忍者ブログ
[481]  [480]  [479]  [478]  [477]  [476]  [475]  [474]  [473]  [472]  [471
アメリカ西海岸の小さな町で 付き合い丸21年の2人
米国人彼氏Dさんと雑種犬Cocoと共にひっそりと 慎ましく暮す男の
地味でありふれた たれ流し的日常生活日記




コメント歓迎です~☆   ゲイの方 大歓ゲイ☆   リンクはご自由にどうぞ~♪

現在どちらからアクセス中?

カーソルをに合わせるとアクセスポイントが出てきます!

↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
b1ff9625.gif     
クリックお願いいたします

メールも気軽に下さい~JapanSFO@gmail.com~♪
さて 長々と書いてきたミズーリ旅行記ですが 今回が最終回
とっても素敵な夫婦に歓迎されてとっても楽しい時間をすごすことが出来たのですが
やっぱりちょっと馴染めなかったな~というのが・・・








これ











d6d1fdd9.jpeg
これが家のいたるところにあるんですよ~
息子さんが最初に仕留めたものとか なんか意味のある獲物の場合こうして残すみたいですが
家中にこういうのがあるのって馴染めない・・・

つぶらな瞳がこちらを見ているようで つらいです・・・(涙)









そんな訳でこの家には ハンティング用のライフルもたくさんあります
P1000575.JPG
全部でこの三倍くらいはあるんじゃない?
そんなにたくさんもってどうするんだ?! 使うのは自分だけだろうに・・・と 
いらん心配をしてしまいました(笑)







そして広大な家の敷地内には数箇所 鹿&七面鳥撃ち用の なんていうのかいな?
見晴らし台がありまして~ 自分の家の敷地内でもハンティングができるという優れもの・・・?
もちろん仕留めた獲物は自分の家で自分でさばくそうです
P1000628.JPG
SFの僕達の家のほうでも鹿や七面鳥は出没しますけど
決して誰も撃ったりはしないだろうに~
生まれたのがCAの家の近所か 彼らの家の敷地内かでかなり待遇が違ってきますな・・・









さて 文化の違いを感じたのはこれだけではありません
Dさんが持っている この拳銃・・・ もちろん本物です
P1000707.JPG
2人の間のランプスタンドがありますが ランプの横に黒い四角い箱があるのがわかるでしょうか?
このピストルは常時この箱の中 つまり彼らのベットルームにいつも常備されているそうです
それって日本人として CAに住んでいる者として ちょっと考えられないです




実際持たせてもらいましたが・・・
思ったより重くないし おもちゃのようですが
やっぱり持っていていい感じがしませんでしたね~
  P1000708.JPG
弟さんは撃ってみる?撃ってもいいよ~! としきりに勧めてくれましたが
Dさんと共に丁重に辞退させていただきました・・・
これって十分殺傷能力があるわけでして そんなもので試し撃ちって やっぱり出来ないな~

よく観光地で銃を撃つのを売りにしている場所を世界各地で見かけますが
そういうのって絶対やらないし 興味もない僕達なんです
まあ、もっともDさんは子供の頃 ハンティングとかに連れて行かされて経験済みではあるそうです





どうしてこんなものがベットルームに常備されているのか?聞いたら
これがないと 怖くて安心して眠れないじゃないか~!と当然のように言われてしまいました(汗)

確かに 銃社会の米国ですから自分だけ銃を持たないとと不安になるのかもしれないけど
CAの街中に住む日本人の感覚としては やっぱりちょっと理解が大変

この後 銃所有の権利についてなんかの話もしましたが
アメリカの田舎町 特にこの地方の人たちの銃への執着は確固たるものがありまして
予想通り論議は平行線をたどりました








そんなこともありましたが 全体としてはとって 楽しかったミズーリ旅行
丁重な心のこもったもてなしに心から感謝








そして残念ながら帰る時間が迫ってきましたので
車でまた 空港のあるセントルイスの街を目指します
P1000735.JPG
途中 あちらこちらの紅葉がまだまだ十分きれいだったので
それらを楽しむことも出来ました









