忍者ブログ
[1483]  [1482]  [1481]  [1480]  [1479]  [1478]  [1477]  [1476]  [1475]  [1474]  [1473
アメリカ西海岸の小さな町で 付き合い丸22年の2人
米国人彼氏Dさんと雑種犬Cocoと共にひっそりと 慎ましく暮す男の
地味でありふれた たれ流し的日常生活日記




コメント歓迎です~☆   ゲイの方 大歓ゲイ☆   リンクはご自由にどうぞ~♪


↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
b1ff9625.gif     
クリックお願いいたします

メールも気軽に下さい~JapanSFO@gmail.com~♪
Cocoが気まぐれに寄稿している(←クリック するとジャンプします)というウェブマガジンをご覧になったことがありますでしょうか? ここで天野麻里江さんという方も寄稿しているのですが毎回素敵な話を綴ってくれる彼女。 僕としては今回の彼女の話が強く心に響いたので是非皆さんに読んでもらいたいと僕の日記の方でも取り上げてみようと思いました。






ここで彼女が書いていたことは
「自分のために」つくられた料理というのは、やはり格別なものであるということ。
それは、自分自身でつくったものでもいい。家族や友人がつくってくれたものでもいい。
コンビニやスーパーで売られる、不特定の『誰か』のためにつくられたものや、レストランの調理場で、顔が見えない『お客様』のためにつくられたもの。
それらと「『この人』のために、美味しくつくりたい」という気持ちが入った料理はどこか違う。
 たとえ食材や調理の腕が劣ったとしても、それは特別な味わいを持っているような気がする。
全文はこちらから←クリック







例えば星を持つ高級レストラン たま~に行くこともありますが美味しいには美味しいのですが何となく両手放しで幸せな気分になるということがあまりありません。美味しいし見た目も美しい料理達 なぜ不格好な家の料理の方が心がほっとするのだろうか? 堅苦しい雰囲気がなじめないのか? 料理に値段がついているのでそれを意識して変に期待したり 

値段に見合ったものを食べなくては!と気負ってしまうからなのか?そんな風に考えていました。たぶんそれらも大きな要因ではあるかもしれませんけれどやはり大事なところはきっとこの天野さんの伝えていることなのかもしれないな~と素直に思えました。家の料理 例えば僕の作る料理は高級レストランの食材の半分もかからないし 見た目も笑ってしまうくらいかなり残念系(笑)
それでも美味しく満たされる気分になれるのはこの人のためにという思いがあるからなのでしょう。気のせいといえばそうでしょうけれどそうでないと言えばそうでない程度のとっても不完全な根拠しかありません。けれどこういうのって理屈ではなく感じられる人には感じられるものなのでしょう。 完全な根拠なんて必要ないしそんなものあると思う方が間違いだと僕は思う。

さて僕もDさんもお互い20代~30代の前半まではどれだけどんなレストランに行ったのかが大きな話題でした。有名なあそこもいかなくっちゃ~と息巻いたり 友人にこのまえOX△のレストランに行ってすごく美味しかったよ~などの情報交換がとってもホットな話題であったような気がします。今でもよく他の人のブログなどに私は家で料理しません!外で美味しものを食べ歩くのが大好きです!

などと豪語して何とかという話題の店に行ったと大喜びで何度も何度も載せる人が沢山います。まあ人それぞれの趣味ですから別にどうこういうつもりはありませんし ある年代ならまあ、それもアリかな~なんて自分の経験を照らし合わせて思ったりもしますけれど、ある程度の齢になってもそんなことしているともしかしてこの人たちって自分の家でこの人のためという料理を作ってもらったり作った経験が少なかった?この人のためにという料理のおいしさの違いが判らないのだろうか?と考えてしまうのは大きなお世話ですがそう思ってしまいます。









たま~の外食は疲れた時などご褒美としては大歓迎ですけれど外食ってある程度食べていると本当に飽きます。それとは逆に家でのご飯はどれだけ食べても僕は飽きません。今思うと実家では父が仕事のランチはわざわざ家に帰って来て母の用意したものを毎日食べていてほとんど外食しませんでした。夕飯もたま~に外食はしますけれど基本的にほとんど母の作ったものを喜んで食べていました。

