忍者ブログ
アメリカ西海岸の小さな町で 付き合い丸19年の2人
彼氏Dさん&犬Cocoと共にひっそりと 慎ましく暮す男の
地味でありふれた 日常生活日記



コメント歓迎です~☆   ゲイの方 大歓ゲイ☆   リンクはご自由にどうぞ~♪

現在どちらからアクセス中?

カーソルをに合わせるとアクセスポイントが出てきます!

↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
b1ff9625.gif    
クリックお願いいたします

メールも気軽に下さい~JapanSFO@gmail.com~♪
Mt.Shastaから戻ってきて 
次の日はMさんにとって米国滞在のフルで過ごせる最終日
楽しい時間はあっという間に過ぎ去ってしまうものです





お昼ご飯は何が食べたいかということでしたが
やっぱりサンフランシスコに来たのですから
飲茶を食べなくっちゃね~ということで 飲茶に行って来ました
P1020549.JPGP1020551.JPG








サンフランシスコにももちろん美味しい飲茶は沢山あるのでしょうけど 値段が馬鹿高かったり
激混みだったり 店が汚かったり サービスがいまいちであったりすることが多いので
うちの職場の中国人の方に お店がきれいで値段が手頃で 美味しい飲茶はどこか聞いたところ





このお店を紹介してくれました♪
Asian Pearl
3288 Pierce St
Richmond, CA 94804
P1020552.JPG
写真にのっていないものもまだまだありますが3人でしっかり堪能させてもらいました
紹介してもらっただけあって店が清潔で サービスもよく どの料理もとっても美味しかったです
Mさんだけでなく僕もDさんもしっかり満足できました

やっぱり餅は餅屋に聞け!じゃないですけど
美味しい食べ物はその国の人に聞くのが一番ですね~
意外な発見があるかもしれません♪






その後は SFでのバケーション最終日をどんな風に過ごしたいのか聞いたところ
アウトレット系の買い物をして後はのんびり散歩でもしたいな~ということなので
靴を中心に買いたいMさんを連れて行ったところが~
P1020554.JPG
Nordstrom Rack Downtown San Francisco
555 Ninth Street
San Francisco, CA 94103
(415) 934-1211

こちらは まあ高級系のデパートNordstromのアウトレットに当たるお店で
比較的質のいいものがアウトレット価格で手に入るお店でして
靴だけでなく洋服リネン鞄なども買うことができます・

このお店Mさんのツボにはまってしまったらしく
目がウルウルして 買い物意欲にスイッチが入った模様~
ちょこっと覗く程度だったところが 2時間近く?いて靴4足をお買い上げになりました♪

いや~楽しんでもらえてよかった良かった!
それにしても女性って本当に買い物が好きだな~(笑)








さて しっかり買い物をした後は本来の目的 SFの散歩
どこを散歩しようかね~と考えていたところ Cocoがまだ行ったことがない所
それじゃ~男性の好きな男性の街Castroはどうか?ときいたところ
P1020560.JPG
Mさんもノリノリの乗り気ですので Cocoカストロデビューが決まりました
今までいくらでもCastroに行く機会はあったのですが
実際には一度もCocoをつれて行っていなかったのです

カストロは男性の好きな男性の集まる町ですし(笑)
なんとなく他人の目を意識してしまいます
そんな場所でも関係なくCocoは所かまわずもしてしまいます

僕は犬なんだから別にいいじゃ~んと思っていたのですが
DさんはカストロでのCocoのそれらの問題もあり乗り気じゃなかったので
結局今まで行かずじまいだったというわけなのです





実際行ってみて Cocoは小のほうはしたものの
道のど真ん中でもなく わき道にそれた時にしたし
の方は全くしなかったので ホッとしました

驚いたのはCocoがあるクマ系の男性のところへ突然嬉しそうにジャンプしてしまい
Cocoは熊系が好き?なのか と思いつつ(笑) 申し訳ありません~と謝ったところ 
この男性が 僕のバックに犬用のスナックが入っているからじゃないかな~?と

わざわざバックから犬用のスナックを取り出して スナックあげてもいい?と
僕の許可を得た上でCocoにあげてくれました
いや~ Cocoやりますな~ まるでえさを与えていない飼い主みたいで恥ずかしかったです(笑)
P1020564.JPG
Castroの散歩をそのまま延長して
ゲイビーチとの異名も持つDolores Parkのほうまで行ってみました
動画あります





この日は天気が良かったものの少し風が冷たく
期待していたほどの人たちが裸で日光浴をしていませんでしたが
それでも数人の人たちが パンツ一丁で日光浴していてMさん大喜びでした
P1020567.JPG
この写真だとちょうどCocoの視線の先辺り(笑)
この公園のベンチでのんびりとコーヒーを飲みながら しばらくボーっとして過ごしました