とってもこじんまりとした セントルイス空港
6d3c53eb.JPG
それでも弟さんの町よりも白人以外の人たちがずいぶんと見られるような環境です(笑)









飛行機は ミズーリ セントルイスを飛び立ちまして
P1000750.JPG
約二時間続けて飛びます









デンバー空港に到着
P1000758.JPG
そこで飛行機を乗り換えて 2時間半ほど飛んだ後








夜の闇にまぎれて 寒い寒いサンフランシスコに到着です
840b1adb.jpeg
この後 Cocoを迎えに行って家に着いたのは10時過ぎ 
疲れましたが とってもいい旅になり大満足です
弟さん夫婦 いろいろとありがとうございました♪




コメント大歓迎!
コメント返し再開しました
これからもよろしくお願いいたします♪

おしまい
 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかりますので~↓
a0a06a91.gif  a0a06a91.gif 
お帰り前に~クリックお願いいたします

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
これがアメリカ
これがアメリカなんでしょうね。州から出たことない人も多いと効きますし、パスポートを持ってない人がお驚きの多さだったと記憶しています。ほんと保守的な国ですよね。オバマさんが大統領になったことは今考えると軌跡に近い!?
Rico 2010/10/29(Fri)16:22:55 編集
Ricoさんへ~
>これがアメリカなんでしょうね。州から出たことない人も多いと効きますし、パスポートを持ってない人がお驚きの多さだったと記憶しています。ほんと保守的な国ですよね。
>>>>>>>>>>>>>>>>

そうだと思います
アメリカ全土への旅行はしても海外旅行はしないって人がかなり多いみたいですもんね


>オバマさんが大統領になったことは今考えると軌跡に近い!?
>>>>>>>>>>>>>>>>>>

あれは単なる流行じゃない?
流行に乗ってみました~ってくらいの感覚かもね~
彼の大きな票はほとんどが大都市部からだし(笑)
2010/10/31 03:11
無題
どんなに大声を出そうが、大きな物音がしようが、ご近所さんに絶対気づかれないこういう場所では、出来るかぎりの自衛をしなくてはならないんでしょうね。その枕もとの銃が実際使われるときのことを想像したら恐ろしい限りですが。
anuenue 2010/10/29(Fri)17:29:59 編集
anuenueさんへ~
>どんなに大声を出そうが、大きな物音がしようが、ご近所さんに絶対気づかれないこういう場所では、出来るかぎりの自衛をしなくてはならないんでしょうね。
>>>>>>>>>>>>>>>

まさにそのようです
確立としては都会に住むよりも低いでしょうけど
近所の助けがないという部分ではそういうのが必要みたいです


>その枕もとの銃が実際使われるときのことを想像したら恐ろしい限りですが。
>>>>>>>>>>>>>

ですよね~
2010/10/31 03:59
無題
ミズーリの様子を見てて、僕の旦那の両親宅を思いだしました(笑)
ペンシルベニアで、家の裏庭に熊が出没するくらいの山奥なんですけど
やっぱり近隣は100%白人で僕が行くとアジア人1人目立つので、
微妙に恐い+心地が悪いんですけどね(笑)
銃ももちろん持ってて、抵抗が有ったんですけど敷地内の射撃場で
試し撃ちまでしてしまいました。。。 本当は銃反対派の僕なんですが。
でも、ベッドの横に銃は無く、普段は金庫に入っています。
本当、加州と比べると全く違う国の様で文化の違いにビックリします。
大体、加州自体がちょっと特殊なんでしょうけどね(^_^)
Yas URL 2010/10/30(Sat)06:53:21 編集
Yasさんへ~
>ミズーリの様子を見てて、僕の旦那の両親宅を思いだしました(笑)
>ペンシルベニアで、家の裏庭に熊が出没するくらいの山奥なんですけど
>やっぱり近隣は100%白人で僕が行くとアジア人1人目立つので、
>微妙に恐い+心地が悪いんですけどね(笑)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

あれま~
Yasさんの旦那さんって アメリカ人だったのですね!?
てっきりヨーロッパの方だと思っておりました
アメリカって都会を外せばみ~んなこんなものなのでしょうな・・・