もしかすると…ではなく確実に父は母の作る自分のための料理が何物にも代えることができないほど美味しい食べ物だったのでしょう。だからこそ 毎日毎日家に帰ってその母の作る料理を本当に美味しそうに食べていたのだったんだな~と今になって納得がいくようになりました。そしてこのSFの郊外の家ではDさんは外食があまり好きではなく出来れば家で毎日食べたい人となっています。

もしかしたら彼も僕が疲れた~忙しいのに~と文句は言いつつも彼のために一生懸命作る料理の中にその気持ちを感じ取っているのかもしれない。そう思うと作る方としてもその気持ちを感じてその上で美味しいと食事をしてくれる人がいるということは本当はとっても幸せなことなのかもしれないな~と改めて考えさせられました。もしかしたら母はそんなことも知っていたから毎日作れたのかもしれない。










そしてそんな大切な人のために作りその人と一緒に楽しみその食べたものや食べた時の気持ちが現在の自分の心も体も作っているなんて思うと本当に食事って大切なものなんだなって思います。それに母の行動で思い出したのが出来合いのものを買ってきても必ずお皿に移し替えて盛り付けを考え緑のものを添えたり彩を整えたりしていたこと。

ひょっとして料理って出来合いのものでもひと工夫するだけでもその気持ちって伝わるのではないのだろうか たとえ出来合いのものでも自分の相手を思う気持ちを少しでも入れておきたかったのかなと考えるのは考えすぎかもしれませんけれど そうであったらいいな~とも思ったりしました。食べてくれる人への思いって大切にしたい気持ちは素晴らしいな~

息抜きももちろん必要だけど 豪華で見栄えのいいものでなくてもいいし 最初は出来合いのものでもちょっとした工夫次第でOK! 家での料理が美味しいってそんなことから始まるのかもしれない。その繰り返しだからこそ続くのだろうし気がつけば料理の腕が上がっているのかもしれないなって天野さんの文章を読んでそんなことを思っていました。

一生懸命相手の顔を見て作ってくれる人も それを笑顔を浮かべ美味しいと食べれくれる人もとっても大切なのですね。そんなことを考えると多少疲れていても今日も作るぞ~なんてやる気もわいてくるようですし 作ってもらった時はありがたくいただけるような気がします。読んでいない人は是非読んでみてください~♪


 



クリックしてからお帰り下さいませ~(*´Д`)ノ
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリック応援よろしくお願いいたします~
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
家族や誰かの為にと思い作る料理って 凄く念が入ってると思います。
その人に合わせて味も食材も盛り付けも考えるし 体調に気をつけて作るし。
結果、既製品とは違ってくるのでしょうけど
情も入ってるから伝わるんでしょうね。
私も家族が喜ぶもの、元気になるものをと日々思いますが 疲れているとなかなかそうもいかない日もあり反省。頑張って作った日は家族の反応が悪いとぷりぷり。また、反省。
金門橋 2015/04/07(Tue)23:42:22 編集
金門橋さんへ~
>家族や誰かの為にと思い作る料理って 凄く念が入ってると思います。
>その人に合わせて味も食材も盛り付けも考えるし 体調に気をつけて作るし。
>結果、既製品とは違ってくるのでしょうけど
>情も入ってるから伝わるんでしょうね。
>>>>>>>>>>>>>>>>>

そうなんでしょうね~
必ずしも技術的な面でも素材的な面でも高級料理店に比べて上を行くものではないのかもしれないけれどそういう心のこもった料理って何物にも代えられない何かが入っているのでしょう♪


>私も家族が喜ぶもの、元気になるものをと日々思いますが 疲れているとなかなかそうもいかない日もあり反省。頑張って作った日は家族の反応が悪いとぷりぷり。また、反省。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

疲れている時はそれでいいのですよ~人間ですもん
そして気合が入ったのに反応が鈍い日もそれはそれで何らかの意味があるのでしょうからまあいいか~といい経験ということで受け止めてしまいましょう♪
実際僕もDさんからダメ出しがあるとムカつきますけれど(笑) 好みの問題として一意見として受け止めてでもあまり深刻に思わないようにしております~
2015/04/07 23:47
無題
おおー、確かに。特にアメリカは外食は3日で飽きます。今日も頑張って料理する元気貰えました。素敵な記事を有難う。
ゆきみ 2015/04/08(Wed)00:07:30 編集
ゆきみさんへ~
>おおー、確かに。特にアメリカは外食は3日で飽きます。今日も頑張って料理する元気貰えました。素敵な記事を有難う。
>>>>>>>>>>>>>>>>>

