忍者ブログ
[88]  [87]  [86]  [84]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75
アメリカ西海岸の小さな町で 付き合い丸21年の2人
米国人彼氏Dさんと雑種犬Cocoと共にひっそりと 慎ましく暮す男の
地味でありふれた たれ流し的日常生活日記




コメント歓迎です~☆   ゲイの方 大歓ゲイ☆   リンクはご自由にどうぞ~♪

現在どちらからアクセス中?

カーソルをに合わせるとアクセスポイントが出てきます!

↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
b1ff9625.gif     
クリックお願いいたします

メールも気軽に下さい~JapanSFO@gmail.com~♪
 ここのところ コメント欄を閉じており 
そのことに関していろんな方からメールをいただきまして その都度できる範囲の説明をしてきました





コメント欄がないと コミュニケートもなかなかできなくて
僕としても 日記を書くことの楽しみが半減してしまいます

日本語を 読めもしないんですけど・・・彼氏Dさんも
僕が面白いコメントや彼氏Dさんの知り合いからのコメントなんかがあると
ちゃんと英訳して教えてあげて楽しんでいるので コメント欄は開けるべきだ! といいます・・・





コメント欄 再開の前にどうしてこうしばらくの閉鎖になったのかを区切りとして説明してから
ちゃんと再開したほうが 自分にもいいし ここに来てくれる方もわかってくれるのではないかな?
と思いまして 今回書いてみることにしました










コメント欄を閉めたきっかけは どうってことはない 単なるReno旅行記を書き始めたから
いつも旅行記を書くときは さっさと済ませたいので コメント欄を閉めて書くのが常になっていました 
まあ、これは驚くべきことでもなんでもないんですよね~ 









旅行記も書き終えて あ~そろそろコメント欄を開けようかな? と思っていた頃



僕が知っている ブログを通して知り合いになった方 
歳も同じくらい 日本人として ゲイとして このSFに住んで 
バックグラウンド的には とっても共感できる方で いろんな才能に溢れる人が
最近 自らの命を絶ってしまったという事を聞いてしまったのです・・・




この知らせは 大変僕にとって衝撃的でした
とっても明るい 前向きで誰にでも好かれるような人で 人並み以上の才能に恵まれていても
一体何に悩んでいたのかはわかりませんが 悩みを抱えて 誰にも相談できず
最終的にとった行動が 自らの命を絶つという 僕の想像を遥かに越えるものでした




彼は自殺の数ヶ月前に 長い間書いていた芸術的な素晴らしいブログを
まるで この決断を予期させるかのような とっても意味深な言葉を残して休止して
とっても楽しいと言っていた仕事場もやめて もしかしたらなんらかのサインを発していたのかもしれないけど
ちょっと落ち込んでいるのかな? まあ時間が経てば大丈夫だろう~ 程度にしか思っていませんでした・・・




最近の僕は どんなに悩み苦しんでも 彼の選択したそんなオプションさえ 考えたことがなかったので
そういう選択がこの世にはあるのだということを改めて知り 悲しかったのです


それと同時に どれだけ今の自分が恵まれた環境にいるのかを再確認させられました






だから 
とっても悲しかった昔のことを思い出してしまい どんなに苦しくても どうか一人で最終決断をしないで
誰かに相談してほしいと 生きてほしいと そのときの願いをこめて日記に綴りました

そしてそのことに関してコメントをいただきたいとは思いませんでしたので 
コメント欄を閉じたままにしておきました


この悲しい知らせには 自分のエナジーレベルも低くなってしまったままになってしまったのです









そして
数日後 ブログで仲良くさせていただいている方のお父さんが亡くなったとの事を聞きました・・・
年代的にも同じ ゲイとして 日本を離れて彼氏さんと米国に住んでいる環境も
大変似ている状況だったため まったく他人事のように思うことができませんでした






