忍者ブログ
[78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [71]  [70]  [68]  [67]  [66
アメリカ西海岸の小さな町で 付き合い丸21年の2人
彼氏Dさん&台湾出身の元保護犬Cocoと共にひっそりと 慎ましく暮す男の
地味でありふれた 日常生活日記



コメント歓迎です~☆   ゲイの方 大歓ゲイ☆   リンクはご自由にどうぞ~♪

現在どちらからアクセス中?

カーソルをに合わせるとアクセスポイントが出てきます!

↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
b1ff9625.gif    
クリックお願いいたします

メールも気軽に下さい~JapanSFO@gmail.com~♪
ちょっと振り返って思ったこと・・・








僕は自分勝手でわがままで飽きっぽい性格
集中力もあまりなくって 何をやっても ものにならない
ぱっと見も ぜ~んぜんいい訳でもないし 頭の回転もそんなに速くない



これは別に卑下しているわけではなくて 客観的に見て 自分ってこうなんだな~と素直に思うこと
昔も今も 根っこの部分はそんなに変わっていないと感じます








それに 最近はそれでもよくなってはきていると思うけど 日本で大学生の頃はそれはそれは
人との付き合いがとっても苦手で 全く社交的ではなかったんです・・・
どちらかというと ひとりで時間をすごしていた方が多かったような気がします

人と関わるのが 面倒くさくて こわくて 嫌だったんですよね










そのくせ毎日のように襲ってくる孤独感がこわくて ひとりで夜の街をただ歩いて
誰かと話したくて でも話せなくて 可哀相な人でした
考えてみると あの頃は一年のうちで誰とも話さない日の方が 話した日よりも多かった

友達に囲まれていたという記憶が 小学校から考えてもなかったという
今考えると悲しいくらい 悲惨な青春時代をすごしていました









これは自分が同性愛として悩んできたからなのか? それとも自分の性格のためなのか?
たぶん 両方の入り交ざったものだったのだろけど
今思っても あの頃の自分は 本当にひとりでかわいそうだったな・・・と胸が痛みます








だからって 自分が嫌いか??って聞かれたら 今なら
そんなにも嫌いというわけでもない まあこんな自分でもいいかな~? いいや~って感じです 







そんな人間が 単身米国に来て勉強して 就職して
おまけに恋人まで見つけて よくここまでやってこれたな~ と感心します



今の生活を送っているところをだけを知っている人が見ると
お気楽で 楽しい人生送っていいですね~なんて思うかも!
まあ、ブログにはお馬鹿なことしか書いていないけど
それでもそれなりに ここに来るまで いろいろと大変なこともあったし つらい経験をしてきたと思う








それは どんなに嫌な苦しいことが起こっても 友人と思ってきた人に裏切られても
どこかで もしかしたら次に何か いいことがあるのでは?という気持ちを 
捨て切れなかったんじゃないかな?と思います

どんなに悲しくても つらくてもそれだけが全てにならなかったのだろう・・・


だから・・・


特に同性愛として生きていくと 世間のとか 社会って とっても気になるしプレッシャーの元になるけど
自分が本当に困った時って 世間も 社会も何にもしてくれないんですよね・・・
実はそんな程度のものなのに とっても重い存在だったり







そうかといえば 自分の苦難ばかりが目に付いて
他の人がとってもうらやましかったり 魅力的に輝いて見えたりして
それで妙な焦燥感が出て・・・


それによって自分がより小さく惨めな存在に見えたりするけど それは主観的な見方によって見えるだけで
その対象となる人が必ずしも幸せに満ちているわけではないんですね
きらきら輝いているのはハッタリだったりもするんだし







面白いから~ テレビで使っているからいいんじゃない? ということで
気軽に 同性愛者を侮蔑する言葉を面白おかしく使う人に出会って 
やっぱり今でも なんの尊厳 敬意を払わない人たちがいて ショックを受けたり









この世の中って いろんな要素でいろんなことが渦巻いているから
悩みのない人なんかいない というように やっぱり人それぞれ いくつものいろんな闇を抱えて
それでも 絶望しないで もしかしたら何かいいことがあるんじゃないか? って
それでもなんとか 最後の希望を捨てないで進んでいるのかな・・・









一人で悩んで苦しむのは とってもつらくて 心をも蝕んでしまうんだろう
そうすると 正しい判断さえも何かわからなくなってしまう
疲れたときは 休んでもいいし 誰かに寄りかかっても時にはいいんじゃないだろうか?