こちらこそ読んでくださってありがとうございます!
樹のせいかもしれないけれど気のせいだけでは思えないようなことだったので自分の為にも言葉に残そうと思い書いてみました♪
2015/04/08 23:28
無題
作る側としては毎日のメニューを考えるのも大変だし、我が家は平日はそれぞれ食べる時間が違うのでそれも困っちゃうし、今日なんて息子に駄目出しされたんですよ~。
新しいメニューがないの?って(冷汗)。
でも外食はさせたくない、インスタントは食べさせたくないので、頑張りたくないのに頑張っちゃうんですよ~。
ree 2015/04/08(Wed)04:55:08 編集
reeさんへ~
>作る側としては毎日のメニューを考えるのも大変だし、我が家は平日はそれぞれ食べる時間が違うのでそれも困っちゃうし、今日なんて息子に駄目出しされたんですよ~。
>新しいメニューがないの?って(冷汗)。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

僕も今思うと言いたいことを母親に行っていたな~なんて思い反省しました。それと共にもう食べることができないあの母の料理のありがたみが改めて知らされました。 息子さんも娘さんも絶対にreeさんが今までやって来たことをきっとわかる時が来ると思いますよ!


>でも外食はさせたくない、インスタントは食べさせたくないので、頑張りたくないのに頑張っちゃうんですよ~。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

頑張ってやってください!
でもちゃんと息抜きもしてくださいね♪
2015/04/08 23:30
無題
僕が料理人になった理由の一つは、うちの母親の料理が今一つであったこと。というのは、何もない戦争時を経験し、ご馳走など経験したこともなく、若くして学校の先生になった母親には、料理はただ単に家族の腹を満たすためのものであったのです。チキンラーメンが発売されたころは、毎日食べさせられていました。そんなこんなで、テレビや映画で目にする食べ物とうちの食卓に出るものとの違いをいつも感じながら、次第に食べ物への興味を持ち始めたのです。とは言いながら、今でも母親が作ってくれた豚汁とかは、誰が作ってくれるよりおいしいものと思っています。今では、うちのも僕が家で作る料理のほうが、レストランで食べるよりもずっとおいしいと言うので、外に出かけるきっかけが無くなっています。
TKGREG 2015/04/08(Wed)05:11:50 編集
TKGREGさんへ
>僕が料理人になった理由の一つは、うちの母親の料理が今一つであったこと。というのは、何もない戦争時を経験し、ご馳走など経験したこともなく、若くして学校の先生になった母親には、料理はただ単に家族の腹を満たすためのものであったのです。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>

そうだったんですか~
でもその耳朶から学校の先生をなさっていたとはお母さんも優秀だったのですね!


>チキンラーメンが発売されたころは、毎日食べさせられていました。そんなこんなで、テレビや映画で目にする食べ物とうちの食卓に出るものとの違いをいつも感じながら、次第に食べ物への興味を持ち始めたのです。とは言いながら、今でも母親が作ってくれた豚汁とかは、誰が作ってくれるよりおいしいものと思っています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

子供を育てる守るためにために働かなくてはいけないという状況だったのでしょうね。それでもそうやってお母さんの作った食べ物の美味しかった思い出があるということはお母さんもTKGREGさんに美味しいものを食べさせてあげたという気持ちがあったことなのでしょうね!


>今では、うちのも僕が家で作る料理のほうが、レストランで食べるよりもずっとおいしいと言うので、外に出かけるきっかけが無くなっています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>

わかるわかる~
うちもそうなんですよ~でも週末のランチくらいは息抜きさせて~と外で食べるようにしていますけれど 本当に家食が好きな人になってしまいました
2015/04/08 23:35
久しぶりのコメです
毎回楽しく拝読しています。岡山県在住のkachitaと申します。
天野さんのお話とあわせて読ませて頂き、大変感銘を受けました。
私は母一人娘一人の環境の中で育ち、母の作るお弁当を中学校から就職するまで食べてきました。
今度は私が娘にお弁当を作る番になり、母の大変さが身に染みました。Japanさんがおっしゃる通り、どんな豪華な料理でも毎日は飽きます。でも何年食べても飽きなかった母の料理は、やはり愛があったからなんですね。今更ながら感謝の気持ちでいっぱいです。私も大した料理はできませんが、将来娘が私の料理をそう思って受け止め、そしてまた彼女の子供へと受け継がれていくといいなと思いました。毎日食事を作ることに嫌気がさす時もありますが、今回の記事を読んで、また今日も頑張ろうと活力を頂いた気がします。ありがとうございました。
kachita 2015/04/08(Wed)08:40:12 編集
kachitaさんへ~
>毎回楽しく拝読しています。岡山県在住のkachitaと申します。
>>>>>>>>>>>>>>>>

お久しぶりです!
お元気でしたか?