自分の親も もう若いとはいえない歳 確かにいまだに現役で仕事について 病気も怪我もなく
一生懸命働いて 差し迫った心配はないとは言うものの やっぱり毎年歳を重ねるごとに
向こうもどんどん歳をとっていくわけですから 気にはなります


この知らせは 自分の親が重なってしまい 決して近いといえるところに住んでいない僕にとって
いろいろと考えさせられる事となりました

年に一回帰れればいいくらい 下手したらそれもままならない・・・
いつでも会えるような気がするし それは本当でもあるけど
現実問題として 両親が生きているまでに あと何回会えるのか? 考えると寂しくなります

いったい今 ここに住んでいる僕は 僕をここまで育ててくれた そしていまだに気にかけてくれる
かけがえのない大切な人に何ができるんだろうと 考えても考えても 

なかなか答えは出ませんでした・・・

今もずっと考えています










最後の悲しいニュースは それからまた数日後でした





それは 昔からのこのブログにコメントをくれていて 実際に会ったこともあるLucyさん
長い闘病の末 息を引き取ったというものでした





Lucyさんは以前 僕が楽天ブログにいる頃 彼女も楽天でブログを書いていて 龍児さんを通して
僕のブログを知るようになり コメントをくれるようになった 古い常連さんの一人です
今はもう楽天のブログを閉じてしまってはいましたがMixiの方でマイミクとなってくれていました

以前はよくコメント残してくれていたから ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね






彼女の最初のコメントは・・・



はじめまして    




 
というものでした!
いきなり初めから熊好きですと言ってしまうところに驚きを感じたのを覚えています(笑)
また~変なのがやってきたぞ・・・とも思ったりしました(笑)



年代的にもほぼ同じの彼女のコメントはとっても明るくて 楽しく素直なものが多く 
最初は まったくこのLucyさんが もうこの時点で癌を患っていたということはまったく知らなかったのです



病院に行くことが日記に多く書いてあって 鈍い僕は初めの頃???という感じでした
でもまったく隠していない彼女ですので しばらくしてから 彼女が癌を患っていることがわかりました







その当時の彼女のブログを思い出しててみると 明るいながらも いろんな治療を受けてとっても大変そうで
体も その日その日によって 調子がよかったり 悪かったりして 読んでいてちょっと切なかったです




それでも彼女の文体は 無理に明るいんじゃなくて 
痛いときは痛い! つらいときはつらい! たのしかった 美味しかったなどと 
素直に書いてあったので 僕もその都度 素直な感想を書くことができたように思えます











最初に 会うことになったのは 僕が一人で日本へ帰国することと決まったとき
彼女に ちょっとした買い物を頼まれまして どうせなら直接会って ご飯でも食べながら
頼まれ物を 渡せはいいじゃない? という事で実現したのです  

その日の日記がこちらです  ーーー彼女のコメントもこの日記の下についています





待ち合わせは 横浜でした
初めて会った彼女の感想は 一生懸命のブログでの印象とはちょっと違って
やせていて 白くか細い人だな・・・という感じでした

お互いちょっと緊張していて それでも お互いなんとなくしゃべれるようになってきたら
Lucyさん・・・ 
あら~~ 思っていたよりずっといい男じゃない~!!
あなた もてるでしょ~?
 とぶっぱなしてくれました(笑)

そんなこと言うのLucyさん以外人生の中で一度もないよ~♪ と僕も応戦しました!





