忍者ブログ
[1886]  [1885]  [1884]  [1883]  [1882]  [1881]  [1880]  [1877]  [1876]  [1879]  [1875
アメリカ西海岸の小さな町で 付き合い丸21年の2人
彼氏Dさん&台湾出身の元保護犬Cocoと共にひっそりと 慎ましく暮す男の
地味でありふれた 日常生活日記



コメント歓迎です~☆   ゲイの方 大歓ゲイ☆   リンクはご自由にどうぞ~♪

現在どちらからアクセス中?

カーソルをに合わせるとアクセスポイントが出てきます!

↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
b1ff9625.gif    
クリックお願いいたします

メールも気軽に下さい~JapanSFO@gmail.com~♪
この日記は続きものです。

1.Happy Anniversary!
2.LAX Star Alliance ラウンジ
3.ビジネスクラス機内食@アシアナ航空
4.LAXから韓国は13時間!
5.ビジネスクラス機内食Part.2@アシアナ航空
6.Welcome to Sydney!
7.ハーバーブリッジ
8.Oxford とギリシャ料理@シドニ
9.Manly Beach
10. シドニーからクックアイランドへ!
11. クックアイランド上陸!
12. スクーターでラロトンガ島一周

13.ラグーンボートクルーズ
14.Rarotonga島最終日
15. クックアイランドのアイツタキ島
16.海辺の休日



emojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemojiemoji




朝起きて、朝散歩。Cocoがいない代わりに猫が朝散歩に付き合ってくれました。
この島には猫は比較的どこにでも見かけることができます。
前に滞在したラロトンガ島にはたくさんの犬がいて海岸線を一緒に散歩しました!
出来ればCocoを連れてきて、この海辺を一緒に散歩したいな~なんて考えましたが・・・
たとえCocoを連れてくることができたとしても、この島には上陸できないのです。
そう~この島では犬の上陸が禁止されているからなのです。








なんでも昔々のこと、この島のお偉いさんを犬が噛みついてしまいお偉いさんが激怒!
彼の命令によりすべての犬を処分し、今後この島には犬を入れてはならないという法律が制定されたそうです。 それから現在に至るまでこの島には猫はいますが犬は一匹もいない島となったそうです~。
ですからこの島で生まれ育って他の島に行ったことがない人はいまだに犬を見たことがないそうです!
何となく不思議な話ですね~








朝ごはんはプール脇のテーブルで摂ります。
この日は手作りココナッツマフィンが登場していましたので一つもらってきました。
う~ん!なかなか美味しい♪  別に凝った料理でもないけれど、とっても美味しく感じられる朝食です!
朝食の後は海辺でのんびりと過ごしまして、少し体を動かすことにしました。








そういっても別にやることもない何の予定もない一日~
前の日はたっぷり海でのんびりしたのでこの日は自転車を借りて島の反対側へ行ってみることにしました。
比較的平坦な島ですが、自転車で動くとなると多少の高低差が結構きついです(笑)。
僕たちが泊まっているのと反対側の島には湾になっていて白い砂が溜まる場所があります。
その白い砂が反射してBlue Lagoonという名前で地元の人に人気なスポット
白い砂のおかげで青い海がミルキーブルーになっているのが幻想的で素晴らしかったです。









そのBlue Lagoonのそばにひっそりと建っているKoru Cafeがありましたのでそちらでランチ!
まずはワインと地元ビールでランチ乾杯~emoji  暑い日差しに冷えたビール&ワインがとってもうまいですね~♪
ランチに選んだのは2人ともスパゲッティ。
基本形はトマトや地元野菜を使ったベジタリアン系なのですが、オプションでチョリゾ(辛めのソーセージ)かシーフードを入れることができました。ですからDさんはチョリゾ(奥)で、僕はシーフードをくわえてもらいました。全く期待していなかったこのカフェですが、スバゲッティは激ウマでした!!Dさんと2人でこんなカフェでまさかの激ウマスパゲティなんて・・・と驚いてしまいました(笑)

Dさんはデザートにアイスモカを頼んでみました。
このアイスモカにはアイスクリームがのっかっていてこれまた美味!
このカフェはリピート決定だよね~と大喜び大満足の2人でした。







食後の後も自転車でこの近辺のBlue Lagoonの方をぶらぶらしていました。
先ほどは潮が満ちていたBlue Lagoonでしたが、この時間にあると引き潮になり、砂の陸地がLagoonの中ほどに現れてきました。
ここにはサンゴ礁がなく全くの砂地ではありますが、見ると様々な魚が泳いでいまして、地元の子供たちもシュノーケリングを楽しんでいました。毎日こんな暮らしをしているのでしょう~彼らは日焼けで真っ黒になっていました!