>天野さんのお話とあわせて読ませて頂き、大変感銘を受けました。
>私は母一人娘一人の環境の中で育ち、母の作るお弁当を中学校から就職するまで食べてきました。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>

そうなんですか!
お母さんも頑張ってくれましたね~


>今度は私が娘にお弁当を作る番になり、母の大変さが身に染みました。Japanさんがおっしゃる通り、どんな豪華な料理でも毎日は飽きます。でも何年食べても飽きなかった母の料理は、やはり愛があったからなんですね。今更ながら感謝の気持ちでいっぱいです。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

今思うと毎日あんないろいろなものが詰まったお弁当を作ってくれたなんで本当に感謝以外の何物でもありませんね。正直言って僕は全くできません。すっかり忘れていた母のあのお弁当のことを久しぶりに思い出しました~ありがとうございます


>私も大した料理はできませんが、将来娘が私の料理をそう思って受け止め、そしてまた彼女の子供へと受け継がれていくといいなと思いました。毎日食事を作ることに嫌気がさす時もありますが、今回の記事を読んで、また今日も頑張ろうと活力を頂いた気がします。ありがとうございました。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

疲れた時などはちゃんと息抜きしていいのだと思いますよ~
それはそれで娘さんもちゃんと受け止めることができると思いますし、子供ってたまに他での買ってくる食べ物も新鮮でうれしかったりするし その買ったものからまたお弁当に戻った時お弁当のありがたみを再確認できたりして(笑)
2015/04/08 23:40
PS
ココちゃんのブログも楽しく拝見しました。可愛いココちゃんの写真いっぱいで、満足。景色もきれしですし、更新時にはぜひまたリンク貼って頂けるとたすかります。
ゆきみ 2015/04/08(Wed)12:06:29 編集
ゆきみさんへ~
>ココちゃんのブログも楽しく拝見しました。可愛いココちゃんの写真いっぱいで、満足。景色もきれしですし、更新時にはぜひまたリンク貼って頂けるとたすかります。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

読んでくださってありがとうございます!ゴーストライターではなくCocoが書いているものですからね!(笑)
このリンク左わきの帯の部分にリンクが貼ってありますので是非ご利用ください♪
2015/04/08 23:42
おうちごはん
この年になってくるとオサレとかよりもゆったりとごはん食べたいっていう年齢になりましたわ。なのでおうちごはんが主流です。
お料理してると旬のものをたべさせてあげたいっておもうので、タケノコとかソラマメとかそういうものを取り入れたりしてます。たしかに冷凍のブロッコリとかもあるけどね。そして今日も「血の繋がってない」子供たちにお弁当を作る日々。すっかり相撲部屋のおかみさんみたいな気分です。でも「おいしい」っていう笑顔っていいですよねえ。
RIE 2015/04/08(Wed)15:29:07 編集
RIEさんへ~
>この年になってくるとオサレとかよりもゆったりとごはん食べたいっていう年齢になりましたわ。なのでおうちごはんが主流です。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>。。。

そうなんですよね~
タイヤ会社の星のレストランもいいけれど もうあれにはあまりときめかないようになってしまいました。あんなの毎回食べている人って逆に可哀想になってきてしまえる状態(笑)


>お料理してると旬のものをたべさせてあげたいっておもうので、タケノコとかソラマメとかそういうものを取り入れたりしてます。たしかに冷凍のブロッコリとかもあるけどね。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

旬のものっていいですね!
冷凍野菜は栄養価がそれほど落ちていないから問題なんだそうですよ。それにブロッコリーとあ今年がら年中出回っていますし 全然OKでしょう(中国産だけ気をつけてね~笑)


>そして今日も「血の繋がってない」子供たちにお弁当を作る日々。すっかり相撲部屋のおかみさんみたいな気分です。でも「おいしい」っていう笑顔っていいですよねえ。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