その後はゴールデンゲートブリッジを通ったりして
そのまま家に帰りまして 暫しの休憩




Mさん SFバケーションの最終日の夕飯は何が食べたいか聞いたところ
できれば外食ではなく 家でゆっくりと食べたいとのことですので
辛いもの&エスニックが好きなMさんのために タイ料理を作ってみました
P1020569.JPG
グリーンパパイヤサラダ トムヤムクン グリーンカレーというメニュー

グリーンパパイヤサラダの場合 いつもは既に細切りになっているパパイヤを買うのですが
今回はどこも売っていなかった為 家で細切りにすればいいや~と思って 
グリーンパパイヤのそのままの果実を買って来ました

グリーンパパイヤは中身が真っ白で皮が緑
サラダの視覚な美を考えると緑が残っていた方がきれいだな~と思い
皮をむかずに そのまま細切りにしたら・・・



大失敗!





グリーンパパイヤの皮って 激苦なんですよ・・・
口が曲がってしまうほど(笑) 苦瓜が好きな人は平気かもしれないけど
そうでもない人にはとてもじゃないけど食べれませんでした

幸い調理中にそのことに気がつき作り直すことができましたが
2度手間になってしまい なんとなく疲労感も2倍になってしまいました(涙)
皆さんも グリーンパパイヤの皮には気をつけてくださいませ・・・



グリーンカレーの方は具材としてタイ風の玉葱やマッシュルームではなく
カンボジアの友人から教えてもらったで米国南部でよく食べられる
カラードグリーンを入れたみたところ これがGoodマッチ! 大変美味しかったです♪

多少の失敗はあったものの
最終的にはどれもまあ間の仕上がりになり
MさんもDさんも喜んで食べてくれました






翌日Mさんは あっという間のゴールデンウィークのSFバケーションが終わり
日本へ戻って行きました
P1020578.JPG
それにしても 高校時代からの友人が性別とか 同性カップルだからとかなど関係なく
こうしていい友好関係を保つことができ 友人の少ない僕としては嬉しい限りです

年に一度 または数年に一度しか会えないけど
会えばあっという間にその距離を縮めることができ
べったりでもないそれでいて 他人行儀でもない心地よい関係

こういう友達ってほしいからできるものではなく
気がついたらそばにいた というもの
だからこそ もっともっと大切にしていきたいものだと 今回の訪問で感じました


日本の皆さんはゴールデンウイークを楽しく過ごすことができたでしょうか?



おしまい


www88_31_3.jpg banner_03.jpg c_04.jpg 
 ↑ Please Click ~
PR
この日はMt.Shasta最終日です

昨日の残り物を使って僕達が泊まっていたキャビンでの朝食
調味料も調理器具もあまりないので立派なものは全くできません
P1020494.JPG
焼きたてのビスケットに プレーンオムレツ&ハムのシンプルメニュー
でも家以外のところで食べるとこれまた違った味わいがあるものです








しっかり朝食を食べたあと この日は家路につく前に
妖精の出る湖(笑)と また別の滝を見に行くことになりました
Castle Lakeというのが透明度の高い 大変きれいな妖精に出会える湖
P1020500.JPG
途中でこれまた Mt.Shastaがきれいな眺望スポットがありましたので
車を停めて記念撮影!  ここからだと女山男山がはっきり見えます
Mt.Shastaは何度見ても気持ちをよくさせてくれる山ですね







再び車を走らせて20分くらいでつくというCastle Lakeを目指します
そして20分経ったところで 周りが雪に覆われ車の進行が不可能になりました
車を停めて 林の方へ歩いていくとCastle Lakeのインフォメーションボードがありまして

どうやらここが Castle Lakeらしい・・・
でも 一面雪に覆われていて 湖らしいものは全く見当たりません








他の観光客に聞いてみると この雪で覆われた平らな場所の下が
厚い氷で覆われたCastle Lakeとのことでした~
5月でもこの雪でこのように氷が張っているとは驚きです!
P1020508.JPG
しょうがないので一応記念撮影してみました♪
顔隠さなくてもまぁ~平気ですよね・・・?








この後 この湖に程近いその名もFairy Fallという
それこそ妖精が出てくるらしい滝があるので
妖精を見たくてしょうがないMさんは 張り切っていました(笑)


舗装されていない山道を車で20分ほど走って
これ以上車がいけないな~というところで車を降りて
自分達の足で10分くらい山道を歩いて行くと 滝の音が聞こえてきます
P1020520.JPG
たまたまそこに居合わせた 毎年Mt.Shastaにくるという
アメリカ人老夫婦が教えてくださったのですが
今年は雪も多く 滝の水の量が例年になく大変多いそうです

通年ですと 右側の方に水が少し流れる程度で 左側まで水がきていないそうですが
今年は両方の滝に豊富な水が流れ出ていて 水しぶきがもうもうと上がります
この水しぶき 霧のような感じで体中に浴びると大変気持ちのいいものです