食事は彼女のお勧めでFriday’sというアメリカンなレストランへ行こうと誘われましたが・・・
僕は 日本にまでわざわざ来て アメリカンな食事はしたくな~い!! と丁重に(?) お断りして
別に日本食などを代替案として提示してみましたが Lucyさんは日本食があまり好きではない!というので

中間点で?スペイン料理を食べることになったのです





彼女は 抗がん剤のため頭髪が抜けてしまい 帽子を愛用していましたが
食事時にも 帽子をかぶっていることを詫びてくれていたのが 心に残っています

僕が買ってきた頼まれモノを とっても喜んでくれて 彼氏Dさんの写真を見せたりして でも・・・
私はもっと熊系がいいわ~ と言っていたのには 大笑いしました





楽しい時間はあっという間に過ぎて 僕もそろそろ次の場所へ行かなくては行けなくなり
彼女も ちょっと疲れたので家に帰ることになり お互い再開を約束して わかれました・・・







その後
再会は叶わなかったというわけです








僕はこの出会いあとも ちょくちょく日本へいっていましたが なかなか時間が作れず
Lucyさんも体の調子が悪かったりして まあぁ~ またいつでも会えるからいいよね~~
なんて言っていたのですが 

あの時 無理してでも時間を作って会っておけばよかったとも今になると 考えてしまいます










そしてここ数ヶ月 Lucyさんのコメントが少なくなり 日記の更新が極端に減り
Mixiで最後に残された彼女の日記は とっても痛々しくて 悲しすぎました・・・
そのためなんとコメントしていいのか分からず コメントを残せませんでした

そのうち
僕が メールをしても返事が来なくなったりして 電話でもしようかな? と思っているときに
久しぶりに Lucyさんからのコメントが このブログに入っていました





その後は元気なJapanSFOさんに戻ったかな? 
お花、いけるの、上手ですね~♪ 
華道、やってたんですか?? 
あたしは花瓶に切り花をいけるだけでも下手なんですよ~(@_@) 

やっぱり気分転換には外出が一番ですね♪ 
なにげなお散歩でも、かなり違うもんです。 
ただ、最近の横浜、暑すぎて気分転換というよりは具合悪くなってしまうほどなので要注意なんです(*_*) 
今年もまた猛暑みたいなんですよ~(-_-;) 
病人に暑さはキビシ~!! 
lucy 2008/07/19(Sat)22:02:56 編集

これがLucyさんからの最後のコメントでした






きっと自分の体の方もきついことだったのでしょうけど 僕のことを気遣ってくれていて・・・
Lucyさんの文章から そこまで心配するほどでもないかな? と思って 
自称電話は嫌いと言う彼女のことですので 電話は控えておいたんです







でも不思議なことに これから一ヵ月後くらいに 何故か妙にまた彼女のことが気になってしまい
これは電話しなくっちゃいけない!! と思って電話番号を探したのですが 全く見つからなくって 
どうしたらいいのかな・・・? と少し経った頃 彼女の訃報が届きました





たった一度しか会えなかった人だけど とっても悲しかったです
たった一度しか会えなかったけど ブログではたくさんの会話があったから
自分が予期していた以上に とっても堪えました・・・


もちろん感傷的になっているのはわかりますが 
やっぱりLucyさん あなたに逢えてとっても嬉しかったです 




日本に住む日本人女性でゲイに関して とってもオープンで全く自然体で付き合ってくれて
堂々と 白人熊系が好き などと言う方にあったのは あなたが初めてです ( ^∇^)




僕が彼氏Dさんとの関係がまずくなったときも 真っ先にメールくれて
いろいろ励ましてくれたのに あなたがつらいときは何にもできなかったな・・・




人 ひとりの存在って とっても小さくてすぐにでも忘れられる程度のものだけど
それでも 人 ひとりの存在って 大きくて優しくて楽しくて忘れがたい存在にもなりえるんだな





Lucyさん
お疲れ様でした 
いろいろ たくさん ありがとう 
痛みもおわりました 

ゆっくりお休みください



もう一度だけ会いたかったな・・・







中には 人の死をブログに書くなんて・・・と思われる方もいらっしゃるかと思われますが
ここは僕の日記で やっぱり残しておきたかったし 彼女のことだからきっと許してくれると思い
僕はこうしてLucyさんのことを書いておくことに決めました ご了承ください 



