忍者ブログ
[1072]  [1071]  [1070]  [1069]  [1068]  [1064]  [1067]  [1066]  [1065]  [1063]  [1062
アメリカ西海岸の小さな町で 付き合い丸20年の2人
彼氏Dさん&台湾出身の元保護犬Cocoと共にひっそりと 慎ましく暮す男の
地味でありふれた 日常生活日記



コメント歓迎です~☆   ゲイの方 大歓ゲイ☆   リンクはご自由にどうぞ~♪

現在どちらからアクセス中?

カーソルをに合わせるとアクセスポイントが出てきます!

↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
b1ff9625.gif    
クリックお願いいたします

メールも気軽に下さい~JapanSFO@gmail.com~♪
NYタイムズに新作映画の紹介が掲載されていました
通常 新しい映画とかテレビ番組とかあまり興味がないのですが
この映画にはちょっと興味がわきました




映画のタイトル: Bridegroom





これは実際に起こった話をもとに作られた映画なようで
どうも読んでみると同性カップルが結婚できなかったために悲しい現実を突きつけられ
苦悩を通して残された相手方が社会に問題提起をしていくというものらしい




簡単にバックグラウンドを紹介すると
左←シェーンさんはウィスコンシン州出身
右→トムさんはインディアナ州出身 どちらも比較的保守的な州です

6年間の付き合いの間 一緒に住み家を共同購入 事業を立ち上げて共同経営
付き合い一年目くらいにお互いの実家にカミングアウト
シェーン←さんの家族は田舎町の人であったが大きな心の持ち主だったらしく
シェーンさんがいい相手に巡り合えたことを歓迎してくれたが
トムさんの実家では正反対の反応で母親は同性愛は罪だと彼に言い
もっと早く言ってくれれば何らかの治療で治せたのにと彼を非難し

彼の父親はトムさんを殴りつけ銃で脅すなどの暴力があり
トムは家にいられなくなり実家を出てカリフォルニアの家に戻った
そんなこともあり 実家とはやり取りが切れたトムであったのだが・・・







付き合い6年目にトムが屋上から転落という事故で死亡
あまりのショックに呆然とするシェーンにトムの母は事故から24時間もたっていないうちに
トムの銀行口座の開示を求めたり 遺体をインディアナに彼払いで送るよう申し付け

挙句の果てに彼らの家に入り込みトムの遺品を持ち出していった
シェーンがインディアナでの葬儀に参列したいと申し出ると
来るのなら銃を用意しておくから 来れるものなら来てみろ!という返事
結局彼は愛する相手の葬儀にも参加できず 
夜中人がいないときにひっそりと隠れるようにインディアナまで行き
彼のお墓を訪れることしかできなかったそうだ

その後彼はトムの死因の詳細を病院に問い合わせるも
病院側も家族以外のものには詳細は教えられないと拒否される
これはCAで同性婚の権利がない時のことなので

彼らは6年間付き合い一緒に住み 一緒に家のローンを組み 事業を起こしていても
法律上は何の保護もない単なる同居人で 赤の他人という何の権利もない状態
そして険悪の関係であった親というだけの立場人間が一切の権利を行使できるという悲劇








この言いようのない ぶつけどころのない あまりにも不平等ので暴力的な状況
この状態の時シェーンは その時の気持ちを一つのビデオのつづったそうです
その時のビデオがこちら
これが思ってもよらぬ反響を呼び 問題提起の大きなきっかけとなったそうです
このビデオが一人の映画監督の目に留まりこの事実をもとに映画が作られ
今月末に公開になりNYタイムズに紹介されたということなのだそうです







誰だって大切な相手がこの世からすぐにいなくなるとは考えたくないし考えられないもの
しかしその時は遅かれ早かれ必ず訪れる 人それぞれ価値観 状況は違うから一概には言い切れないけど
僕たちはまだそういうのあまり…と言っている場合ではないのかもしれない

そういう悲劇が起こることが回避できるのなら ちゃんと準備しておいても無駄ではないだろう
それも本当の意味で相手を思いやるという心なのかもしれない







彼の悲劇が起こった時に比べると今は同性婚が認められ法的整備がかなり改善されていると思う
でも法的整備ができても人々の心までそう簡単に変えることができないもの
だから彼らが通ってきた苦悩の道を社会に訴えて

片田舎の偏見と暴力的な意見で固まっている人たちに
根気強く訴えかけていくというのは重要なことだと思います
そして一人でも多くの人に法的な意味だけでなく本当の重要性をわかってもらいたいものです





さて日本では同性カップルに対しては皆無と言っていいほど法整備が全くできていない状態
つまり日本でもこの悲劇は絶対に起こりうる問題
日本でももっと多くの人が声をあげてこの問題に取り組まないといけないのではないだろうか?