それでは滝の動画をご覧ください~
なかなかの水の量です
前日行ったMossbraeの滝とは正反対な感じの雄雄しい滝でした





この滝のハイキングコースは ぐるりと上の方を回って
滝を見下ろすこともできるとこのご夫婦にうかがいましたので
早速行ってみることにしました 
P1020532.JPG
かなり危なっかしいところを歩きますが 基本的には楽なコースです
先ほどの滝の水が流れ出る頂点付近から眺めることができ
いい天気であることも手伝って遠くまで見ることが出来るいい眺望スポットでした







これで全てのShasta旅行の日程が終わりまして 家路につくことになりました
また帰り道で さいごのMt.Shastaがきれいに見えるスポットがあり
P1020504.JPG
少しかさ雲をかぶった山を一枚撮っておきました
2泊3日のあっという間のショートトリップでしたが
国内旅行をあまりしない僕達にとって なかなかいいものでした

こうして車を走らせれば雄大な自然にも触れることができ
たくさんの癒しをもらえたような気がします
Mさんが提案しなかったらきっと出会えなかったことでしょう










そして家路はやはり450kmの道のりを4時間半かけて帰ります
もちろん運転の担当は僕になりました(汗)
今までいろんな食事をここ米国で堪能しているMさんですが

まだ アメリカの代表食 ハンバーガーを食べていないことに気がつき
それじゃ~ちょうどいいから~ということでお昼ごはんとして
比較的まともなハンバーガーショップ
P1020533.JPG
In&Outの方へ行って来ました
ここはチェーン店とはいえしっかりした食材を使い
味の方も悪くないハンバーガーを出しています

みんなでアニマルスタイルのチーズバーガーを楽しみました
Mさんも気に入ってくれたようです







お腹がいっぱいになってしばらく車を走らせると 眠くなってきます
ついでにガソリンも給油しなくてはいけないので
コーヒーも買えるガソリンスタンドへよったのです

僕は普通のアイスコーヒー
Dさんはアイスモカ
Mさんはソフトクリームをたのんだのですが・・・
P1020536.JPG
こんな食生活していたら あんなふうになってしまうのかしら・・・? と
Mさんがアイスクリームを持って見つめるその先には
7e58474d.jpg
キャッツアイの3姉妹がいました・・・(汗)







今回は盗みの時のコスチュームではなく
ひっそりと暮らす時の普段着でした・・・
25e9176a.JPG
これだけ大きい人を3人も乗せると車としては燃費が悪くなるのだろうか・・・?と
いらん心配してしまいました
プライバシー保護のため軽くモザイクも入れておきます










その後たいした渋滞にもあうことなく車は順調に家路に着き
Cocoをペット宿泊施設からピックアップしてきました

この旅行では基本的に僕はCocoを連れて行きたかったのですが
比較的まともな宿泊施設ってペットを敷地内に持ってくるのが禁止されていて
Mt.Shastaも国立公園だと動物に関しても厳しい規制があるかもしれないと思い 今回は断念したのです

しかしながら シャスタの公園では犬連れの人が多くいましたし
もう少し宿泊施設も探せばペットOKのところもあるでしょうから
もし次に行くとしたら 是非Cocoを連れて行きたいと思います







家に到着して お風呂に入ったりシャワーを浴びたりして
暫しの休憩の後 この日は3人で 僕達がお気に入りのフレンチレストランへ行くことになっていました
この前の週も例の連中の誕生日会でフレンチに行ったけれど・・・
P1020537.JPG
ここはあそこよりもずっと料理の質がいいので 前回のようなことはないはずです






Mさんはシャンパン Dさんは白ワイン
僕はアルコール抜き 単なるお水にしておきました
P1020538.JPG
今回のシャスタ旅行では大して飲めもしないのに
大酒のみの2人に付き合うように毎晩のように飲んでいたので
もうここでは食事だけを楽しみ 飲むのはいいや~と思ったからでした(笑)








まず最初は このお店の突き出しに当たるカニの前菜
P1020540.JPG
フォアグラとエスカルゴ
P1020541.JPG
小粒の生牡蠣
P1020542.JPG
これらは全て問題なく美味しかったです♪ フォアグラ激ウマ!
生牡蠣は山の中で食べたようなどでかいものではなく
かなり小粒ですごく新鮮で同じ食べ物か?と思わせるほど段違いに美味しいものでした

やっぱり前回のお店より比べ物にならないくらいいいです♪
値段もそう変わらないのにここまで味がサービスが違うのは一体どういうことでしょう?



しかし
メインで問題が発生!




