろな楽しいツアーも取り揃えているようですので

言葉がちょっと不安とか足腰に自信がないな~というときには
親切で明朗会計 信頼ができるので是非ご利用することをお勧めします♪
Philipさんのおかげでこの日もちゃんとオンタイムで空港へ到着できました~

カンヌ アンティーブ ニース モナコ ヴェンティミリア
楽しい思い出をありがとうございました~(よく食べたおかげで体は重くなってしまったけど…)
心は軽くなりまして おかげで心身ともリフレッシュすることができました 




 





飛行機は ニースを出てドイツのフランクフルト空港へ向かいます
ちょうどスイスのアルプスの山々を超える路線だったらしく
雲の上にそびえたつ冠雪した山頂は大変素晴らしいものでした
ニース発フランクフルト行のルフトハンザ便の乗り心地は決して悪いものではありませんでした
ネットの批評ではかなりの酷評を受けているルフトハンザですけど
実際乗ってみるとサービスはこまめにやるし 客の対応もまともで全く不快感無しです









しかし残念ながら僕たちの乗った便はオンタイムではなく
そうですね~30分くらい遅れてしまいました
でも どうせ次の乗継はUALどうせまた遅れるから大丈夫か~と思ったのですけど
僕たちの便 飛行機が止まるまで空港でうろうろのんびり迷走
そしてボーディングブリッジではなく飛行場の変な所で止まり
僕たちは階段で地上に降り バスでターミナルに行くという形に・・・









ただでさえ乗り継ぎの時間が短いのに 飛行機到着時間が遅れていて
その上 こうして迷走&バスを使わなくてはいけないことになり
何とか次のUALのターミナルに着いた時はもう搭乗開始時間になってしまいました
こういう時に限ってUALってオンタイムで出発してくれるんですよね~
おかげでラウンジを使う時間もなく ランチを食べる時間もなく
それにアメリカ行きの便って再びセキュリティチェックを受けなくてはいけないため

満席の便だったらしく ぐちゃぐちゃ状態ゲートでドタバタとなってしまいました
あとは飛行機の中でひたすら眠り 気が付いたら到着していたという感じ
UAのサービスはルフトハンザ航空に比べると劣るけど そこまでひどいものでもなかったです





 





そうそう~最近UALの国内&国際線の飛行機に乗って気が付くことなのですけど
ドリンクサービスや食事の後の片づけにアテンダントさんがこんな感じで
ビニールの手袋をして片づけているんですよね・・・
最初見たときは違和感があって驚きましたけど そんなものかな~?
今ではほとんどの便で皆さん一応にこういう手袋をしているんです
でも 考えてみるとやっぱり変ですよね

ANAやルフトハンザではこういう手袋しているアテンダント見たことありません
どこのレストランで片づけにウェイターが手袋するでしょう? 飛行機だから?
100歩譲ってそれじゃ~ファーストクラスでの食事の片づけに手袋使うか?








つかわないとおもうんですけどね・・・
もちろん一気に200も300もの食器を片付けるのには手が汚れますし
とっても実用的な方法であるとは認めますけど やっぱり・・・

これって食事をする人にとっても失礼なことだと思うのですけど
他の皆様はどうお考えになるでしょうか?
僕はレストランでこれやられたらちょっとやだな~というのが素直な感想
これじゃあまるで汚物処理つまり人が食べた食後の食器掃除は汚物ということかな?
UAに乗るといろいろなことを考えさせられます(笑) 
外を見てみると緑深いアイスランドを飛び 氷で覆われたグリーンランド上空を飛び












飛行機はちゃんとCocoのいるサンフランシスコへ無事到着しました
この旅行の間Cocoは犬友がいる僕の同僚の家にお世話になっており
他の犬友と仲良くできたようで 大変充実した日々を送ったようです
僕たちが家に現れると もう今まで見たことないくらいの熱烈大歓迎!
DさんはCocoに久しぶりに会えて悶えて嬉しがっておりました(笑)
アレルギーで茶色くなっていた肌も白く戻ってきました♪