(日記とは関係ないけどお知らせ♪)
TVJapanでは現在10/20まで無料視聴開催中なのだそうで
Comcastでは330 AT&Tでは3680 San Bruno Cableは225
サクラメントSure Westでは501で日本語テレビが見れるそうです♪





おしまい★  
 
↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリックしてからお帰りくださいませ~
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
同性愛もそうですが、肌の色の違いも、ですよね。
義両親、特に義母がそう言う考えです。
今でこそ嫁姑仲はいいですけど、私と結婚する時は賛成ではなかったらしく、黒人でなかっただけまし、って言ったそうです。
恐らく主人が同性愛者だとしたら許さなかったんではないかと思います。

動画を見て、最初にトムの悲しい場面があったじゃないですか?
私、もうそこで泣いてしまいましたよ。
ree URL 2013/10/18(Fri)01:30:52 編集
reeさんへ~
>同性愛もそうですが、肌の色の違いも、ですよね。
>>>>>>>>>>>>

肌の色 宗教 教育レベル 経済的レベル
ひとってどんなものに関しても自分と違うものには拒否反応を示しやすい生き物のようです・・・


>義両親、特に義母がそう言う考えです。
>今でこそ嫁姑仲はいいですけど、私と結婚する時は賛成ではなかったらしく、黒人でなかっただけまし、って言ったそうです。
>>>>>>>>>>>>>

特に南部とかありえそうな話ですね
SFベイエリアではそういう話はまずないけど ここだって車で1時間も内陸部に入れば思いっきり保守的 米国って世界への情報発信源はNY,LAなんかの大都市だから世界的には進んでる~みたいに見えるけど実はそうでもないのですよね。。。


>恐らく主人が同性愛者だとしたら許さなかったんではないかと思います。
>>>>>>>>>>>>>>

絶対ありえますね


>動画を見て、最初にトムの悲しい場面があったじゃないですか?
>私、もうそこで泣いてしまいましたよ。
>>>>>>>>>>>>>

これがフィクションではなく本当の話って本当に心が痛みます
少しでもいいから状況 環境 そして人々の心境がいい方向へ向かっていることを願います!
2013/10/18 01:48
無題
自分の周りには普通にリベラルな人しかいないので、こういう話は聞かないと想像もできないです。

トムさんのビデオ、悲痛な思いと社会を変えるんだという決意が伝わってきます。この映画を一人でも多くの人が見て、トムさんのメッセージが伝わるといいですね。
シサロン URL 2013/10/18(Fri)17:06:20 編集
シサロンさんへ~
>自分の周りには普通にリベラルな人しかいないので、こういう話は聞かないと想像もできないです。
>>>>>>>>>>>>>

SFに住んでいるとそういう感覚になり それが米国全てか!?と思いがちだけど実際はこの町がとっても特殊でCAでもここから車で1時間も行けば実は偏見と暴力にあふれた場所だったりもするんですよね・・・(涙)


>トムさんのビデオ、悲痛な思いと社会を変えるんだという決意が伝わってきます。この映画を一人でも多くの人が見て、トムさんのメッセージが伝わるといいですね。
>>>>>>>>>>>>>>>>>

確かに今は同性婚も認められるようになったけど
法整備だけでは人の心に住む偏見や差別までは治すことができないのでこういう問題敵的なメッセージは随時発して行かないといけないんだな~と思います
2013/10/19 00:18
無題
It's really sad in many ways..., and made me cry...

どこかで聞いたことのあるような話。このカップルだけじゃなくて、同性愛カップルにはこういう悲劇に見舞われた人が結構いるのではないでしょうか。 私の友人にもいます。実際に、「病院でゲイを直す」といった人もいます。

亡くなったトムがもし口を利けたとしたら、なんて言ったでしょう!