>銃ももちろん持ってて、抵抗が有ったんですけど敷地内の射撃場で
>試し撃ちまでしてしまいました。。。 本当は銃反対派の僕なんですが。
>でも、ベッドの横に銃は無く、普段は金庫に入っています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>

似たようなものですね~ははは
これだけ銃が社会に浸透しているとやっぱり銃規制ってもう無理なのかもしれないね


>本当、加州と比べると全く違う国の様で文化の違いにビックリします。
>大体、加州自体がちょっと特殊なんでしょうけどね(^_^)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

そうですね~
CAが特殊と言うよりは 大都会圏が特殊って言った方がいいかも
CAでも都会を一歩外れれはミズーリのような田舎町ばっかりですもん!(涙)
2010/10/31 04:04
うわぁ
すみません。またまた出現してしまいました。
私はホームステイをしてたのですが、そこのホストファミリーがもちろん鹿やら、何やらのハンティングに行く方達で、一度鹿をしとめた時は、さばき途中なのか、さばいた後なのか(怖くて直視出来なくて;;)のような鹿さんの残骸がずっとガレージの横に釣られていました。
これは抵抗がありましたねー。

そして、その鹿さんのお料理が食卓に並ぶ訳ですが・・鹿ってだけで怖いのに、ガレージにつり下がっている鹿!!です。食べれませんでした。
ビーフみたいだから食べてな!って言うけど、だったら、ビーフを食べさせてくれーって(笑)

銃はもちろん家の中にありました。そのホストファミリーのお友達で、家の中においていた銃を3歳くらいのお孫さんがよくわからずに触っておじいちゃんが撃たれてしまったという話も聞きました。

あまりに銃が身近で、取り扱いも適当になってるという事なのか。その話を聞いたときは怖かったです。
くぬぎ 2010/10/30(Sat)10:30:04 編集
くぬぎさんへ~
>すみません。またまた出現してしまいました。
>>>>>>>>>>>>>>

ようこそいらっしゃいました~♪


>私はホームステイをしてたのですが、そこのホストファミリーがもちろん鹿やら、何やらのハンティングに行く方達で、一度鹿をしとめた時は、さばき途中なのか、さばいた後なのか(怖くて直視出来なくて;;)のような鹿さんの残骸がずっとガレージの横に釣られていました。
>これは抵抗がありましたねー。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>

それはすごい!
僕も今回裁いているところの写真を見せてもらいましたがかなり衝撃がありました・・・
でも実際人が肉を食べるって 牛にしても鹿にしても こういうことなんだからあたりまえなのかもしれないな~とももったり


>そして、その鹿さんのお料理が食卓に並ぶ訳ですが・・鹿ってだけで怖いのに、ガレージにつり下がっている鹿!!です。食べれませんでした。
>ビーフみたいだから食べてな!って言うけど、だったら、ビーフを食べさせてくれーって(笑)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>

でも鹿にくって意外と美味しいらしですよ(笑)


>銃はもちろん家の中にありました。そのホストファミリーのお友達で、家の中においていた銃を3歳くらいのお孫さんがよくわからずに触っておじいちゃんが撃たれてしまったという話も聞きました。
>>>>>>>>>>>>>>>>>

そういう事故は全米て多発しているみたいですね~
弟さんのセーフティーボックスも$200くらいするみたいですから
ケチった人だとそんなに安全でもない保管になってしまうんでしょうね


>あまりに銃が身近で、取り扱いも適当になってるという事なのか。その話を聞いたときは怖かったです。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

あまりに銃が身近すぎると言うのがこの国の現状で問題なのでしょう
2010/10/31 09:20
無題
ミズーリのような田舎(失礼!)で、家族がゲイだっていうだけで存在自体を否定してしまう人も少なくない中、義弟さんご一家で歓迎してくださるなんて、素敵ですね。
私の親戚は南部の白人の大金持ちなんですが、敷地が100エーカで、ご近所では狭い方なんですって。隣家は敷地内にぶどう畑&自家製ワイン醸造所があり、裏のお宅は当然のようにお庭で鹿撃ちをしております。
銃云々もありますが、その親戚の敷地内にはコヨーテとか、10メートルくらいの蛇が出たりもしますので、やっぱり色んな意味で自己防衛のために必要なんだと思います。私もそこに住んでいたら銃が欲しいと思います……(汗
カリフォルニア州、特にサンフランシスコはアメリカ全体から比べると物凄く特殊なので、いろいろ相容れない部分も多いと思いますが、ご家族を大切にね。
G.A.B. 2010/10/30(Sat)12:33:51 編集
G.A.B.さんへ~
>ミズーリのような田舎(失礼!)で、家族がゲイだっていうだけで存在自体を否定してしまう人も少なくない中、義弟さんご一家で歓迎してくださるなんて、素敵ですね。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>

