忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
アメリカ西海岸の小さな町で 付き合い丸21年の2人
米国人彼氏Dさんと雑種犬Cocoと共にひっそりと 慎ましく暮す男の
地味でありふれた たれ流し的日常生活日記




コメント歓迎です~☆   ゲイの方 大歓ゲイ☆   リンクはご自由にどうぞ~♪

現在どちらからアクセス中?

カーソルをに合わせるとアクセスポイントが出てきます!

↓クリックするとこのブログが 何位にあるかわかります☆↓
b1ff9625.gif     
クリックお願いいたします

メールも気軽に下さい~JapanSFO@gmail.com~♪
今週はこれといって特別な予定もない週末でしたので、のんびりと過ごすことができました。

ご存知の通り、現在僕たちは今まで住んでいた家を売り払い、アパート暮らしをしています。このままアパート暮らしをするつもりはないので、一応家の方はどんなものがあるのか、Openハウスの方へ行って家さがしもしています。これはいろいろと疲れるものでして、簡単にご成約~!とならないのがつらいところです。先日見つけた2つの家は、対極的な位置になっていてDさんと2人で悩みました。
家Aは、緑に囲まれた閑静な住宅地、家も太陽の光が入り広さ家の間取りなどはとっても魅力的!ところが屋根が古い、ガスレンジ、洗濯機、乾燥機がもう寿命になっているものも多く、多分一つのバスルームは改修しないと使えないだろう~などの家の価格に加えて費用掛かる部分が多いのです。そのため、家の購入&修繕費を含めたコストが僕たちの出せる精一杯の額になります。

そうなると、家のローンも長期にわたり払っていかなくてはならず、若くもない僕たちにとって気分的に重い負担となって来てしまいそうです。できれば今から30年ローンは組みたくありませんよね~(涙)







一方家Bの方は、素敵な閑静な住宅地という訳でもありませんが、まあOK程度の立地条件。家の間取りはまあ、OKという程度で家の魅力がイマイチないのですね。でも修繕の必要箇所が今のところ何もないというのが魅力的です。また、この家の価格もかなりお手頃で、たぶん家のローンを組んでも5年以内に支払いを完了できるだろうということで、老後の心配も軽減というものでした。   サンフランシスコベイエリアの場合家の立地条件が良いと、将来的に家の価値がどんどんとあがることが予想されます。また、立地条件がイマイチだと、家の価値の上昇がそれほど見込めず老後引退してどこかに住むとなる時に家を売り出すとき、それほどのマージンがないかもしれません。しかしながら、ローンをMaxで組んで苦しい生活をするのも辛いものがありますよね・・・

それに、100%家の価値が大上昇する保証もない!






まあ、現在サンフランシスコベイエリアの家の値段はバブルの発生となっているような状況ですから、今すぐに急いで買う!ということにはならないでしょうけれど、この両極的な選択肢はきっといつになっても発生する問題なのかもしれません。 一番いいのはすべての条件をクリアした理想の家が、予算よりもずっと低い価格で売っていればいいのでしょうが、そんなことはありそうもない・・・(涙)
まあ、のんびりといい物件に巡り合うことを祈っていましょう~。
ところで知り合いの方に手作り栗饅頭をいただきました!栗饅頭なんて何十年ぶりに食べました。
アメリカの激甘菓子と違い、ほんのりとした甘さと栗の香りが美味しかったです♪

お帰り前のこちらのクリックもよろしくお願いします!~(*´Д`)ノ
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリック応援よろしくお願いいたします~
インスタグラム@japansfo
PR
サンフランシスコ北の大火事はまだ燃えているようです。
金曜日の大気の汚染度はかなりひどく、頭が痛くなってしまうほどでした。
帰り道夕日がピンクになっていて、黒く煤けた空に浮かんでいました。
それでも土曜日になると空気の汚染度が少し向上したようで匂いがしなくなりました。
このまま、いい方向に向かってくれることを祈りたいです。







朝晩寒くなったとはいえ、日中はまだまだ暖かい日が続きますからインディアンサマーなのでしょうか?
日中は25度くらいまで上がり、半袖でも全く問題ないくらいのサンフランシスコベイエリアです。
こういう天気になると、外で一杯飲みたくなるから不思議なものです~(笑)

どのお店に行こうか~と第一希望のお店に行ったのですが、そのお店にはDさんの好まない意地悪なゲイのおじさんがウェイターをしていたので残念ながら断念。街を彷徨い歩きまして、それじゃ~前回行って美味しかったチリ料理にしようか~ということで、こちらのチリ料理を提供してくれるお店の方へ行ってきました!
1403 Solano Ave, 
Albany, CA 94706
 