僕は魚の料理が食べたかったのですがこの日はその料理が品切れ・・・
ネットのメニューにあったポークを頼もうと思ったら それはメニューからなくなっていました・・・
P1020543.JPG
第一希望も第二希望もこちらにはなく
ちょっとがっかり気味でしょうがなくフィレミニョン(ステーキ)にしました




でもね・・・




このステーキ そのがっかりを全て帳消しにして
プラスの要因しか残さないくらい激ウマでした!

肉質がいい! 焼き加減がいい! ソースがいい! 量も多すぎず少なすぎず!
全てにおいてパーフェクトでしたね~
これは嬉しい誤算です

ちなみにDさんもこのステーキ もちろん大喜びでした♪







Mさんの方はここのところの大食でちょっとお疲れ気味
その為 野菜のみでできているディッシュを頼んでみました
P1020544.JPG
アーティチョークをベースにいろいろな野菜が織り込まれていて
それをカレーソースでまとめているというものでした
疲れた胃にはこういう料理が一番いいのかもしれません







美味しい数々の料理を頼んだ後は デザートです
DさんはTahitienne Vanilla Bean Crème Brûlée
P1020546.JPGP1020545.JPG








Mさんは 奥のFrench toastSoft Caramel, Hazelnut Ice Creame
僕はWarm Valrhona Chocolate CakeBanana Flambée,
Rum-Raisin Ice Cream, Caramel Sauce.





 
ここはやっぱりサービスもいいし 雰囲気もいいし 食べ物もいい
いつ来ても期待を裏切らない いいお店です



帰り際に何故か? 
オーナーシェフが挨拶に来てくれて 今日の食事はどうだったか尋ねてきました

魚料理がなくて残念だったこと ポークがウェブサイトにはあったのに店のメニューにはなかったこと
でも ステーキがそれを帳消しにするくらい美味しかったなど伝えたら
大変喜んでくれ 今度来るときには予約の段階で料理を指定できる裏技も教えてくれました♪








2時間近くかけて ゆっくり食事をして
その間車の中で待っていたCocoはしっかり眠っていたようですが
僕達が帰ってくると これまた元気一杯で大喜びでした
P1020547.JPG
Mt.Shastaを降りて最後はフレンチ この日は一日長かったです・・・



つづく


www88_31_3.jpg banner_03.jpg c_04.jpg 
 ↑ Please Click ~
次の日 ゆっくり起きてロッジで簡単な朝食を作ってみんなで食べあと
車を出したところシャスタ山に雲かかかっていましたので
車を止めて記念撮影
山の頂上を覆いかぶさるように雲がそこだけ広がっています
その他はとってもいい天気なのできっとあれは高山特有の現象なのでしょう
富士山でもこうした曇ってよくかかっていますね








Mさんができれば Mt.Shastaにできるだけ近くに行ってみたいということですので
観光案内所でどこまでいけるのか聞いてみたところ
車では現在 1500mまで登っていけ ここから20分でつくということなので早速出発!
P1020420.JPG
車を走らせて10分くらいで両脇に雪が見えてきます
運転自体はそんなに急なのぼりでもないように感じられますが
町全体がすでに高いところにあるのでちょっと登っただけでこうなります

かなり厚い雪に覆われているようです






5月で20分下ったところは初夏の気候だというのに
この山ではまったくの真冬 一面雪に覆われていて
あまりの寒さにいったい何が本当の気候なのか悩んでしまいます
P1020430.JPG
その上この山の中はかなり風が強く 体感温度はおそらく零度以下
歩いて体を動かしておかないと 体が震えてきてしまいます
澄み渡った青い空と 真っ白な雪の色が目にしみます








Dさんはあまりの寒さに・・・

P1020446.JPG
なんか怪しい人になって歩き回っています
これならモザイクかけなくてもブログに載せることができます♪









このMt.Shastaは万年雪が残るそうなのです
街に降る雪も去年は2月で終わったのに今年は5月になってもまだ降り
この先まだまだ雪が降る予報が出されているそうです
P1020447.JPG
たまにこうして訪れるのならばきれいな雪山を見ることができてうれしい限りですが
実際に日常生活をこのような環境におくとなるとこれは大変なことでしょう

数週間前にこの山に登って遭難してなくなってしまったニュースを思い出しましたが
これだけ雪が多く 風が強く 寒いのならちょっとしたミスで命取りになるのも納得できます






St.Shastaの動画をご覧ください
歩いている怪しげな人がDさんでその隣がMさんです♪












しっかり冷えて 雪山を堪能した後は 山を下ってMossbraeという滝を見に行くことにしました
ここは観光案内所でMust See!の滝ということなので
多少歩くようですがせっかくですから 見に行くことになりました
P1020463.JPG
車を止めて 外に出てみるとここはしっかり夏の陽気
大変暖かく 日差しがかなりきついです
Monnbraeの滝にたどり着くには公道がないのです