これにて 旅行記終了とさせていただきます
長い間のお付き合いの方ありがとうございました
この次からは通常日記となります~

おしまい★  
 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリックしてからお帰りくださいませ~
この日記は続きものです
1. 旅に出ます
2.UAはやっぱり最悪だった・・・
3.コートダジュール
4.カンヌの街散策
6.アンティーブ
7. ピカソとフォアグラ!
8.Happy Birthday on the Beach
9.ニースに到着
10.イタリアへ行ってみた
11. モナコ公国
12.カジノ モンテカルロ
13. シャガールとニース観光
の方を先にご覧になった方がわかりやすいかと思います






emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji



ついにニースでゆっくりできる最終日となってしまいました
楽しい時間はあっという間に過ぎると言い その通りですが
結構長い間ゆっくりさせてもらった気分なので

そろそろ家に帰ってもいいかな~という気分でもあります(笑)
そんなラストスパート的なこの日 朝は近所のパン屋でクロワッサンを買い
カフェオレを片手に出発しました!パン類は好きなのですがそれほど強い興味もなく
麺類に比べると格段に差があり パン類クッキー類をそれほど食さない僕ですが
文句なしにこちらのフレンチベーカリーでできたてのものって本当に美味しいです!
このレベルのパンが米国で気軽に手に入ればうれしいものです

そういえばレストランで出される何気ないパンも
フランスではかなりの率で”おお~!”と思うように美味しいものが多かった気がします
作り方が違うのか?粉が違うのか? 美味しかったな~









これらの朝ごはんをかじりながら向かった先は 
旧市街地のはずれにある古城跡公園
こちらは小高い丘になっていて まじかでニースの街を一望できるスポットとなっています
階段も多く 急な坂もありますので歩くのには なかなか骨が折れるところ
頂上にたどり着くころには汗がかなり出てくるくらいです
右下の2人で撮った写真はなんか偽物の合成写真のようにも見えます(笑)




写真も数枚撮りましたけど 
やっぱり動画の方が雰囲気をもっとつかむことができるかな~?と思い
動画もとってみましたので載せてみます
いかがなものでしょうか?
海の青さがきれいに映り 頂上の雰囲気がわかるかと思います
手前に広がる茶色い屋根の三角部分が旧市街地






頂上には小さなカフェとお土産屋もありました
で~こんなお土産も売っていたのです!
妙に懐かしく感じる このお土産品
日本ではよく見かけるこれ・・・何て言うのでしょう? 壁掛け?ペナント?
東京タワーや京都 奈良の大仏などのお土産屋で似たようなものを売っているのを見かけます
日本だけではなくフランスのニースでもこんなのが売っているとは…

日本特有のお土産かと思っていましたけど どうも違うようです
世界共通の買っても困る もらっても困る代表的なお土産
このフランスでも健在のようです (笑)










さて十分にいい景色を堪能した後は 旧市街地の方へ戻りました
この旧市街地は 花市やマルシェでも有名なのだそうですが
僕たちが行ったこの日は骨董品市が行われていました~
いろいろと興味深いものがたくさん売っていましたけど陶器ににしてもガラスにしても割れ物はあまり持ち帰りたくないのでひやかす程度
シャガールの絵とか掘り出し物がないか探しましたがありませんでした・・・(笑)










ランチは地元の人気イタリアンで食べることに
ランチメニューが充実しているこのレストラン
何気に非フレンチ観光客はあまりWelcomeじゃないらしく一貫してフランス語のみ!
La milanesina
rue Dalpozzo 2
06000 Nice, France
どんなに英語でしゃべっても返ってくる言葉はフランス語でした~
周りも見ても確かに英語しゃべっている人がいない ちょっと気取ったレストラン
でもサービスは良かったし 料理も満足するものが出てきました

右上:白身魚のカルパッチョ 下段左:突き出しのブルスケッタ
下段中央:Dさんのエビとズッキーニのピザ
下段右:シーフードのリゾット Dさんのピザは本当においしかったです










しっかりお腹を満たした後は 先日とは打って変わって綺麗な晴天の下
コートダジュールを満喫しよう~!!と プライベートビーチへ出撃
ここでは一人20ユーロを払うとパラソル デッキチェアー 更衣室

シャワー レストランなどの施設が整ったプライベートビーチを使うことができます
すぐ隣はパブリックビーチになっていて一般開放されていますけど
自分でタオルをもって寝ころぶような形で いすなどの設備はもちろんなし