そうなんですよね~
Dさんだけでなく僕も読んでくれるっていうのがとっても嬉しいものです


>私の親戚は南部の白人の大金持ちなんですが、敷地が100エーカで、ご近所では狭い方なんですって。隣家は敷地内にぶどう畑&自家製ワイン醸造所があり、裏のお宅は当然のようにお庭で鹿撃ちをしております。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

それって現実に良くある話ですよね~


>銃云々もありますが、その親戚の敷地内にはコヨーテとか、10メートルくらいの蛇が出たりもしますので、やっぱり色んな意味で自己防衛のために必要なんだと思います。私もそこに住んでいたら銃が欲しいと思います……(汗
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ははは~
そうですか~そのまえに
僕はきっとそこの住むという選択肢すら選ばないだろうな~(笑)


>カリフォルニア州、特にサンフランシスコはアメリカ全体から比べると物凄く特殊なので、いろいろ相容れない部分も多いと思いますが、ご家族を大切にね。
>>>>>>>>>>>>>>>

SFは特殊中の特殊な場所ですよ~
だから僕も住んでいられるというのがありますね
2010/10/31 09:24
おッ帰りィーーーッ!
先ずは、お疲れしゃん・・・

行く事も、観る事もないハズのミズリー州・・・
堪能させていただきました~

勿論、文化の違いがあるンだろうけど
同じアメリカ人でも、大きな違いがあるンだねぇ~

昔、“大草原のなんたら”ってドラマを観て
アメリカの田舎に憧れたり
更に昔、“奥さまはなんたら”ってドラマを観て
アメリカ人に憧れたり・・・

な~んて、したけどフムフム・・・


チョコレートスニッカーケーキ
美味しそうだったし、食べてみた~~~い!

枯葉に埋もれるワンコが、例えようのないくらい
かわゆいし・・・

Disneyに行っても、カントリーベアジャンボリーに入ると
ヘラ鹿は、バッファローの首だけの飾りモノが
喋りだすのも、気味が悪くなるくらいだから
本物の剥製の飾りモノをみたとしたら・・・(;一_一)


で、Cocomouseくんは、元気でしたか~?
淋しがっていただろうな~
駿 2010/10/30(Sat)12:43:59 編集
駿さんへ~
>先ずは、お疲れしゃん・・・
>>>>>>>>>>>>>

ありがとうございます


>行く事も、観る事もないハズのミズリー州・・・
>堪能させていただきました~
>>>>>>>>>>>>>

そういっていただけると嬉しい限りです!


>勿論、文化の違いがあるンだろうけど
>同じアメリカ人でも、大きな違いがあるンだねぇ~
>>>>>>>>>>>>>>>。

いい悪いはべつとしても段違いの差がありますね


>昔、“大草原のなんたら”ってドラマを観て
>アメリカの田舎に憧れたり
>更に昔、“奥さまはなんたら”ってドラマを観て
>アメリカ人に憧れたり・・・
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

へ~
そういうことがあったんだ~


>な~んて、したけどフムフム・・・>
>チョコレートスニッカーケーキ
>美味しそうだったし、食べてみた~~~い!
>>>>>>>>>>>>>>>>

激アマでのどが渇いてしまったよ~


>枯葉に埋もれるワンコが、例えようのないくらい
>かわゆいし・・・>
>Disneyに行っても、カントリーベアジャンボリーに入ると
>ヘラ鹿は、バッファローの首だけの飾りモノが
>喋りだすのも、気味が悪くなるくらいだから
>本物の剥製の飾りモノをみたとしたら・・・(;一_一)
>>>>>>>>>>>>>>>>