自転車での移動で汗だくになった僕たちも一旦ヴィラの方へ戻り日向でのんびり。
自転車での移動は慣れていないせいか思ったより疲れました(笑)。
考えてみれば米国で自転車なんて乗ったことがないのですからしょうがないことです…
海辺で飲んりした後日が傾いてきたのでサンセットを見る前に部屋に戻ってみると~
このヴィラで飼われている猫が石のくぼみで午睡を楽しんでいました(笑)。
人馴れしているのでしょう~僕が近づいても目を覚まさないほどぐっすり眠っていました!







部屋でシャワーを浴びて、べっとりと体に塗られた日焼け止めを落とすと体が軽くなったような気分になります。
毎日全身日焼け止め50を塗っていますが、それでも肌がピリピリと焼けているのを感じます。
きっとこの休暇の終わりにはこんがりと焼けた肌になっているのかもしれませんね~
しっかり日焼けあとのとお肌の手入れをしないと、思いっきりシミしわになるそうなので怖いです(汗)
この日も日没の少し前にビーチに繰り出して、ビーチデッキチェアーに座ってのんびり夕日観賞。






夕日とは不思議なもので、天気が良くても海の向こうの水平線のそばにはいつも雲が湧き出てなかなか海へ沈む夕日を見ることができません。
この日は初めて?と思うくらい久しぶりに海に直接沈む夕日を見ることができました!
いや~圧巻。大変きれいな夕日でした。頬を抜ける海風が心地よいですね~










夕飯にはThe Coconut Shack Bar & Kitchenの方へ行ってきました。
こちらは僕たちの宿泊施設から歩いて15分くらいのところにあります。
海沿いを歩いていけますのでそのままビーチ伝いに歩いていきました。
食べるテーブルもビーチ(左上)、キッチンもビーチ(右上)というオープンなレストランであります。こちらでDさんはエビのココナッツカレー、僕はその日につれた鯛の素揚げプレートです。タイの素揚げの豪快さには一瞬戸惑ってしまいましたが何とか攻略!新鮮な魚ですし、塩とライムをかけて食べる素朴な料理は大変おいしかったです。Dさんのカレーも美味しかったようです♪

帰りもビーチ沿いを歩いてヴィラの方へ戻りましたが、天の川と南十字星のある降るような星の空にしばしため息をついてしまう2人でした。


お帰り前のこちらのクリックもよろしくお願いします!~(*´Д`)ノ
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリック応援よろしくお願いいたします~
インスタグラム@japansfo
PR

↓何人ここにいるのかな?
人です。。。
名前:JapanSFO 男性 双子座

こんにちは
男性の好きな男性同士
カップルのたれ流し的生活日記


自己紹介 続き・・・

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4
6 7 9 11
14 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Instagram
emojiインスタグラムを初めてみました~!
@japansfoで検索してもらえると見つけられると思います。

ブログにのせた写真を載せるだけのものですが、チェックしてみてくださいね
こちら★⇐をクリックすると直接リンクします
最新コメント
コメントありがとうございます
<(_ _*)>
御返事差し上げたコメントには
pen.JPGのアイコンがついています

[08/18 ぴろりん]
[08/18 ree]
[08/17 ロクデナシ]
[08/17 マッチョかーさん]
[08/16 レッチ]
[08/16 こぐれん]
[08/16 めぐこ]
[08/16 佐藤(み)]
[08/16 ree]
[08/15 マッチョかーさん]
ハタラク
Cocoの日記
Cocoです。San Franciscoです。
台湾から来た白い犬の日記



コメント&メール フォーム
このブログにコメントを残さずに
メールを送りたい時お使いください
100%返信いたします♪
~~~~~~~~~~~~~~~
書き終わったら
 (確 認)ボタン  押してください
カテゴリー

ブログランキング
↓クリックするとこのブログが
何位にあるかわかります☆↓


↑ブログ村↑

6e2f221d.JPG
↑人気ブログ↑

3804c662.JPG
↑FC2↑

お帰り前にクリックしてください♪
ブログ内検索
バーコード
♪♪♪
アクセス解析
PV
Template by Crow's nest
忍者ブログ [PR]