せっかくのバケーションですからちょっと贅沢させてもらいました
今まで曇りや雨の天気が多くあまり青い海岸線を見ることができなかったのですが
この日は目が痛くなるくらいの青さが広がり デッキチェアーで寝ころぶには最高の日になりました
上段左:手前が一般ビーチ タオルがじかにひいてあります 
そしてパラソル椅子がそろったプライベートビーチがその奥となっています
上段中:Dさんはライムギ畑で捕まえてを読んでいました

上段右:この日は海岸前ぎりぎりを飛ぶ飛行機が多かった
下段右&左:ご覧ください~この美しい景色を!(笑)
結局この日は6時近くまでここでまったりさせてもらいました

僕はちょこっと海でも泳ぎましたけど 海岸線は石で足が痛くなるし
海の水は結構冷たいし 波も高く あまり泳ぐのには適していないかも
カンヌの砂浜ビーチの方がこちらよりはずっと過ごしやすいですね















今回ビーチではケチったので(笑) バカ高いアルコール類は頼みませんでした
水を飲んで 本を読んで 仮眠して 心の洗濯をした気分
アパートに戻ってDさんはワインで 僕はフレンチビールを飲みました~
豚のロゴがかわいかったのでRince Cochon beerというのをスーパーで購入そして試飲
綺麗な金色で軽くとっても飲みやすいビールなのですが
アルコール分8.5%は僕にとってかなり高め 飲んですぐにガツーンと酔っぱらいました(笑)








2人とも気分がよくなったところで ニース最後の夕飯を食べに行きました
いろいろと見て回ったのですが いまいちピンとくるものがなかったところ
クレープ屋を発見! そうだ~フランスでまだクレープを食べていなかった!

ということでこのお店でフランス最後の夕飯を食べることにしました
右上:Monacoというビールのカクテル 写真だと綺麗に色が写っていませんが
綺麗なピンク色のビール 甘い花の香りがするフルーティーなビールカクテルでとっても美味しかった~
3 place Grimaldi
06000 Nice
左下:僕の生ハム&クルミのガレット Dさんはチキンとマッシュルームのホワイトソースガレット
右下:デザートはバニラアイスとチョコレートとアーモンド
連日のフレンチから解放されてちょっと軽めの夕飯(デザートもしっかり食べていますけど…)

大食いの僕にはデザート付でもちょっと物足りなかったけど美味しかったので良しとしましょう~
Dさんはワインとこのガレットがとっても気に入ったらしく
SFに戻ってもまたこのガレット探して食べたい!と言っていたくらいです

SFには比較的クレープレストランがありますのできっと簡単に見つかることでしょうが
ここと同じくらい美味しいものが食せるかどうかはかなり疑問です
なんたって食べ物を天才的に不味くアレンジする国 米国emojiですから・・・(笑)







こうしてNICE最後の夜は更けていきました
いろいろな楽しい美味しい思い出をありがとうございました!
さて 次回はこの南仏 コートダジュール旅行記
最終章となります





つづく★  
 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリックしてからお帰りくださいませ~
この日記は続きものです
1. 旅に出ます
2.UAはやっぱり最悪だった・・・
3.コートダジュール
4.カンヌの街散策
6.アンティーブ
7. ピカソとフォアグラ!
8.Happy Birthday on the Beach
9.ニースに到着
10.イタリアへ行ってみた
11. モナコ公国
12.カジノ モンテカルロ
の方を先にご覧になった方がわかりやすいかと思います




emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji




この日は天気予報では雨の一日 その割には青空が広がっていました
でも降水確率は100%それならばと 晴れている間は街の観光をして
雨が降りそうになったら美術館に行けばちょうどいいのでは?と計画





それなら町の観光要所をさっさとまわれて その上ちょっと離れた美術館まで行ってくれる
Nice Le Grand Tourという観光バスに乗れば 止まりたいところで止まって
終わったらまた30分間隔で巡回するバスに乗って移動すればいいので利用しました
バスはこんな感じで巡回していて 料金は一人23ユーロ そんなに安くないです(汗)
でも下りたいときに下りて 乗りたいときに乗れるし
基本的な観光情報もバスの中の日本語を含む10以上の言語でのガイドもついていました