ですからこうして現在も使われている鉄道の線路沿いを30分近く歩かなくてはいけません
僕たちは列車には遭遇しませんでしたが 平日ですと列車が汽笛を鳴らして
轟音とともに走り去っていくそうです







まだか?まだか?もうそろそろ歩くのに嫌気が差し始めるころ
やっとのことで滝が現れてきます
この滝は川から流れているというよりも 断崖から水が湧き出てこの様な滝を作り出しているようです
P1020465.JPG
荒々しい滝というよりは 水のカーテンを広げたようにゆったりと静かに流れる滝
周りの緑と流れる小川 マイナスイオンが豊富に漂っているのでは?と思える
そばに座って滝を見ているだけでかなり心が癒される環境です





それでは全体を見渡せる動画のほうもつけておきます
夏の日差しを浴びながら雪解け水の冷たい水を感じて
新緑の中に埋もれて何もしないでじっと座っているのってなかなかいいものです
さっきは真冬で今度は夏 Mt.Shastaはいろいろな楽しみ方ができるようです












そのいろいろな楽しみ方のまた別の方法が・・・
これ~温泉です♪
P1020484.JPG
Mt.Shastaからくるまで15分ほど北上したところに突如現れる
ロッジ形式の温泉です







このように個室がならんでおり
日本の温泉とはまったく様子が違いますが
P1020480.JPG
一人ひとり個室があてがわれるので
友人と来ても気軽に水着なしで温泉を楽しむことができます







ちなみに個室にはこの様なバスタブが備え付けられていて
蛇口からは薄い乳白色の硫黄泉が出てきます
結構熱くなりますから自分でお好みの温度に調整できるのもいいです
P1020479.JPG
僕は最初この胡散臭い施設にちょっと疑問を持っていたのですが
温泉に入ってそれも吹っ飛びました~
この温泉はかなり濃くいい温泉質です

入っていると体の芯から温まり 汗がどば~と出てきます
その上 温泉につかっているだけで肌がしっとりとしてきて
温泉から出てもローションつけなくても肌が突っ張りません

アメリカにもこんな温泉があるんですね~
驚きです







ここの施設はそのほかに 日光浴デッキ ドライサウナ
小川をせき止めた冷たいお風呂 (この日は約3℃でした。。。)などもあり
温泉とは別に宿泊もできるそうです
P1020482.JPG
雪山 ハイキング 滝とまぁぁ~
本日はいろいろと動き回りましたので
こうして温泉につかってゆっくりできるのは極楽極楽です







さてこの温泉は僕たちが泊まっているところよりもずっと北に位置するため
今まで僕たちが見てきたMt.Shastaとはまた違った山の表情をうかがうことができました
P1020485.JPG
なだらかに広がる裾野がちょっと富士山のように見えなくもないですね~
とってもきれいなのでここでも車を止めて記念撮影させてもらいました♪











さて 温泉ときて おなかがすいてくれば当然日本食?です
この街にはなんと日本人の方の経営のちゃんとした日本食レストランがあるそうなので
早速お邪魔してみることにしました~
P1020490.JPG





こんな山の中で 日本食?寿司ですか・・・?とかなり斜に構えているDさんを説き伏せて
日本食が食べたい日本人2人が押し切る形でやってきたというわけです(笑)
なんでもここはオーガニックの日本食を提供するそうです
P1020487.JPG

まず最初はきゅうりの酢の物とマグロのPoke
この2品は問題なく おいしいです!
Dさんの顔もほころびます





続いて揚げだし豆腐にさまざまな寿司
P1020488.JPG
揚げ出し豆腐はおいしかったです
寿司はまあ、普通かな?特別おいしいというものではありません
寿司飯のほうにいろいろな雑穀をいれ懲りすぎて ちょっと外してしまっている感じ

生魚のほうはやっぱり山だけあって?いまいちですね







気を取り直して そのほかの一品料理
ナスの味噌田楽 これは激ウマ!
その隣の ビーツとゴルゴンぞーらチーズのサラダは文句ないおいしさ
P1020489.JPG
これらのおいしさは 寿司のマイナスをしっかり消してくれました
この外にもてんぷらを頼みました てんぷらはアメリカンのフリッターという感じ
でも十分おいしかったです

山の中の日本食としたらまったく問題なし
寿司を頼まずにほかの料理のみを楽しんだらかなりいい線いっていると思います
最初は乗り気でなかったDさんもこれらの料理にしっかり満足したようです









この日はロッジに帰った後
ワインを飲みながら チートスかじって
UNOやったりトランプしたりして盛り上がりました
P1020493.JPG
12時を迎えるころ 
すっかり酔っ払った皆さんでトランプゲーム神経衰弱をやったところ
もうめちゃくちゃ・・・・ 




 
笑いが止まりませんでしたが~
Dさんが一生懸命ゲームに夢中しなっているのが印象的でした
どこへ行ってもどんだけ飲んでもこの人はまじめですな~



あ~本当に飲みすぎた一日です

 