あまり気分のいいものではないけど
違う文化はあたりまえ 否定しないでありのままで受け止めたいものです
ちょっと大変なものもあるけどね~


>>で、Cocomouseくんは、元気でしたか~?
>淋しがっていただろうな~
>>>>>>>>>>>>>>

犬屋敷のおばさんに預かってもらいました
全く問題なく元気にやっていたようです♪
2010/10/31 09:27
私も怖い。。
やっぱりこういう動物を飾るというのは私もだめです。。もちろんですね。。食べてるのですけどね。。猟をする人はきっと趣味だったとしても、その後まで食べているわけだから、きっと悪いことでは無いんでしょうけどね。。私はリスが道端に死んでいても、つい黙祷をしてしまいます。リスだって死にたくなっただろうって。。

私は最初にホームスティした先はベイエリアだったのですが、警察官のおうちだったので、銃がたくさん置いてありました。。お父さんが自慢げに見せてくれて、ああ、アメリカだと思ったのですが、それ以来銃を持っている家庭に行ったことがないように思います。みんな言わないだけなんですかねえ。。うちにもありません。
なのはな URL 2010/10/31(Sun)13:06:14 編集
なのはなさんへ~
>やっぱりこういう動物を飾るというのは私もだめです。。
>>>>>>>>>>>>>>>

ですよね~


>もちろんですね。。食べてるのですけどね。。猟をする人はきっと趣味だったとしても、その後まで食べているわけだから、きっと悪いことでは無いんでしょうけどね。。私はリスが道端に死んでいても、つい黙祷をしてしまいます。リスだって死にたくなっただろうって。。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>

食べる為に感謝しての殺生は人間が生きていくうえでしょうがないことだと思いますが
亡骸をこうした形で飾るのってやぱりね・・・
道端の死骸もやっぱり悲しいものがありますもんな~


>私は最初にホームスティした先はベイエリアだったのですが、警察官のおうちだったので、銃がたくさん置いてありました。。お父さんが自慢げに見せてくれて、ああ、アメリカだと思ったのですが、それ以来銃を持っている家庭に行ったことがないように思います。みんな言わないだけなんですかねえ。。うちにもありません。
>>>>>>>>>>>>>>>

そうですね~
どんなものなんでしょう?
確かにSFでは銃を持っている家庭って聞きませんけど
本当のところはどうなのか?
2010/11/01 03:53
おかえりなさい
一つの国の移動に飛行機で四時間半!
ほとんど海外旅行ですねぇ。
文化が違うのも頷けるよねぇ。

迎えに行ったら、Cocoちゃんが熱烈歓迎してくれたんじゃありませんか?(笑)
めぐこ 2010/10/31(Sun)17:41:09 編集
めぐこさんへ~
>一つの国の移動に飛行機で四時間半!
>ほとんど海外旅行ですねぇ。
>文化が違うのも頷けるよねぇ。
>>>>>>>>>>>>>>

確かにそういわれてみると・・・
日本だったら4時間半も飛行機乗ったら必ず海外旅行になってしまうよね!


>迎えに行ったら、Cocoちゃんが熱烈歓迎してくれたんじゃありませんか?(笑)
>>>>>>>>>>>>>>。

かなり嬉しそうでした
犬屋敷のご婦人のところで預かってもらいましたが
Cocoはあまり好きではなかったみたいです(笑)
2010/11/01 03:55
文化の違いと慣れ
って怖いですね〜。
私はソルトレイクの暮らしも長かったんですが、そんな感じじゃなかったですし。。。でもアウトドアの会社で働いていた時にフィールドではクマが出るので防犯用にピストル所持とトレーニングはさせられました。(もちろんピストルじゃクマの体は貫通しないので怖がらせるためらしいんですが)あの小さいおもちゃのピストルの様な物で空き缶を売ったりするだけで、たかが空き缶の破壊能力を見るだけでこれが人間だったら。。と思ったら恐ろしかったです。ましてやショートヘア系のお犬様達に見えるシカさん達を撃ち殺して飾るなんて。。。。
剥製はスキーロッジのロビーの飾りで十分ですね。