ところがこの日 運悪くNice Triathlonが行われていて観光バスの海岸線の80%が閉鎖
ルートが変更されてしまっていて楽しみがかなり半減されてしまう結果に・・・
でもこれもしょうがない~と受け止めて観光バスツアー出発です
上段右&左:地図でいうと5番のあたり政府関係の大きな建物
そして海側に回って3と4の周りをまわります ここは丘になっていてに街一望(中段右)
少し曇り空のため 綺麗だけどそれほど青い~!!海という感じでもありませんでした 

下段左:ニースモダンアートミュージアム
下段右:ヴィクトリア女王が以前滞在したという豪華なホテル
しかし今はアパートメントとなっているようでした






正直言って海岸線をとってしまうとこれといったハイライトはあまりないのですが
一通りニースの街の主要な部分を回りまして
お腹がすいてきたのでシャガール美術館で入館する前にランチ休憩
下段右:僕はニースサラダ ローストしたパプリカがアクセント
ごくごく普通においしいです(笑) 下段右:Dさんの鶏むね肉のソテー
かかっているマッシュルームソースが美味しかったけどあとはいまいちだったそうです(笑)







こちらの美術館はフラッシュ無しなら写真撮影がOKとなっていて
シャガールの有名な大作がたくさん展示されていて
どこかで見たような作品を生で見ることができ感激です

通常こういう有名作品はガラス入ったの額縁に収まっているのですが
こちらの美術館はガラスもなく柵もなく作品をまじかで 見ることができるのです
でも・・・ 警備員も少なく 僕が見たときは小さな子供が作品を直接触っていて 驚き!
これはまずいだろ~と英語で注意しましたけど理解していないらしく
近くにいた大人が僕の注意に驚き 慌てて作品から子供を離すというエピソードが・・・
その後この子供は数回作品に触っていましたけど若い親は携帯チャットに夢中らしく

あまり子供の方に注意を払っておりませんでした
作品を見るていてもその子供が気になってしまいやきもきしてしまいました~
無責任な親ってどこの国に行っても当たり前のことながらいるようです(涙)







1887年ロシア領ヴィテブスクでマーク シャガールはモイシェ・セガルとして生まれ
シャガールは東欧系ユダヤ人であり 妻ベラ一途に敬愛し
ベラへの愛や結婚をテーマとした作品を多く製作しました
シャガールはピカソと交友もあり同時期にこのニースに滞在していたそうです
そして彼はピカソに対しては極めて辛辣な評することが多かったのですが
実は気性の激しいピカソにしては珍しくけんかをしないほど仲がよかったそうです

上の写真は行動の壁にはめ込まれているシャガール作のステンドガラス
残念ながらこの時 外は大雨雷を伴う嵐になってしまい 大変暗い状態でした
ですのでこのステンドガラスも暗くなってあまりきれいに写真には写りませんでしたけど

肉眼ではしっかり綺麗な色の度合いを鑑賞することができました!
これほどたくさんの有名なシャガールの大作を一度に見たことがなかったので
もう何とも言えない満足感と高揚感を体験してしまいました






シャガール美術館に数時間いたとき大雨が降ってきまして
雷を伴うかなり激しいものになってしまいましたけど
美術館を後にする頃はだいぶ小降りになってきまして
再び観光バスに乗り込んで街中に戻ってきたら まだトライアスロンやっていました~
朝かなり早い時間からはじまっていたようですけど午後4時になってもまだ走っているとは…
僕には絶対できない類のスポーツですけど スポーツ選手が一生懸命の姿って見ていていいもの

しばしの間スポーツ観戦&応援させてもらいました~♪












嵐模様の一日でしたけど 夕方にはすっきり晴れ渡り
コートダジュール 紺碧海岸のその名の通りの深く青い海
その青さと空の青さが一体化して永遠のブルーが広がります 本当にきれいです
しかしながらこのニースビーチは石ころビーチでして 
カンヌのような白浜のビーチではありません その為Pebble Beachという 愛称があるのそうです
9月の終わりですが日中は25度以上になり まだまだ海で泳ぐことができるようです

この日もたくさんの人がこの青い海で泳いでいましたので 僕たちも次の日は
ニーズビーチでゆっくり海水浴&のんびりとした一日を過ごそうと計画しています








この日の夕飯は なかなかいいところを見つけることができず
結局 ガイドブックにあって唯一開いていたお店の方へ行くことに
ニースでは観光客相手以外のレストランは軒並み日曜日は休みのようです