つづく


www88_31_3.jpg banner_03.jpg c_04.jpg 
 ↑ Please Click ~
日本からの時差ぼけのMさん
アトランタからの時差ぼけの僕は次の日遅く起きました
ブランチに何が食べたいかということになり アメリカンなブランチは避けたい2人・・・








お互い麺類が好きなことがわかりベトナムPhoを食べに行くことになりました♪
実際ベトナムでもPhoは朝ごはんに食べられるものですからぴったりです
P1020371.JPG
Mさん起きて最初の食事に早速ビールバケーションを満喫しています
このMさん めっちゃくちゃ酒強いんですよね~
酒が強いと思われるDさんよりも強いかもしれない(笑)







こんな感じで 2人でベトナムPhoを楽しんだ後
サクラメントでの仕事を終えたDさんを待って 3人で一緒にMt.Shastaの方へ行って来ました 
ちなみにこのMt.ShastaはMさんのリクエストなのです
僕もDさんも知らなかったのですが 
このMt.Shastaはヒーリングポイントとして日本では密かに有名なのだそうです

実際Mさんから聞かされるまでこの山に関しては全く無知でありまして
調べれば調べるほど 妖精が出てくるとか パワースポットだとか UFOが出るとか
インディアンの聖地だったなどなどいろいろな話が沸きあがってきました

へ~そういう場所なんだ~ 知らなかったな~




ちなみにサンフランシスコからこのMt.Shastaは280マイル
450Kmで東京⇔京都間の距離に等しいと思われます
P1020379.JPG
地図を見てもお解かりになるように大変まっすぐな道で
あまり山道のクネクネ道も行かないので運転としてはかなり楽な方です
しかしながら 平坦なまっすぐな道を5時間近く運転すすのはなかなか難儀であります






運転を仰せつかった僕を気遣って皆さん最初は話しかけたり
エンターテイメントをしてくれていたのですが1時間も経つと ひっそりとしてしまい
脇で 2人とも爆酔・・・・
P1020376.JPG
これは多少の事故でも起きないだろうな~と思われるくらい熟睡しております(笑)
悔しいので 時速140kmで運転しつつ 記念撮影もしてみました~
その後 この写真みて2人とも大笑いしておりました♪








3時間ほど運転したところで休憩が必要です 限界です(笑)
Red Bulffという今まで聞いたこともない小さな街に立ち寄り
気候も暖かく気持ちがいいので冷たいフローズンヨーグルトのお店によりました
P1020382.JPG
アメリカの古い田舎町って感じです
白人で大型の人もたくさんいましたのでちょっと身構えてしまいましたが
お店の人はアジア人を見ても態度を変えずとっても親切でホッとしました









アイスクリームを堪能して 眠気覚ましにスタバでコーヒーを飲んで
再び ロードトリップに戻りました
途中 こんな道路標識を見かけましたので 記念撮影
P1020383.JPG
何で記念撮影? わかる人はわかりますよね♪
Hooker Creek Rdがポイント!
Hooker→売春婦 Creek→小川 つまり売春婦の小川道という意味にもとれる名前

もちろん本来は全く違う意味なのでしょうけど
こんな地名を見てしまいDさんと2人で大笑いしてしまいました~
本当に間抜けです・・・







そんなこんなで気がつけば 噂のMt.Shastaがかなり近づいてきました
標高4316mの富士山よりも高い山 
5月だというのにしっかり白い雪に覆われています
P1020385.JPG
ここの地点でも結構遠くなのに まるで空に描いた大きな壁絵のように聳え立っていて
本物の山のような感じがしませんが 3人とも息を呑んでこの山を見入ってしまいました








スピードをかなり出した為4時間ちょっとでホテルの方へ到着
このマウントシャスタにはたくさんのモーテルスタイルのホテルはあるものの
どこもいまいち安っぽいので困っていたところ Dさんがこの宿泊室を見つけてくれました
f4af0981.jpg
今回泊まるのはの2ベットルームのキャビンスタイルのロッジです
湖の脇にある 松の林に囲まれた静かな場所
今はまだオフシーズンということもあり ひっそりとしています







ウェブサイトでみた写真ですと なんとなくいまいちな感じでして
まあ~モーテルよりもいいか~というくらいの印象でした
しかしながら実際中に入ってみると 広い間取りに清潔感のある空間
dc6f8f90.JPG
キッチン ダイニング リビングルームも広くあり
リビングには暖炉も備え付けられていて全くいうことなし!
さすがDさん いいところを探してくれました♪







リビングの脇のベランダからは
松の木の間から湖を望むことができます
P1020404.JPG
山奥のキャビンで空気が澄んで ここで息をすって吐くだけでも十分気持ちがいい
心が穏やかになる空間です~
ここは2ベットルームがあり4人の滞在はもちろんのこと