考えさせられちゃいますよね。こういった映画で少しでも同性愛に対して心を開いてくれる人たちがいることを願います。
マルコパパ 2013/10/19(Sat)03:37:27 編集
マルコパパさんへ~
>It's really sad in many ways..., and made me cry...
>どこかで聞いたことのあるような話。このカップルだけじゃなくて、同性愛カップルにはこういう悲劇に見舞われた人が結構いるのではないでしょうか。 私の友人にもいます。実際に、「病院でゲイを直す」といった人もいます。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

そうですね
ここまでひどい状況は稀だとしても 権利がないばかりに離れ離れになったカップルはたくさん見てきました・・・


>亡くなったトムがもし口を利けたとしたら、なんて言ったでしょう!
>>>>>>>>>>>>>>

本当にね
亡くなった人の生前の思いを踏みにじるなんて・・・


>>考えさせられちゃいますよね。こういった映画で少しでも同性愛に対して心を開いてくれる人たちがいることを願います。
>>>>>>>>>>

長い道のりだけど声を上げていくことって大切ですよね!
2013/10/19 12:00
無題
追加コメントです。誤解がないように...

「病院でゲイを直す」といった人は、もちろん家族の人です。
マルコパパ 2013/10/19(Sat)03:40:49 編集
マルコパパさんへ~
>追加コメントです。誤解がないように...
>「病院でゲイを直す」といった人は、もちろん家族の人です。
>>>>>>>>>>>>>>>>

了解!
ありがとう~
2013/10/19 13:51
無題
ビデオ見ました。
涙が出ました。
彼の苦悩とどうにも出来ない現実の壁。
今、彼はどうしているのでしょうね。
とても良く出来た作品で、それが更に悲しみを増しました。
同性愛間の結婚がOKになると、このような悲劇を防げるのですね。
それにしても、トムのご家族の行動、私には理解出来ません。
人としてどうなのって。
でも、価値観の違いなんでしょうね。
立場の違いで、変わってくるのでしょうけど、悲しい事です。
Sasha 2013/10/19(Sat)04:37:11 編集
Sashaさんへ~
>ビデオ見ました。
>涙が出ました。
>彼の苦悩とどうにも出来ない現実の壁。
>>>>>>>>>>>>>

彼が正しいのはどう見ても明らかなのに全くその正義を行使する権利がないというのは心が引き裂かれるような痛みだったと思います


>今、彼はどうしているのでしょうね。
>とても良く出来た作品で、それが更に悲しみを増しました。
>同性愛間の結婚がOKになると、このような悲劇を防げるのですね。
>>>>>>>>>>>>>>

これによりいままでHATEの人たちによって虐げられていたたくさんの人の権利が守られることでしょう


>それにしても、トムのご家族の行動、私には理解出来ません。
>人としてどうなのって。
>でも、価値観の違いなんでしょうね。
>立場の違いで、変わってくるのでしょうけど、悲しい事です。
>>>>>>>>>>>>>>>>

そうですね
価値観が違うのはしょうがないのかもしれない
でもその違いを乗り越えて理解しあい許しあえる心を持てる人間が増えてほしいものです
そしてそんな人間に自分のなれるよう努力したいです
2013/10/19 14:12

↓何人ここにいるのかな?
人です。。。
名前:JapanSFO 男性 双子座

こんにちは
男性の好きな男性同士
カップルのたれ流し的生活日記


自己紹介 続き・・・

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4
13 15
16 19 21 22
24 26 28 29
30 31
Instagram
emojiインスタグラムを初めてみました~!
@japansfoで検索してもらえると見つけられると思います。

ブログにのせた写真を載せるだけのものですが、チェックしてみてくださいね
こちら★⇐をクリックすると直接リンクします
最新コメント
コメントありがとうございます
<(_ _*)>
御返事差し上げたコメントには
pen.JPGのアイコンがついています

[07/28 ree]
[07/27 ロクデナシ]
[07/26 R]
[07/26 佐藤(み)]
[07/26 ree]
[07/25 マッチョかーさん]
[07/25 ree]
[07/24 ママりん]
[07/24 なのはな]
[07/24 Snugglebutt]
ハタラク
Cocoの日記
Cocoです。San Franciscoです。
台湾から来た白い犬の日記



コメント&メール フォーム
このブログにコメントを残さずに
メールを送りたい時お使いください
100%返信いたします♪
~~~~~~~~~~~~~~~
書き終わったら
 (確 認)ボタン  押してください
カテゴリー

ブログランキング
↓クリックするとこのブログが
何位にあるかわかります☆↓


↑ブログ村↑

6e2f221d.JPG
↑人気ブログ↑

3804c662.JPG
↑FC2↑

お帰り前にクリックしてください♪
ブログ内検索
バーコード
♪♪♪
アクセス解析
PV
Template by Crow's nest
忍者ブログ [PR]