そんな中 僕たちには似合わず少しだけいつもより高級そうだったのですが
それでもまだカジュアルな感じのするこのお店の方で夕飯を食べてみることにしました
さすがに他のお店が休みなだけあって僕たちが来て30分くらいでお店は満席になってようです

フレンチイタリアンのお店のでしたので イタリア流に前菜にフォアグラ(右上)
最初の料理のパスタは季節の野菜のフェトチーニ(右中)
メインに僕はステーキ Dさんはカモのコンフィ(左下)をいただきました
5 Rue Massena
06000 Nice, France
料理自体はとっても美味しく文句のつけようがないくらいのレベル
しかしながら僕たちの担当のウェイトレスがちょ~っといまいちでして
料理を間違えるわ~ 他のところでワイングラスひっくり返して大騒ぎになるわ~

その失態を彼女が片づけている間に僕たちのメインが出来上がったらしく
いつまでたっても出てこない そして他のウェイターが見かねて持ってきた時には
もうその料理は冷めてしまってい冷たくなっている始末

もちろんのことながら文句言わせてもらいまして
熱々のものを作り直してもらうことにしました
まあ、旅行って100%完璧なことってありえませんし

こういうあちゃ~みたいな出来事が後になって微笑ましい思い出になったりするものですから
僕たちもあまり目くじらを立てず まぁ~こういうこともあるよね~と流すことにしました(笑)
 






つづく★  
 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリックしてからお帰りくださいませ~
この日記は続きものです
1. 旅に出ます
2.UAはやっぱり最悪だった・・・
3.コートダジュール
4.カンヌの街散策
6.アンティーブ
7. ピカソとフォアグラ!
8.Happy Birthday on the Beach
9.ニースに到着
10.イタリアへ行ってみた
11. モナコ公国
の方を先にご覧になった方がわかりやすいかと思います







先ほど米国の方へ戻ってきました~
しかしながら旅行記は時差がありましてまだ続きます
ご了承くださいませ!
emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji







しっかりランチを味わった後は 今度はモナコマルシェの方へ行ってみました
マルシェは庶民の台所だけあって金持ちと言えども基本的に食べるものは同じようなもの
マルシェ自体はそれほど他とは代わり映えしないと言えば当たり前ですけど

とんでもないお金持ちが住むところだから 
普通の人が目にしない高級食材があったりして~と思ったのですが 
やっぱりそういう訳でもなかったみたいです(笑)

写真の右下と左上は宮殿の上に掲げられていた旗
たぶん家の紋章なのでしょうけどよくわからなかった…
王家と言えば現在の王の母である元女優のグレースケリー公妃が有名ですが
正直言って僕はこの女優さんのことあまり知りませんでもいろいろな逸話は聞きます
1957年に妊娠をマスコミに悟られないようエルメスの鞄で腹を隠し
この事でバッグが有名になり商品はケリーバッグと改名されたことや

1982 年9月13日 自分で運転して南仏の別荘からモナコに戻る途中に脳梗塞を発症
そのまま急カーブの坂道で ガードレールに激突 崖を40メートルほど転落して
自動車は大破 事故後すぐに病院へ搬送されたが意識が回復しないまま翌日に死亡

モンテ・カルロでは1日全てのカジノの営業を中止して喪に服したなど いろいろと聞きますけど 
Dさんによると女優としてはそこまで有名でもなく数作の主演映画に出て 
カンヌ映画祭の時にモナコ王子と知り合い結婚で超有名になったそうです







宮殿のある旧市街地地区を後にして丘を下って
豪華な一つ数十億するようなボートが沢山停泊している
モナコマリーナの脇を通って モンテカルロ地区の方へ向かいます

映画007の舞台になったモンテカルロ・カジノは1800年代後半に建てられた豪華なカジノ
ベルエポックの至宝とも呼ばれ豪華絢爛にできています
残念ながら内部は写真撮影できなかったのですが 建物内部がすごいフランスの宮殿のよう!