でもそれって なかなかできないかもしれない









本当にとっても苦しい時 人は容易に助けを求めることはできなかったりする
助けを求めることが 新しい人との関わりの煩わしさに見えて なかなか進めない







でも・・・
自分がそう思いこんでいる煩わしさって 入ってみると実は心地よかったりすることもある


だから ひとりで抱えないで 誰かに ネットでもいいし メールでもいいし 電話でも
もちろん専門家だっているんだし 言葉にしてみてほしいと思います・・・


それによって自分の気持ちがちょっとだけ見えてきたり 気休めにもなったり 
何もいい結果が得られないこともあるかもしれないけど
それでも 淀んで留まっているより いいんじゃないかな?







一人で悩んでいないで 助けてもらってほしいです・・・
同性愛の問題が 一緒になるどうしても 容易に話せないこともあるかもしれないけど
でも 探せばきっと誰か話を聞いてくれると思います



それが 家族のこと 恋愛のこと 金銭のこと 性格のこと なんであろうと悩みは悩み
悩みに 上も下もないんだから・・・



この世の中には tとんでもなくひどい人もいるけど それ以上に優しく素敵な人もたくさんいるんです
決断をする前に もうちょっとだけ 勇気を出して 煩わしさに飛び込んでみてほしい

笑顔の下で心が泣いているなら慰めてあげてください いたわってあげてください

















僕も性格上の問題と同性愛の絡みで いろんな事考えて 
とっても長く 暗く 冷たい時間をすごしてきたし それはとっても苦しくつらい時間でした
でも やっぱり こうして 踏ん張って ここまで生きてきてよかったなって思います


少数ではありますが友人にも巡り会えたし まあ喧嘩もするけど
100%’信頼できる素晴らしい 伴侶となる人も見つけて一緒に生きていけるし


もちろん
両手ばなしで 喜べる人生ではないけれど それでもあの悲愴な頃を思い出したとき
これはこれで とってもいい人生送っているじゃないか~!? と素直に思えるくらいになりました

そしてその悲しい時さえも温かく見守れる自分になっているような気がします













だから 一人で悩まないで 助けを探してみてください 
僕でもOKだしね 僕にメールでもくれれば100%お返事差し上げます!
永遠に 長いトンネルなんてないと思います そう信じましょう




それでは最後に



この世の中に 生きている人はみんな大きな意味を持って生きているんだと思います



 
                     
こちらは↑北アメリカランキング         こちらは↑同性愛FC2ランキング
コメント欄は閉じておきます
ご理解の方 よろしくお願いいたします

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

↓何人ここにいるのかな?
人です。。。
名前:JapanSFO 男性 双子座

こんにちは
男性の好きな男性同士
カップルのたれ流し的生活日記


自己紹介 続き・・・

08 2017/09 10
S M T W T F S
9
15 16
18 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Instagram
emojiインスタグラムを初めてみました~!
@japansfoで検索してもらえると見つけられると思います。

ブログにのせた写真を載せるだけのものですが、チェックしてみてくださいね
こちら★⇐をクリックすると直接リンクします
最新コメント
コメントありがとうございます
<(_ _*)>
御返事差し上げたコメントには
pen.JPGのアイコンがついています

[09/22 ree]
[09/21 ロクデナシ]
[09/09 ママりん]
[09/09 ree]
[09/08 ママりん]
[09/08 Kayoko]
[09/08 ree]
[09/08 Snugglebutt]
[09/07 480]
[09/07 ree]
ハタラク
Cocoの日記
Cocoです。San Franciscoです。
台湾から来た白い犬の日記



コメント&メール フォーム
このブログにコメントを残さずに
メールを送りたい時お使いください
100%返信いたします♪
~~~~~~~~~~~~~~~
書き終わったら
 (確 認)ボタン  押してください
カテゴリー

ブログランキング
↓クリックするとこのブログが
何位にあるかわかります☆↓


↑ブログ村↑

6e2f221d.JPG
↑人気ブログ↑

3804c662.JPG
↑FC2↑

お帰り前にクリックしてください♪
ブログ内検索
バーコード
♪♪♪
アクセス解析
PV
Template by Crow's nest
忍者ブログ [PR]