ココたんはどちらでお留守番だったんですか〜?
アレクサママ URL 2010/11/01(Mon)01:14:33 編集
アレクサママさんへ~
>って怖いですね〜。
>私はソルトレイクの暮らしも長かったんですが、そんな感じじゃなかったですし。。。
>>>>>>>>>>>>>>>

ソルトレイクってモルモン系州ですから保守的とはいえども野獣的な州じゃないんでしょうね~(笑)


>でもアウトドアの会社で働いていた時にフィールドではクマが出るので防犯用にピストル所持とトレーニングはさせられました。(もちろんピストルじゃクマの体は貫通しないので怖がらせるためらしいんですが)あの小さいおもちゃのピストルの様な物で空き缶を売ったりするだけで、たかが空き缶の破壊能力を見るだけでこれが人間だったら。。と思ったら恐ろしかったです。ましてやショートヘア系のお犬様達に見えるシカさん達を撃ち殺して飾るなんて。。。。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

そうなんですよ~
鹿ってCocoそっくりなので余計にあの剥製をみるのが複雑な気分になるんですよね


>剥製はスキーロッジのロビーの飾りで十分ですね。
>>>>>>>>>>>>>>

まさに!


>ココたんはどちらでお留守番だったんですか〜?
>>>>>>>>>>>>>

Richmondの犬屋敷のご婦人のところで預かってもらいました
一日$40でしたよ。。。ご婦人はCocoはとってもいい子だったよ~と言ってくれましたが
たくさん犬がいるからCocoはこの場所があまり好きじゃなかったみたいです(笑)
2010/11/01 04:00
無題
僕もミズーリ州にすんでますよぉ。
コロンビアです!アメリカの家って池?みたいなのがある家ありますよねぇ。あれ大好きです!
気ままに釣りができるし・・・。お友達なりませんか?
りゅうき 2012/01/17(Tue)06:33:21 編集
りゅうきさんへ~
>僕もミズーリ州にすんでますよぉ。
>>>>>>>>>>>>

はじめまして~!
コメントありがとうございます
ミズーリ州では学生さんやっているのでしょうか?


>コロンビアです!アメリカの家って池?みたいなのがある家ありますよねぇ。あれ大好きです!
>気ままに釣りができるし・・・。お友達なりませんか?
>>>>>>>>>>>>>

この家も立派な池があって釣りが出来るようです
以前行った時よりも3倍大きな池になっているそうです(笑)
2012/01/17 11:45
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

↓何人ここにいるのかな?
人です。。。
名前:JapanSFO 男性 双子座

こんにちは
男性の好きな男性同士
カップルのたれ流し的生活日記


自己紹介 続き・・・

11 2017/12 01
S M T W T F S
3 4 6 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Instagram
emojiインスタグラムを初めてみました~!
@japansfoで検索してもらえると見つけられると思います。

ブログにのせた写真を載せるだけのものですが、チェックしてみてくださいね
こちら★⇐をクリックすると直接リンクします
最新コメント
コメントありがとうございます
<(_ _*)>
御返事差し上げたコメントには
pen.JPGのアイコンがついています

[12/12 kachita]
[12/12 Snugglebutt]
[12/12 ぴろりん]
[12/12 ree]
[12/11 ちこ]
[12/11 erica小熊]
[12/11 なのはな]
[12/11 なのはな]
[12/10 ママりん]
[12/10 ニルス]
ハタラク
Cocoの日記
Cocoです。San Franciscoです。
台湾から来た白い犬の日記



コメント&メール フォーム
このブログにコメントを残さずに
メールを送りたい時お使いください
100%返信いたします♪
~~~~~~~~~~~~~~~
書き終わったら
 (確 認)ボタン  押してください
カテゴリー

ブログランキング
↓クリックするとこのブログが
何位にあるかわかります☆↓


↑ブログ村↑

6e2f221d.JPG
↑人気ブログ↑

3804c662.JPG
↑FC2↑

お帰り前にクリックしてください♪
ブログ内検索
バーコード
♪♪♪
アクセス解析
PV
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]