あれ?RIEさんてそんなことまでしているのでした?!
えらいですね~
そういえば例のジムのおにいさんがおにぎり美味しいと言っていたのは彼もコンビニのおにぎりで感じられない相手を思って作ってくれたものの味がわかる人だったのかもしれませんね♪
2015/04/08 23:47
無題
なるほどwwだからわたしはSFOさんの料理に心惹かれてしまってたわけですねww
わたし犬もDさんもアメリカの何気ない日常の景色も大好きだけどやっぱりSFOさんの作るご飯が食卓にあがってるその写真がブログに出てくる日の記事はうれしくてテンション上がっちゃいます^^
家ごはんが一番イイって思ってくれる相手と一緒に居れるのってホントにいいですね。Dさんナイス^^一人暮らしだったらわたし自身も全然ご飯作らないタイプだったと思うので食べてくれる誰かがいるから手抜きしながらもなんとかやってけます^^ありがたいものです。
たとえ出来合いでも家で一緒にご飯食べるのは
一日のうちリラックスできる大事な時間ですよね^^
またきまーーす^^
はりぼ URL 2015/04/08(Wed)23:15:11 編集
はりぼさんへ~
>なるほどwwだからわたしはSFOさんの料理に心惹かれてしまってたわけですねww
>わたし犬もDさんもアメリカの何気ない日常の景色も大好きだけどやっぱりSFOさんの作るご飯が食卓にあがってるその写真がブログに出てくる日の記事はうれしくてテンション上がっちゃいます^^
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

いや~ありがとうございます
今でもちゃんと毎日作っているのですがあまりにもフォトジェニックでないものばかりなので最近は撮影もせず外食写真ばかりになっていたのですが やっぱりこれからもどんどん臆面もなく載せてしまうことにします(笑)


>家ごはんが一番イイって思ってくれる相手と一緒に居れるのってホントにいいですね。Dさんナイス^^一人暮らしだったらわたし自身も全然ご飯作らないタイプだったと思うので食べてくれる誰かがいるから手抜きしながらもなんとかやってけます^^ありがたいものです。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

そうそう!
僕もDさんが夕飯いらないときはここぞとばかり外で食べてきたりお弁当を買ってきて済ませてしまい全く自分用には作らない人ですが やはり彼がいるからこそ作っているんだな~と思います


>たとえ出来合いでも家で一緒にご飯食べるのは
>一日のうちリラックスできる大事な時間ですよね^^
>またきまーーす^^
>>>>>>>>>>>>>>>>>>

面倒くさいことも多々ありますが でも家での食事って使っている素材も調味料もちゃんと自分で把握できるものですから大事だし心も体も休まりますね
また来てね!
2015/04/08 23:53
無題
涙が出てきました。
お名前は? 2015/04/09(Thu)01:28:18 編集
Re:無題
>涙が出てきました。
>>>>>>>>>>>>>>>>

コメントありがとうございました!
2015/04/09 23:30

↓何人ここにいるのかな?
人です。。。
名前:JapanSFO 男性 双子座

こんにちは
男性の好きな男性同士
カップルのたれ流し的生活日記


自己紹介 続き・・・

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 8
9
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Instagram
emojiインスタグラムを初めてみました~!
@japansfoで検索してもらえると見つけられると思います。

ブログにのせた写真を載せるだけのものですが、チェックしてみてくださいね
こちら★⇐をクリックすると直接リンクします
最新コメント
コメントありがとうございます
<(_ _*)>
御返事差し上げたコメントには
pen.JPGのアイコンがついています

[12/16 マッチョかーさん]
[12/16 遊己]
[12/16 Rockville]
[12/15 Rockville]
[12/15 ワキ]
[12/15 ree]
[12/14 ree]
[12/13 Rockville]
[12/13 ree]
[12/12 Yuko]
ハタラク
Cocoの日記
Cocoです。San Franciscoです。
台湾から来た白い犬の日記



コメント&メール フォーム
このブログにコメントを残さずに
メールを送りたい時お使いください
100%返信いたします♪
~~~~~~~~~~~~~~~
書き終わったら
 (確 認)ボタン  押してください
カテゴリー

ブログランキング
↓クリックするとこのブログが
何位にあるかわかります☆↓


↑ブログ村↑

6e2f221d.JPG
↑人気ブログ↑

3804c662.JPG
↑FC2↑

お帰り前にクリックしてください♪
ブログ内検索
PV
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]