忍者ブログ
[173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163
アメリカ西海岸の小さな町で 付き合い丸21年の2人
彼氏Dさん&台湾出身の元保護犬Cocoと共にひっそりと 慎ましく暮す男の
地味でありふれた 日常生活日記



コメント歓迎です~☆   ゲイの方 大歓ゲイ☆   リンクはご自由にどうぞ~♪

現在どちらからアクセス中?

カーソルをに合わせるとアクセスポイントが出てきます!

↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
b1ff9625.gif    
クリックお願いいたします

メールも気軽に下さい~JapanSFO@gmail.com~♪
この日記は 昨日の続きです 初めての方はこちらからどうぞ★






女の砦観光のあとは 車で また来た道を戻っていきまして
工事中の道や また別の遺跡の横を通り抜け タ プロームという遺跡に行ってきました

P1060739.JPGP1060744.JPG








カンボジアのアンコールワット周辺とは凄いところです 
いたるところに 巨大な遺跡がたくさんあります




到着してすぐに 例のごとく幼子たちが 一生懸命物売りをしています・・・
何も買わないでいるのが 難しいくらい一生懸命売りに来ますね

P1060746.JPG





ここの遺跡は 遺跡と自然破壊の調和が不思議な場所で 
日本人の方は一度は写真なのでご覧になったことがあると思われる かなり有名な遺跡です


最初にゲートを通ります



P1060748.JPG







最初から素晴らしい彫刻の数々を見ることができます



P1060750.JPG









しかし 風化も激しいことは否めません



P1060749.JPG









この寺院は1186年に 大乗仏教の寺院として建てられました
日本では平安時代末期 1192年に鎌倉幕府が成立しますから目安とするとそれくらいの時代ですね



P1060753.JPG









かつて 5000人以上の僧侶が住んでいたといわれているほど 立派な大きな寺院です



P1060756.JPG










しかしその後 ヒンズー教に改修され 仏像の多くは破壊されてしまいました



P1060758.JPG






ヒンズー教のレリーフは綺麗に残っているのに 仏教の仏像のレリーフはしっかり全て
細かいところまで 削られてしまっていて 今でもそのあとを見ることができます






ところどころに こんな感じで推定300年くらいたっていると思われる巨木が 寺院を覆いつくくしています




P1060761.JPG






木の実を食べた鳥の分に運ばれた 風に乗って運ばれてきた種が こうして根を張りました




P1060764.JPG







アンコールワットも 発見された時は木に覆われていたといいますから
きっとこんな感じだったのかもしれません



P1060766.JPG








それでも こうしてこの寺院は自然との調和を保ちながら 1000年近くたった今も こうして存在しています




P1060767.JPG







ここは このように至るところに 瓦礫のように遺跡の一部が転がっています







P1060772.JPG







蛇のように 大きな根っこが寺院に絡みつき もう外すこともできないし
たとえ無理に この木を外したらきっとこの寺院も崩壊してしまうのかもしれません




P1060770.JPG








この多頭の蛇は ナーガ 水と雨 不死の象徴なのだそうで
たくさんの建物の四方に配置されていました


P1060774.JPG







これはなんだったか忘れました・・・(汗)
あまりにいろんなレリーフがあり たくさんの説明があったのですが
一生懸命説明してくれたガイドさんに申し訳ありません・・・(涙)


P1060775.JPG







この遺跡には もともと39のこのような祠堂がありました

 
P1060778.JPG

仏教寺院と違って このように高く高く寺院を建てるのは ヒンズー教寺院の特徴なのだそうです
そういえば シンガポールで見たヒンズー教の寺院も こんな感じでとっても高く聳え立っていました ↓

 
P1060296.JPG








このような 風景を見ると 自然の力って凄いものだなって感じます
P1060779.JPG







どれだけの人間の力を持っても 栄華を誇ったとしても


 
P1060788.JPG







それは長いこの世の中の時間の中で ほんの一瞬の出来事でしかないのかもしれません
P1060792.JPG


どれだけ人間ががんばっても その力って言うのは 些細なもので
荘厳な建物を作っても 時代と勢力の関係ですぐに崩れ落ちてしまうものなんですね~





しかし この遺跡を残そうとする現代の動きの中で 人類が続く限り
この女神はこのまま こうして微笑み続けることができるのかもしれません・・・
P1060795.JPG









それにしても うまい具合にこうして上手に 木が育つものですね~
最初は 寺院の上から生えたのでしょうから 必要な水や養分は いったいどうして調達していたのでしょう?

 
P1060798.JPG









ここまで来ると 芸術品ともいえるくらい 寺院と樹木の調和が素晴らしいものです!

 
P1060800.JPG







ここの木はいったいどこまでそのままにしておくのでしょうか?
やっぱりいつかは 伐採しなくてはいけない日が来るのでしょうか?

 
.P1060802.JPG









木の根っこの間で 仏像の真似をしてみました~♪

 
P1060803.JPG







この木もよく育っていますね~
何か特殊な栄養素でもあるのでしょうか・・・   (-_-;ウーン

P1060805.JPG










この寺院は 数年経ったらまた訪れてみたいものです

25adb035.jpeg





ここの遺跡にも数時間いましたが
高い温度と湿気に もうへろへろ状態でしたので

この後は ホテルへ戻りました~

でも・・・






つづく



www88_31_3.jpg banner_03.jpg c_04.jpg 
お帰りの前に ↑押してくださいな~
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

↓何人ここにいるのかな?
人です。。。
名前:JapanSFO 男性 双子座

こんにちは
男性の好きな男性同士
カップルのたれ流し的生活日記


自己紹介 続き・・・

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5 7
9 11 13
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Instagram
emojiインスタグラムを初めてみました~!
@japansfoで検索してもらえると見つけられると思います。

ブログにのせた写真を載せるだけのものですが、チェックしてみてくださいね
こちら★⇐をクリックすると直接リンクします
最新コメント
コメントありがとうございます
<(_ _*)>
御返事差し上げたコメントには
pen.JPGのアイコンがついています

[10/17 ree]
[10/16 ちこ]
[10/16 TKGREG ]
[10/15 ママりん]
[10/15 めぐこ]
[10/14 MISAKI]
[10/13 ree]
[10/13 レッチ]
[10/13 Mayu]
[10/12 kachita]
ハタラク
Cocoの日記
Cocoです。San Franciscoです。
台湾から来た白い犬の日記



コメント&メール フォーム
このブログにコメントを残さずに
メールを送りたい時お使いください
100%返信いたします♪
~~~~~~~~~~~~~~~
書き終わったら
 (確 認)ボタン  押してください
カテゴリー

ブログランキング
↓クリックするとこのブログが
何位にあるかわかります☆↓


↑ブログ村↑

6e2f221d.JPG
↑人気ブログ↑

3804c662.JPG
↑FC2↑

お帰り前にクリックしてください♪
ブログ内検索
バーコード
♪♪♪
アクセス解析
PV
Template by Crow's nest
忍者ブログ [PR]