それに加えて広いリビングのソファーもベットになるためあと2人
その他にも子供なら十分寝れると思われるソファーもあるため
大人数での滞在も十分可能かとも思われます










残念ながら部屋からこの眺望はありませんが
車で数秒走ればすぐにこの景色が望める為 まぁ~そんなに問題にはなりません
P1020392.JPG
それにしても 圧倒的に大きく 白く きれいな山 かさ雲が印象的
左が女山 右が男山と呼ばれているそうで なだらかですが登るのには大変な山
数週間前にも2人遭難して一人が亡くなったとニュースでもやっていました










4時間近くの運転のあと ロッジにチェックインしてのんびりしたらお腹がすいてきました
ShastaCityの方は街になっていてたくさんのレストランやお店があります
いろいろ迷って いろいろなお店のメニューをチェックして
P1020393.JPG
肉が食べたい!というDさんのリクエストに答えて最終的にこのお店に決めました








最初お店には行ってフルのバーとカウンターが広がり
一杯飲み屋のような感じの店 レストランの方も古ぼけた昔風のつくりに・・・
P1020394.JPGP1020395.JPG







いや~
ちょっと間違った選択だったかも・・・
と思いつつも ウェイトレスさんがとってもナイスで一安心








ワインとビールでカンパイの後は
まず最初はルッコらのサラダを皆さんでシェア
P1020396.JPG
べっとりのドレッシングを予期していたのですが 軽いビネグレットのあっさり系
へ~なかなかいい感じですな~








本日のスペシャルというお勧めで
やめればいいのに3人とも生牡蠣が好きなので しっかり頼んでしまいました~(汗)
P1020397.JPG
ウェイトレスさんが 今日のオーダーは牡蠣がすごく大きくてラッキーね~と言っていましたが・・・ 
小さな生牡蠣が好きな僕達にとって 驚くくらいの大きさの牡蠣 焦りました
それでも 味の方はそんなに見た目よりは悪くなかったですよ♪








昼間はそれでも暖かいこの街も
夜になると風が強くなり かなり冷えてきて震えてしまうほど
P1020399.JPG
Mさんはクラムチャウダーをオーダー
みんなで味見しましたが これはまぁまぁかな~くらいのお味でした









メインとしては Dさんがチキンピカタ
P1020400.JPG
Mさんがイタリアンソーセージミートソース
P1020401.JPG
僕がリブアイステーキを頼んでみました
P1020402.JPG
あまり期待していなかったからなのか?
どれもなかなかのお味でして
特に僕のリブアイステーキは焼き具合も肉も絶妙のベストチョイス♪

総評としてはこんな山奥のインチキ臭いイタリアンアメリカンレストランでしたが
いい意味で期待を大きく裏切られた感じです
この土地ならば このレストランにまた行ってもいいかな~と思わせるもの





しっかり満腹になったころは10時過ぎ
皆さん前日の時差ぼけ 仕事疲れのため
ロッジに着いたら速攻寝ることとなりました~

家路につく途中 あまりの星のきれいさに車を停めて 暫しの星空観賞
あまりの星の多さときらめきに言葉もなくなりました・・・



つづく


www88_31_3.jpg banner_03.jpg c_04.jpg 
 ↑ Please Click ~

疲れきって 午前様でヒューストンからサンフランシスコ空港へ到着した次の日
空港を出たのにまた 再び10時間以内に空港へ戻りました





日本ではゴールデンウイークが始まり出国ラッシュの模様でしたが
その中に東京の某有名高級雑誌の編集長をしている 僕の高校からの友人いました
彼女MさんはGWの最高に高い航空券をとって僕達に会いに遠路遥々やってきたのです

Mさんは 僕達が日本に来るたびに必ず会う僕達の数少ない友達の一人
キンキキッズのコンサート銀座デートをしてもらうDさんもお気に入りの人
P1020359.JPG
ネットで到着時間をチェックしたにもかかわらず
申し訳ないことに 僕が遅れて来てしまい
到着ゲートで待たせてしまいました・・・(汗)









その後 家に行く前にカストロのカフェで腹ごしらえ
この一週間は大変いい天気で 気持ちのいい青空が広がっていました
ここのところあまり天気のよくないSFでしたのでちょっとホッとしました~
P1020360.JPG
仕事でも世界各地を飛び回っている彼女ですが
一番日本で空港が忙しく馬鹿高い時にもかかわらず
こうして僕達に会いにくることを選んでくれたのは本当に嬉しいことです







そうそう・・・カフェでの食事中 なんかとっても不思議なカップルを見かけました
ごくごく普通に見える男女2組のカップルなんですが・・・
なんか変なこと わかりますか?
P1020362.JPG
そう~ この男性2人ジーンズもシャツも思いっきりおそろいなんです!
だから この2人がカップルかと思いきや 一番右の男性隣の女性のお尻をいやらしくナデナデするんです
で この男女がカップルかと思いきや 2人の女性手をつないでなんかとっても親密な行動

サンフランシスコには長い間住んでおりますが こういうカップルってはじめてみました・・・・
ストレートの男性同士はまずこんなあからさまなおそろいの服着ませんよね~
それにいくらゲイでも友人の女性のお尻をあんなイヤらしく撫でたりしない・・・

いったいなんだったのでしょう???