上段右&左:モンテカルロ・カジノの豪華な外見
中段左&下段右:高級車がずらりと並びます
下段左:ホテルパリス 一番安い部屋が一泊10万円 スイートが500万円なんだそうです!
こういうところでお金持ちはギャンブルをして楽しむのですね~
建物の割にはギャンブル場そのものはそれほど広くなく
メインにカード&ルーレット そして両サイドにラスベガスでも見られるようなスロットがあり

ゲームの内容もほとんどラスベガスなどで見られるものと同じでそれほど目新しくないけど
ルーレットやカードゲームの上限などはすごく高そうです
僕も記念に5ユーロ分だけスロットしておきました 庶民にはこれで十分(笑)

よく知り合いでだれだれはお金持ちだよね~とか 
自称お金持ちなんです!みたいな人は周りにいるけど
ヨーロッパのお金持ちってそんなのとは桁違いな人がごまんといるんだな~と実感

この世の中は基本的に不平等です!(笑)







モナコを後にして いったんアパートメントの方へ戻り休憩
観光は意外とたくさん歩くので疲れますし カロリーも消費します
普通に働いているとほとんど歩かないし車の移動だし 結構いい運動です
休憩の後は夕飯探しとなりました で~街を歩いていると夕焼けがとっても綺麗でした
夕飯探しって意外と大変 ここは観光地なうえ週末が重なると美味しいお店はもう席がない!
予約も取れず 夕飯難民になってしまいそうなところでしたが







変な観光客相手のお店はたくさんあいているのですけど それより それじゃあ~
最初の日に行ってとっても美味しかったお店に行ってみよう!と行ってみたら
何とかひと席だけ開いていたよう 僕たちの後の人たちはすべて断れていました ラッキーです
それに前回とはメニューも一新していて新しいものを楽しめました!やっぱりこのお店いいですね~
僕は今回前菜にエスカルゴのパイ包み(左下)とメインにはHakeという白身魚(右上)
Dさんはステーキとフォアグラ(右下)を頼みました

Hakeという魚が日本語で何なのかちょっとわかりませんけど
白身のとってもやわらかい上品な味がしました
ソースも脂っぽくないあっさりした感じがとっても食べやすかった~

Dさんのステーキはもう絶品の一言 フォアグラの濃厚な味とマッチしていて
このようなコンビネーションはもうカリフォルニアでは味わえないもの
Dさんは心から楽しんでいたようでした♪









食後にニースの夜の街の散策
カンヌと違ってニースの人は宵っ張りが多いみたいです
夜遅くまで開いている店もたくさんあり
結構遅くまでお店の方も 特に観光地域はにぎわっていました
今ピークシーズンから外れているといってもこんな賑わい
ピークシーズンの時はいったいどれだけの混雑になるのだろう?














つづく★  
 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリックしてからお帰りくださいませ~

↓何人ここにいるのかな?
人です。。。
名前:JapanSFO 男性 双子座

こんにちは
男性の好きな男性同士
カップルのたれ流し的生活日記


自己紹介 続き・・・

11 2017/12 01
S M T W T F S
3 4 6 8 9
11 12 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Instagram
emojiインスタグラムを初めてみました~!
@japansfoで検索してもらえると見つけられると思います。

ブログにのせた写真を載せるだけのものですが、チェックしてみてくださいね
こちら★⇐をクリックすると直接リンクします
最新コメント
コメントありがとうございます
<(_ _*)>
御返事差し上げたコメントには
pen.JPGのアイコンがついています

[12/15 ロクデナシ]
[12/14 こぐれん]
[12/14 Snugglebutt]
[12/14 ree]
[12/14 ロクデナシ]
[12/13 マッチョかーさん]
[12/13 ぴろりん]
[12/13 TKGREG ]
[12/13 東海岸まっすぐ]
[12/12 kachita]
ハタラク
Cocoの日記
Cocoです。San Franciscoです。
台湾から来た白い犬の日記



コメント&メール フォーム
このブログにコメントを残さずに
メールを送りたい時お使いください
100%返信いたします♪
~~~~~~~~~~~~~~~
書き終わったら
 (確 認)ボタン  押してください
カテゴリー

ブログランキング
↓クリックするとこのブログが
何位にあるかわかります☆↓


↑ブログ村↑

6e2f221d.JPG
↑人気ブログ↑

3804c662.JPG
↑FC2↑

お帰り前にクリックしてください♪
ブログ内検索
バーコード
♪♪♪
アクセス解析
PV
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]