まずはシャングリアで乾杯~!ここのシャングリアは程よい甘さと炭酸のマッチがなかなかイケています。おつまみにエンパニャーダ(右上)というチキンミートパイをつまみました。これは一般的によく見られる揚げてあるものではなくベイク系ですので、カロリー的にも一安心。僕のメインはPASTEL DE CHOCLOというビーフミートパイの中身とコーンミールの一品(左下)。

これは、今まで食べたことのない新鮮なものでした。上にのっているコーンミールはフレッシュなコーンを細かく砕いたもののようで甘くてしっとりとして美味しかったです。Dさんは右下のビーフサンドイッチ。自家製のこのパンがとっても美味しいといっていました。僕はい杯でしたがDさんは3杯くらいアルコールを飲んで2人とも上機嫌でランチを楽しみました。








ランチの後の酔い冷ましはいつも通りCoco散歩です。散歩の途中でドラックストア―がありまして、Dさんが買い物をしたいということでしたので僕とCocoは外のベンチに座って休憩していました。Cocoを膝の上に載せて、携帯をいじっていましたら、道行く人が犬が携帯チェックしているみたい~!!かわいい~!!とコメントをくれました。
たしかにそうかも~とカメラに一枚収めましたのでこれも載せておきましょう~♪


お帰り前のこちらのクリックもよろしくお願いします!~(*´Д`)ノ
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリック応援よろしくお願いいたします~
インスタグラム@japansfo
サンフランシスコ北での大火事は鎮火することもなく、いまだの燃え広がっているようです。
結構離れている僕たちの住む町にも煙が押し寄せて、大気の汚染情報に深刻なことが伝えられています。
さて、Cocoは車に乗る前に、ひっくり返って地面に背中をガジガジとこするのが日課的になっています。

それで驚いたのが、Cocoの地面に接した背中が煤で黒く染まってしまったことでした。
直接的にはあまり見えないものですが、この火事の燃え煤がこちらの方にも降り注いでいるようです。
道理でここ数日で車が妙に汚れたな~と思ったのですが、火事の影響だったようです。
帰り道、高台から北の方を見てみるとこの火事のため空が煙でよどんでいました。
その煙のため写真ではうまく色が出ませんでしたが、血のような真っ赤な太陽になっていました。
まだ10%くらいしか火が治まっていないといいますので、大変心配な状況です。






そんな状況下ではありますが、Dさんの弟が出張でこちらの方にやってきたので、一緒にご飯を食べに行きました。Dさんの弟はミズーリ州の片田舎に住んでいます。高校卒業してから働きはじめ、ケーブル工事の会社で土木作業員として入社したそうです。土木作業員の時は溝をつくったり、ショベルカーで穴を掘ったりしていたそうです。そういうのがとっても好きな人間だったそうです。

頭がいい人なのでしょう。高卒の土木作業員として入社した彼は、仕事への態度や、適切なコメントや改善策を提言し、上司に使えるやつだ~と認められ、変に卑屈な態度もなく、高学歴者が持つような特有の空っぽなプライドもないのですぐに気に入られたそうです。そして、いつの間に昇進に昇進を重ねかあれよあれよと言ううちに、会社の副社長まで上り詰めたそうです!
   
今の年収はいくらか知りませんが、前回のボーナスが数千万円越えと言っていましたから、かなりもらっているはずです(笑)。彼に最後にあったのは4年ほど前、そして今回彼を見て驚きました。以前はミズーリの田舎のおにいちゃんという感じだったのが、イタリア製のスタイリッシュな靴を履き、カントリースタイルだったシャツがパリッと素敵なものを着こなしていました。

彼…とってもケチなんですけれど、いつの間にか副社長業が板につき、イケてるにいさんに様変わりしていました。今回もFBと数億円規模の商談に来たそうです。いろいろなところを飛び回り、たくさんの人に会うようになったからなのか、以前のアメリカの田舎の保守的な頑固にいちゃんが、とってもリベラルでスピリチュアルで健康的な精神を持つ人に代わっていてこれまた驚きました。







もともと彼はいい人ではありましたが、少し僕にはなじめないアメリカ人特有の頑ななものを感じていました。しかし今、各地を飛び回り様々な人と接するようになったせいなのか、その頑ななものの角が取れ、保守的ながらも広い心でいろいろなものを受け止められるような人間になっていました。やはり人はいろいろな場所へ行き、たくさんの人と接すると大きくなるものなのでしょうか?