なお 龍児さんのLucyさん思い出話







ブログとかネットとかの出会いを 否定する方も多いのは知っていますが
出会いの形なんて僕にとっては 取るに足らない どうでもいい些細なこと 




重要なのは出会い そこからの関係だと思うんです

特にこうやって海外に住んでしまうと 日本人同士の交流が希薄になってしまいます
それを補うためにも 僕はネットでの出会い交流は 他の出会いと同じくらい大切にしたいと思っています
それは ゲイだろうが ストレートだろうが関係なく大切です
僕はそういう考えです








そして今回これらのことを通して 僕が感じたことは
親にしても 友人にしても 家族にしても 恋人にしても もちろん自分にしても
今この時点では この今ある存在が 永遠に続いていくように感じてしまいますが
それは全くの錯覚で 人の命をいうものはとっても脆く 簡単にこの世からなくなってしまうもの
簡単に消し去ることができるんだということ

次回というものが永遠にありえないことも この世にはたくさん存在していることを忘れてはいけないですね・・・





だから
また今度 次に会ったときは・・・と考えるよりも
一期一会に近い気持ちで 会ったときに 巡り会えた人に精一杯のことができたらいいのに・・・




もちろんこれは理想論であって そうそう簡単に毎回できないでしょうけど
でも 心の底にこの気持ちを忘れることなく

たとえ仕事でも 遊びでも どんな状況でも 毎回相手を大切に思えればいいですね






身近にいる人も 遠くにいる人も 大好きな人も そんなに好きでもない人も
こうやって巡り会えたのはきっと何か意味のあるものだから その意味を考えながら
その相手を大切にできたらな 






僕にはまだまだそこまでできないのが 大きな課題だ・・・ (-。-;)




ここ数週間は
いろんなことを考えてしまい 落ち込んでしまい 彼氏Dさんが心配していろいろ連れ出してくれました
そんな訳で 純粋に皆さんのコメントを楽しめる状態ではなかったのです
これが今までコメント欄を開けなくなってしまっていた いきさつです

ご清聴感謝いたします

おしまい★



                       
こちらは↑北アメリカランキング         こちらは↑同性愛FC2ランキング 
↑お帰り前に ちゃんとクリックしてくださいよ~↑

コメント欄はたぶん 次の日記で開きます
これからもお付き合いの方よろしくお願いいたします




 
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

↓何人ここにいるのかな?
人です。。。
名前:JapanSFO 男性 双子座

こんにちは
男性の好きな男性同士
カップルのたれ流し的生活日記


自己紹介 続き・・・

11 2017/12 01
S M T W T F S
3 4 6 8 9
11 12 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Instagram
emojiインスタグラムを初めてみました~!
@japansfoで検索してもらえると見つけられると思います。

ブログにのせた写真を載せるだけのものですが、チェックしてみてくださいね
こちら★⇐をクリックすると直接リンクします
最新コメント
コメントありがとうございます
<(_ _*)>
御返事差し上げたコメントには
pen.JPGのアイコンがついています

[12/15 ロクデナシ]
[12/14 こぐれん]
[12/14 Snugglebutt]
[12/14 ree]
[12/14 ロクデナシ]
[12/13 マッチョかーさん]
[12/13 ぴろりん]
[12/13 TKGREG ]
[12/13 東海岸まっすぐ]
[12/12 kachita]
ハタラク
Cocoの日記
Cocoです。San Franciscoです。
台湾から来た白い犬の日記



コメント&メール フォーム
このブログにコメントを残さずに
メールを送りたい時お使いください
100%返信いたします♪
~~~~~~~~~~~~~~~
書き終わったら
 (確 認)ボタン  押してください
カテゴリー

ブログランキング
↓クリックするとこのブログが
何位にあるかわかります☆↓


↑ブログ村↑

6e2f221d.JPG
↑人気ブログ↑

3804c662.JPG
↑FC2↑

お帰り前にクリックしてください♪
ブログ内検索
バーコード
♪♪♪
アクセス解析
PV
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]