さて 楽しいカップルを見て お腹が膨れたところで
この後は家に行き 彼女には長旅の疲れを癒してもらう為に昼寝をしてもらい
その間僕はアトランタへ行っていった為に滞っていた業務のチェックに仕事場へ行ってきました





数時間の後仕事から戻ってくるとMさんは既に昼寝から覚めて元気な様子!
Cocoの散歩にも付き合ってくれるというので 一緒に行ってきました
P1020365.JPG
比較的新しい人には人見知りをするCocoですがMさんには全く問題なしのようで
まるで何年来の友人かのようにしっかり馴染んでいました
彼女もCocoを気に入ってくれてホッとしました♪







しばらくしてDさんも仕事を終えて無事帰宅
Mさんとの再会を大変喜んでいました

夕飯は近場のレストランで一緒に済ましてしまおうと思ったのですが
次の日仕事が朝早くからあるため外へ食事にいけない&行きたくないDさん
できれば家でのんびりしたいMさんのため 僕が無い腕を振るってみました~
P1020369.JPG
この日のメニューは左から 海老とマッシュルームのガーリックパスタ
その隣がムール貝のワイン蒸し ルッコラのサラダ
一番奥がホタテステーキにアスパラガスと赤ピーマンのグリルとなりました♪







皆さん部屋着で 僕なんかT-シャツですが 夕飯前に記念に3人の再会を祝して一枚
P1020368.JPG
話は弾むし 手前味噌ですが食事はとっても美味しかったし
作るのは手間がかかるけど こうして三人で楽しい時間をすごすことができ
味はレストランと比べると劣りますが外食にしなくてよかったな~なんて思いました♪









このMさんは某ファッション誌で働く為 新製品が出るたびにたくさんの会社から
たくさんの化粧品サンプルを大量にもらうそうで 僕もいつももらっています
高級品だから効き目がいい!とは限りませんが~ やっぱりいいですね~♪
P1020370.JPG
今回のリクエストの品 アンチエイジ&美白用の高級基礎化粧品の数々 いつもいつもありがとうございます
おかげでここ数十年は基礎化粧品を買うことなく しっかり恩恵に預からせていただいております
本来なら買うこともできない素晴らしいものをいつも頂きまして

こうして Dさんと2人で一生懸命 日々重力に抵抗しいる次第です
効果がもう少し際立って出てくれるといいんですけどね~(笑)






さて 次の日は僕もDさんも仕事を休んでMさんと旅行へ出かけました~


つづく


www88_31_3.jpg banner_03.jpg c_04.jpg 
 ↑ Please Click ~



↓何人ここにいるのかな?
人です。。。
名前:JapanSFO 男性 双子座

こんにちは
男性の好きな男性同士
カップルのたれ流し的生活日記


自己紹介 続き・・・

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 3 4
6 8 10
12 13 15 16 18
20 22 24 25
27 29 30 31
Instagram
emojiインスタグラムを初めてみました~!
@japansfoで検索してもらえると見つけられると思います。

ブログにのせた写真を載せるだけのものですが、チェックしてみてくださいね
こちら★⇐をクリックすると直接リンクします
最新コメント
コメントありがとうございます
<(_ _*)>
御返事差し上げたコメントには
pen.JPGのアイコンがついています

[03/28 ree]
[03/27 桜井はな]
[03/27 queenanneboy ]
[03/27 Samuraisf]
[03/27 空]
[03/27 空]
[03/26 桜井はな]
[03/25 こぐれん]
[03/25 マッチョかーさん]
[03/24 なのはな]
ハタラク
Cocoの日記
Cocoです。San Franciscoです。
台湾から来た白い犬の日記



コメント&メール フォーム
このブログにコメントを残さずに
メールを送りたい時お使いください
100%返信いたします♪
~~~~~~~~~~~~~~~
書き終わったら
 (確 認)ボタン  押してください
カテゴリー

ブログランキング
↓クリックするとこのブログが
何位にあるかわかります☆↓


↑ブログ村↑

6e2f221d.JPG
↑人気ブログ↑

3804c662.JPG
↑FC2↑

お帰り前にクリックしてください♪
ブログ内検索
バーコード
♪♪♪
アクセス解析
PV
Template by Crow's nest
忍者ブログ [PR]