彼は、僕とDさんが結婚したことを物凄く喜んでくれ、君のような人が僕の家族になってくれて本当に嬉しいよ~と、Dさんと僕が困惑するくらいの祝福の言葉をかけてくれました。僕は以前彼と接すると物凄く疲れていたのですが、今回は話もスムースでそれほど疲れることがありませんでした。いや~人って変わるものなのですね。Dさんと2人で驚いてしまいました。
これからもその素朴でいい部分を残し、たくさんのいい仕事をしてください♪ 僕も仕事の嫌な経験もそれをバネにして前向きに、1人で籠っていてばかりではなく人との付き合いも嫌がらずある程度積極的にするようにし、いい仕事をしていきたいものだな~と思いました。彼みたいな人を見ると触発されますね。独りよがりの仕事はしないようにしなくっちゃな~

彼は犬好きなのでもちろんCocoとも遊んでくれました。
美味しいご飯に楽しい時間、本当にありがとうございました!
またね~義理の弟君(笑)。

お帰り前のこちらのクリックもよろしくお願いします!~(*´Д`)ノ
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリック応援よろしくお願いいたします~
インスタグラム@japansfo
先日職場の同僚の結婚式&披露宴がありましたので参加してきました。
彼女は昔ボランティア―で僕の下で働いていまして、その後正社員のポジションができ応募しました。
面接、試験の後めでたく正社員として採用となって、今はもう7年くらいになります。
優秀な彼女はあっという間に昇進に昇進を重ね、今ではUpperマネージメントの職に就いています。
部署は変わったものの、今でも仲良くしてくれていまして、たまにHappy Hourも行く仲になっています。
アメリカ人との人間関係が苦手な僕には、珍しい存在の彼女です(笑)。







そんな彼女は一年以上も前から自分の結婚式のことを話していまして、僕は一年以上も前から招待されていました。通常、こういう集まりは物凄く苦手なので避けて通ってきた僕ではありますが、かなり前から誘われていたこともあり、入った時から面倒見てきた彼女ということもありますので、今回はDさんと夫夫として(笑)、結婚式も披露宴も参加させてもらうことにしました。
結婚式は公園内のRedwoodのそびえたつ野外ホール的な場所で執り行われました。
彼女はヴェトナム難民としてやってきた両親のもとで生まれた米国生まれの米国育ち。
生後間もなくして母親が病死、父親は英語を話せなかったのですが一生懸命彼女を育てたそうです。
     



貧しいながらも、弟を含め親子3人で頑張って力を合わせてやってきたそうです。
弟は高校卒業後、警察官になりバリバリと警察官として勤務しているそうです。
優秀だった彼女は高校卒業後は、UCLAに入学して4年で学士号を得て卒業しました。
彼女がUCLAの学生時代に、おなじUCLAの生徒だった彼と出会いお付き合いを始めたそうです。優秀なカップルさんたちですね~。学生時代からのお付き合いですから、この2人はお付き合い10年目にしてやっと結婚したということです。一昨年、彼らはフィージーに旅行して、海辺にてプロポーズされたんだよ~と嬉しそうに報告してくれた顔が目に浮かびます。







式ではいつも仲良くしてもらっているイケメンドクターK氏とその彼氏さんが隣に座っていました。
この2人も彼女と仲が良いのですが、ふと横を見てみると式に感動して2人とも大泣きしていました~。
何事も一生懸命の彼女がこうして幸せになってくれるのは、職場の同僚としても嬉しい限りですね!
200人ほどの招待客がいた披露宴ですが、顔が広く誰とでも仲良くしているように見えた彼女が職場から招待したのはたった4人だけ、そのうち3人が医師という招待客の中に僕を含んでくれたのは、全くもって光栄なことです。さて、この披露宴ですが、Open Barとなっておりました。つまり~フルバーが飲み放題となっていましたので、みなさん飲む飲む~!!





披露宴が始まる前から、皆さんバーにたむろして、ワイン、シャンパン、ビール、ウォッカ、ありとあらゆるものを飲んで盛り上がっていました~。おかげで披露宴がノリノリの音楽で始まると、ほぼ新郎新婦の友人である若い人たちで占められていた会場内は、異様な盛り上がりを見せていました。新郎新婦の親戚筋は、ほとんどが移民。この盛り上がりに戸惑っているようでした(汗)。
僕も調子に乗ってシャンパン2杯とワイン1杯飲んでかなり酔っぱらいました!Dさんも、Open Barに便乗して結構飲んでいたようで、次の日二日酔いになったくらいです(笑)。でも、久しぶりにこういう結婚式披露宴に参加しましたが、たまにはこういう明るくてぶっ飛んだ、幸せいっぱいのエネルギーに包まれるのもいいものですね~。終始皆さん酔っぱらって大騒ぎで、楽しかったです♪





でも~家に帰ると疲れがどっぷりと出てきました(笑)。
考えてみれば新郎新婦は20代終わりか30代初め、彼らの友達もそれくらいの年齢。
そんな彼らに合わせて時間を過ごせば、若くない僕たちが疲れるのは当たり前か~(笑)
とってもいい結婚式&披露宴でしたよ!
お二人さん、いつまでもお幸せにね~♡


追記)
現在サンフランシスコの北、車で1時間ほどの場所で起こっている大火事ですが、僕たちの隅場所の方には直接の被害の可能性はありませんが、煙と焼け焦げた匂いが漂っています。極度に乾燥していたので、火はまだまだ燃え広がっているようです。
お帰り前のこちらのクリックもよろしくお願いします!~(*´Д`)ノ
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリック応援よろしくお願いいたします~
インスタグラム@japansfo
この週末もいい天気でした~!こういう天気ですと、週末ランチにアルコールを飲みたくなります。僕が思うにそれほど格別おいしいわけでもないのですが(笑)、Dさんが妙に気に入ってしまっているワインカフェでランチを食べに行ってきましたので、僕はビールをオーダー。Dさんはワインで、穏やかな週末に乾杯してみました~!
1369 Solano Ave
Albany, CA 94706
前菜はチキンとダックのレバーテリーヌを頼みまして、それをつまみながらビールを飲んでいました。IPAのこのビールはアルコール度が9%もあったらしく、半分飲んでいる時点でふらふらになるくらい酔いが回ってきてしまいました。でも、とってもいい気分で酔えました~♪ ふわふわな気分で、2人でうだうだしゃべりながらおつまみを食べていると、メインが運ばれてきました。

Dさんはいつもの定番のイカのトマト赤ワイン煮(左下)。
僕は軽く食べたかったのでギリシャ風サラダ(右下)を頼んでみました。
どちらも満足のいく美味しいランチで、2人ともふらふらほろ酔いでレストランを後にしました。







ランチでほろ酔いとなればいつものCoco散歩。
この日はブルーエンジェルズという軍のアクロバット飛行が開催されている日でした。
ふと空を見上げてみると、青空に沢山の白い線が浮かんでいました。
これを見るために、ゴールデンゲートブリッジのあたりは激混みなのでしょうな~。
なんでも、ブルーエンジェルズの乗組員はエリート中のエリートなのだそうです。
そのため、戦争があってもほとんど戦地に送られることがないとか!(笑)





暫く街を歩いていると、フローズンヨーグルト店に遭遇しました。
デザートはまだ食べていなかったから、これたべようか~!と購入
暖かな日差しの下で食べるフローズンヨーグルトはいいものですね~
僕たちが食べている時に、じっと真剣な暑いまなざしを注いでいたCoco.
食べ終わった、カップをあげてみましたら大喜びで舐めていました(笑)。


お帰り前のこちらのクリックもよろしくお願いします!~(*´Д`)ノ
  NinK.gif      Mura.gif
 ↑ クリック応援よろしくお願いいたします~
インスタグラム@japansfo

↓何人ここにいるのかな?
人です。。。
名前:JapanSFO 男性 双子座

こんにちは
男性の好きな男性同士
カップルのたれ流し的生活日記


自己紹介 続き・・・

10 2017/11 12
S M T W T F S
11
12 14 16 18
24 25
26 27 28 29 30
Instagram
emojiインスタグラムを初めてみました~!
@japansfoで検索してもらえると見つけられると思います。

ブログにのせた写真を載せるだけのものですが、チェックしてみてくださいね
こちら★⇐をクリックすると直接リンクします
最新コメント
コメントありがとうございます
<(_ _*)>
御返事差し上げたコメントには
pen.JPGのアイコンがついています

[11/23 マッチョかーさん]
[11/23 ree]
[11/23 ぴろりん]
[11/23 ロクデナシ]
[11/22 ママりん]
[11/22 さちゃ]
[11/22 まりりん]
[11/22 480]
[11/22 さちゃ]
[11/22 480]
ハタラク
Cocoの日記
Cocoです。San Franciscoです。
台湾から来た白い犬の日記



コメント&メール フォーム
このブログにコメントを残さずに
メールを送りたい時お使いください
100%返信いたします♪
~~~~~~~~~~~~~~~
書き終わったら
 (確 認)ボタン  押してください
カテゴリー

ブログランキング
↓クリックするとこのブログが
何位にあるかわかります☆↓


↑ブログ村↑

6e2f221d.JPG
↑人気ブログ↑

3804c662.JPG
↑FC2↑

お帰り前にクリックしてください♪
ブログ内検索
バーコード
♪♪♪
アクセス解析
PV
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]